映画『ガザの美容室』

映画『ガザの美容室』

アワード

映画『ガザの美容室』

2018年6月23日(土)より、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督・脚本:タルザン&アラブ・ナサール
出演:ヒアム・アッバス、マイサ・アブドゥ・エルハディ、マナル・アワド、ダイナ・シバー、ミルナ・サカラ、ヴィクトリア・バリツカ、他
(2015/パレスチナ、フランス、カタール/84分/アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)
字幕翻訳:松岡葉子 提供:アップリンク、シネ ゴドー 配給・宣伝:アップリンク

  • Tweet
第68回カンヌ国際映画祭批判家週間正式出品

パレスチナ・ガザの小さな美容室を舞台に、
戦争状態という日常をたくましく生きる女性たちを描く。

映画『ガザの美容室』

パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――。

第68回カンヌ国際映画祭批評家週間に出品され話題を呼んだ本作は、ガザで生まれ育った双子の監督タルザン&アラブ・ナサールによる初の長編で、戦争状態という日常を生きる女性たちをワンシチュエーションで描き、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった人々の恐怖を追体験する衝撃作である。

極限状態の中、女性たちは平静を装うも、マニキュアを塗る手が震え、小さな美容室の中で諍いが始まる。すると1人の女性が言う。「私たちが争ったら、外の男たちと同じじゃない」――いつでも戦争をするのは男たちで、オシャレをする、メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それこそが、彼女たちの抵抗なのだ。

映画『ガザの美容室』

「戦争中であっても、彼女たちは常に人生を選択している。
僕たちは“虐げられたパレスチナの女性”ではなく、
人々の暮らしを、死ではなくて人生を描かなきゃならないんだ」
―タルザン&アラブ・ナサール監督

STORY

パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。

店主のクリスティンは、ロシアからの移民。美容室のアシスタントのウィダトは、恋人で、マフィアの一員アハマドとの関係に悩んでいる。亭主の浮気が原因で離婚調停のエフィティカールは、弁護士との逢瀬に向けて支度中。戦争で負傷した兵士を夫に持つサフィアは、夫に処方された薬物を常用する中毒者だ。敬虔なムスリムであるゼイナブは、これまでに一度も髪を切ったことがなく、女だけの美容室の中でも決してヒジャブを取ることはない。結婚式を今夜に控えたサルマ、臨月の妊婦ファティマ、ひどい喘息を患っているワファ、離婚経験のあるソーサン…それぞれの事情をもつ、個性豊かな女性たち。

戦火の中で唯一の女だけの憩いの場で四方山話に興じていると、通りの向こうで銃声が響き、美容室は殺りくと破壊の炎の中に取り残された…。

映画『ガザの美容室』

CAST

ヒアム・アッバス
HIAM ABBASS

エフィティカール/離婚調停中の主婦

ヒアム・アッバス

1960年、イスラエル生まれのパレスチナ人女優、映画監督。多数のイスラエル、パレスチナ映画に出演しつつ、S・スピルバーグ監督『ミュンヘン』(2005)、ジム・ジャームッシュ監督『リミッツ・オブ・コントロール』(2009)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『ブレードランナー 2049』(2017)など、世界的に活躍している。

ヴィクトリア・バリツカ
Victoria Balitska

クリスティン/美容室経営者

ヴィクトリア・バリツカ

ロシア語、アラビア語、英語が堪能。女優としていくつかのTVシリーズに出演。

マイサ・アブドゥ・エルハディ
Maisa Abd Elhadi

ウィダド/美容室アシスタント

マイサ・アブドゥ・エルハディ

1985年、イスラエル・ナザレ生まれのパレスチナ人女優。2009年より女優としてのキャリアをスタート。ハニ・アブ=アサド

マナル・アワド
Manal Awad

サフィア/夫からの暴力に悩む女性

マナル・アワド

2002年より女優として活動を開始し、これまでにいくつかの映画に出演。5人のパレスチナ人の歴史をたどる、コペンハーゲンで製作されたドキュメンタリー『De besatte』(2003)に彼女自身として出演している。

ミルナ・サカラ
Mirna Sakhla

ゼイナブ/敬虔なムスリム

ミルナ・サカラ

本作にて映画デビュー。

ダイナ・シバー
Dina Shuhaiber

サルマ/結婚式準備中の花嫁

ダイナ・シバー

主にテレビドラマで活躍する女優。2013年から2016年に放送されたドラマ『FemaleShow』では主演を務めている。

レーム・タルハミ
Reem Talhami

ワファ/花嫁の母で、喘息持ち

レーム・タルハミ

女優活動のほか、パレスチナに住む障害を持つ人々のドキュメンタリー『Defying My Disability』のプロデューサーも務める。

サミラ・アル・アシーラ
Sameera Asir

ファティマ/臨月の妊婦

サミラ・アル・アシーラ

ファティ・アキン監督『消えた声が、その名を呼ぶ』(2014)に出演。

タルザン&アラブ・ナサール監督

タルザン&アラブ・ナサール

1988年、ガザ生まれ。一卵性の双子が生まれたのはガザ地区にあった最後の映画館が閉館した1年後だった。アルアクサ大学で芸術の学士号(絵画専攻)を修めて卒業。その後、2人は映画製作を開始する。2013年の初監督短編『Condom Lead』はカンヌ国際映画祭の短編部門で上映、本作『ガザの美容室』は2015年のカンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映された。

フィルモグラフィー

2015年 『ガザの美容室』(長編)
2014年 With premeditation(短編)
2014年 Appartment 10/14(短編)
2013年 Condom Lead(短編)
2009年 Colourful Journey (短編)

COMMENTS

敬称略・順不同

ヨシダナギ

フォトグラファー

「美容室」という限られた空間のなかに、詰まりに詰まった女のドラマと、そこへ複雑に絡む政治や宗教の問題。それらが映像として見ている者にすら息苦しさを感じさせるほどの閉塞感を生み、結果紛争でしか知られていないガザ地区の日常を、半強制的に想像させることに成功している。この映画はそんなパワー溢れる作品だ。

山下敦弘

映画監督

政治的な側面を描かざるを得ない監督たちのジレンマが、美容室という閉鎖的な空間にヒリヒリと充満していた。銃撃のひとつひとつが監督たちの叫びなのだとしたら、いつかその叫びから解放された先の映画を観てみたいと思った。だってそんな映画、絶対に自分には作れないから。

松田青子

作家、翻訳家

この映画は、しかめっ面をする少女の表情からはじまる。もうその瞬間、好きだと思った。どんな状況下でも人生を最大限輝かせるため、美容室を訪れる女性たちの姿は、私たちの姿でもある。彼女たちが身につける口紅の色は、強く生きる、という決意表明だ。こんなにまっすぐな色をほかに知らない。

西加奈子

作家

映画を観終わっても、彼女たちのことをずっと考えている。
彼女たちは笑っているだろうか、それとも泣いているのだろうか。

栗野宏文

ユナイテッドアローズ 上級顧問
クリエイティブディレクション担当

映画は‘つくりごと’である。戦闘下の美容室内での女達の混乱のドラマもつくりごとなのだが、様々なことが無かったことにされてしまう国に住む我々も‘何がつくりごとで何が真実’なのか混乱している。この映画はおとこたちによる争いのもとに暮すおんなたちの体験を通し‘なかったことには出来ないリアル’を描く作品である。

鳥飼茜

漫画家

銃撃のさなか、震える手で身支度に精を出す女たちの態度は無力な個人が全身で「戦争」に抗う姿そのものだ。他人の日常を、自分のそれと同じように尊ぶことでしか「戦争」は免れない。対岸にいる私たちだって、あらゆる「戦争」的なものを目の前にしている今、なにを日常として守るべきなのか、手綱を放してはいけないのだ。

小林エリカ

作家、マンガ家

戦争状態にある中で、それでもムダ毛を脱いたり髪を巻いては恋話をするような女たちの日常を敢えて描こうとする挑戦は、真に勇敢だ。

藤田貴大

演劇作家/マームとジプシー主宰

これは、まなざしの作品だった。さいしょからさいごまで、徹底して、いくつものまなざしを捉えていた。視線のさきの、現実。ほんとうは、うつくしい色たちで溢れているはずだった、日常。きこえてきた音たちに、震えるのは、潤むのは、やはりまなざしだった。鏡のなかで彩られていく世界にて、みつめていくこと。抗うこと。

松尾レミ

GLIM SPANKY

わたしたちはいつだってオシャレを楽しんでいたい。それが心の薬になる時だってある。戦争で閉じ込められたガザの美容室の中、銃声響き渡る時でも口紅を塗ったり髪を結うことが、辛い世の中への密やかな抵抗に感じました。女性の強く切ない美しさに胸を打たれる作品。

町山広美

放送作家

パレスチナの成瀬巳喜男は、双子の兄弟監督だった。女の醜さ強さ。男の弱さ。せまく設定した画面の構図の妙、会話の妙を楽しむうちに、ガザの現実をかいま知る。そして、無法状態は今や身近であることも。

ユペチカ

漫画家

映画『ガザの美容室』

TRAILER

全国共通特別鑑賞券発売中

劇場窓口&オンライン限定特典
1,500円(税込み)

海外版ビジュアルポストカード(数量限定)

映画『ガザの美容室』前売り券

販売場所
劇場窓口(アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか)

オンラインで前売り鑑賞券を購入する
映画『ガザの美容室』 映画『ガザの美容室』

監督・脚本:タルザン&アラブ・ナサール
出演:ヒアム・アッバス、マイサ・アブドゥ・エルハディ、マナル・アワド、ダイナ・シバー、ミルナ・サカラ、ヴィクトリア・バリツカ、他
(2015/パレスチナ、フランス、カタール/84分/アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)