FOLLOW US

UPLINK Cloud Theater

FEATURES

フェデリコ・フェリーニの愛弟子

エウジェニオ・カプッチョ監督による、映画製作悲喜こもごも『フィルムがない!』

トップページ > FEATURES > エウジェニオ・カプッチョ監督による、映画製作悲喜こもごも『フィルムがない!』

巨匠フェリーニに師事したカプッチョ監督が、独特なコメディセンスで低予算映画製作にまつわる悲喜こもごもを描いた『フィルムがない!』をオンライン上映。

<あらすじ>
零細映画製作プロダクション「ボッチャ・フィルム」。ここは今、深刻な危機に陥っていた。たった一缶のフィルムしか手元になく、金策の当ても全くないのだ。責任者であるファビオは、今ここの状況を打開する傑作短編映画を撮るために、すべてを犠牲にする覚悟で立ち上がった。リアリズムの傾倒者マッシモ、アメリカ映画にご執心のエウジェニオをはじめとするファビオの仲間たちも巻き込んで、彼らはついに映画作りに取りかかるが、まず脚本作りからして難航し… 。
資金難、方向性の違い、生活に追われるメンバー。「ボッチャ・フィルム」は荒れ狂う創作の海へ泥舟で漕ぎ出してゆく。

提供:京都ドーナッツクラブ

※映像の一部に乱れがございます。予めご了承ください。

京都ドーナッツクラブとは?
大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)イタリア語学科を卒業した野村雅夫と有北雅彦が中心となり、イタリアのノーベル文学賞劇作家ダリオ・フォーの演劇を翻訳上演することをきっかけに2005年に大阪ドーナッツクラブを結成。その後、野村雅夫がローマ留学中に出会ったシルヴァーノ・アゴスティの映画上映会を東京、大阪、名古屋などで開催。2012年からは拠点を京都に移し「京都ドーナッツクラブ」に改名。2013年には事務所兼多目的イベントスペース「チルコロ京都」を京都中心部の木屋町にオープンし、2015年秋に法人化。それと並行して、2015年から2017年は新作イタリア映画を上映する「映画で旅するイタリア」を開催。イタリア文化をよりきめ細やかに日本へ届ける役割を担うべく活動を続けている。

フィルムがない!
フェリーニの愛弟子による低予算映画製作をめぐるコメディ

フィルムがない!

監督:エウジェニオ・カプッチョ
出演:エウジェニオ・カプッチョ、マッシモ・ガウディオーゾ、ファビオ・ヌンツィアータ
1996年 / 95分

関連作品


コピー