FOLLOW US

UPLINK Cloud Theater

FEATURES

アゴスティ監督がインタビュー

『愛の対話』7人のパルマ市民が語る、それぞれの性体験と愛

トップページ > FEATURES > 『愛の対話』7人のパルマ市民が語る、それぞれの性体験と愛

イタリア中部の都市パルマでテレビ用に撮影された9時間に及ぶインタビューを選り抜いて編集した「優しさと官能と愛についての研究」。
インタビューを受けるのは、初体験にトラウマを持つ女性、9歳にして性の喜びを語る少年、異常な性体験をした中年の娼婦、歌手になりたかったトランスセクシャルなど計7人。
彼らは監督アゴスティからのおかしな質問に、困惑したり、嫌がったり、はたまた面白がったり。そしてごく親密な距離感で、個人的な愛の概念や性体験を語りはじめる。
80年代初期にカトリック大国イタリアで、性的マイノリティーの言葉に寄り添っている所にも注目したい。
過激でありながら優しくもある、アゴスティらしさ全開のドキュメンタリー。

『愛の対話』の配信開始を記念して、シルヴァーノ・アゴスティ監督作『快楽の園』の再配信もスタートしました。

提供:京都ドーナッツクラブ

京都ドーナッツクラブとは?
大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)イタリア語学科を卒業した野村雅夫と有北雅彦が中心となり、イタリアのノーベル文学賞劇作家ダリオ・フォーの演劇を翻訳上演することをきっかけに2005年に大阪ドーナッツクラブを結成。その後、野村雅夫がローマ留学中に出会ったシルヴァーノ・アゴスティの映画上映会を東京、大阪、名古屋などで開催。2012年からは拠点を京都に移し「京都ドーナッツクラブ」に改名。2013年には事務所兼多目的イベントスペース「チルコロ京都」を京都中心部の木屋町にオープンし、2015年秋に法人化。それと並行して、2015年から2017年は新作イタリア映画を上映する「映画で旅するイタリア」を開催。イタリア文化をよりきめ細やかに日本へ届ける役割を担うべく活動を続けている。

愛の対話
アゴスティ監督による、個人的な愛の概念や性体験についてのインタビュー

愛の対話

監督:シルヴァーノ・アゴスティ
1983年 / 94分

快楽の園
アゴスティ監督が結婚という制度をテーマに据えたデビュー作

快楽の園

監督:シルヴァーノ・アゴスティ
出演:モーリス・ロネ、イヴリン・スチュワート(イダ・ガッリ)、レア・マッサリ
1967年 / 74分


コピー