高砂淳二写真展開催~映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』公開記念~

©Junji Takasago

映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』の公開を記念し、『クジラの見る夢 ~ジャック・マイヨールとの海の日々~』(池澤夏樹氏、垂見健吾氏、との共著)の撮影でジャック・マイヨールとひと月半カリブ海を旅し、その後も親交を深めいろいろな海を共に旅し『ジャック・マイヨール~海の人々からの遺産~』などの著書を制作している写真家の高砂淳二さんの写真展をアップリンク渋谷アップリンク吉祥寺のギャラリーで開催いたします。
海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行っている高砂淳二さん。当展示では、ジャック・マイヨールの水中でのダイビングシーンやオフショットなど貴重な作品を展示いたします。
また、アップリンク吉祥寺ではジャック・マイヨールの友人で映画にも登場する館山のダイビングスクール・シークロップ経営の成田均さんが所有するジャック・マイヨールが生前使っていた改良型マスク、手製ノーズクリップ、フィンなどを併せて展示いたします。

高砂淳二さん「ジャックさんとは、一緒にたくさん旅をさせてもらいました。その時に撮影した、深みに向かうジャックさん、クジラと遭遇したジャックさん、陸でくつろぐジャックさんなど、人間・ジャックさんのさまざまな表情を、渋谷と吉祥寺とでそれぞれ違う写真でご覧いただきます。映画と併せて、ジャックさんを偲んでいただければ幸いです」

高砂淳二(たかさご・じゅんじ)
1962年宮城県石巻市生まれ。自然写真家。海中から、生き物、虹、風景、星空まで、地球全体をフィールドに撮影活動を行っている。『PLANET of WATER』、『night rainbow』、『Dear Earth』他、著書多数。


高砂淳二写真展
~映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』公開記念~

●アップリンク吉祥寺
開催期間:2019年11月22日(金)~
場所:アップリンク吉祥寺 ギャラリースペース
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1パルコ地下2階)
入場料:無料
展示協力:成田均
https://joji.uplink.co.jp/gallery/2019/3994

●アップリンク渋谷
開催期間:2019年11月28日(金)~
場所:アップリンク渋谷 ギャラリースペース
(東京都渋谷区37 宇田川町37−18トツネビル1F)
入場料:無料
https://shibuya.uplink.co.jp/gallery/2019/55152

映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

果てしなく深い青一色の世界に、彼が求めたものとは――
ジャック・マイヨールの人生に深い影響を与えた日本との絆を解き明かす。

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』は、“素潜り”の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の海洋アドベンチャー。この主人公のモデルこそフランス人フリーダイバーのジャック・マイヨールだった。彼は、上海在住の幼少期に、何度か佐賀・唐津を訪問。そこで海女の素潜りを見たことが将来へとつながる。成長した彼は世界を放浪、フロリダでイルカに出会い運命が決定付けられる。素潜りを極めるべく、インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、ついに1976年、49歳の時に人類史上初めて水深100mに達する偉業を達成。それは“人間を超越した感覚”を経験した瞬間だった。その後『グラン・ブルー』の公開で脚光を浴びるが、晩年うつ病になり自ら生涯を閉じる。

関係者のインタビューから紐解く栄光と孤独、波瀾万丈の生涯。
ナレーションは『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バール。

劇中ではマイヨール本人の映像が随所に登場。家族や、写真家ら彼と交流のあった人たち、彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらが証言する。そこから見えてくる知られざる素顔や、人生に落とした影、日本との強い絆を通して、彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを“深く”探っていく。

監督:レフトリス・ハリートス
出演:ジャック・マイヨール、ジャン=マルク・バール、ドッティ・マイヨール、ジャン=ジャック・マイヨール、成田均、高砂淳二、ウィリアム・トゥルブリッジほか
ナレーション:ジャン=マルク・バール
(2017年/ギリシャ、フランス、日本、カナダ/78分/カラー、モノクロ)

公式HP:https://www.uplink.co.jp/dolphinman

Back to Top