映画『セヴァンの地球のなおし方』

原子力発電という悪魔との契約は人類に必要ないと思っています

2011年6月25日(土)より東京都写真美術館、渋谷アップリンクほか、全国順次公開

監督:ジャン=ポール・ジョー(『未来の食卓』)プロデューサー:ベアトリス・カミュラ・ジョー 出演:セヴァン・スズキ、ハイダグワイの人びと、古野隆雄、福井県池田町の人びと、バルジャック村の人びと、ポワトゥーシャラントの人びと、コルシカ島の人びと、オンディーヌ・エリオット、ニコラ・ウロ、ピエール・ラビ、他

2010年/フランス/115分 配給宣伝:アップリンク

イントロダクション

環境サミットで伝説のスピーチを行った12歳の少女、セヴァン・スズキの現在の活動と、日本とフランスで子どもたちの未来を救うために「食」を守り続ける人々を追ったドキュメンタリー

おもな登場人物

アップリンク・アースライフ・シリーズ

  • 『100,000年後の安全』

    原発から生まれる放射性廃棄物の危険性について ―フィンランドの場合― <現在公開中!>

    『100,000年後の安全』

  • 『レイチェル・カーソンの感性の森』

    世界で初めて化学物質の危険性を告発し、メディアや化学産業の批判にさらされながらも戦い続けた女性、レイチェル・カーソンの遺作を映画化! <現在公開中!>

    『レイチェル・カーソンの感性の森』

  • 『未来の食卓』

    ジャン=ポール・ジョー監督によるオーガニックブームを巻き起こしたドキュメンタリー
    お金より命が大切だと、南仏の小さな村から始まった奇跡の実話 【DVD発売中】Amazonでのご購入はこちら

    『未来の食卓』