映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

2019年11月29日(金)より、新宿ピカデリー、アップリンク渋谷、
アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

監督:レフトリス・ハリートス
出演:ジャック・マイヨール、ジャン=マルク・バール、ドッティ・マイヨール、
ジャン=ジャック・マイヨール、成田均、高砂淳二、ウィリアム・トゥルブリッジほか ナレーション:ジャン=マルク・バール

(2017年/ギリシャ、フランス、日本、カナダ/78分/カラー、モノクロ)
©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW

製作・提供:WOWOW 配給・宣伝:アップリンク
写真:Mayol family archive/Daniele Padovan/Daan Verhoeven/Junji Takasago/Mehgan Heaney-Grier/Bruno Rizzato

Jacques Mayol Dottie Mayol Jean-Jacques Mayol
Directed by Lefteris Charitos Narrated by Jean-Marc Barr

ANEMON PRODUCTIONS,STORYLINE ENTERTAINMENT AND LES FILMS DU BALIBARI IN COLLABORATION WITH IMPLEO INC,DUGONG FILMS AND QUASAR MULTIMEDIA PRESENT
PRODUCTION MANAGER KYVELI SHORT-FABIANA BALSAMO-LEONIDAS LIAMBEYS-ARMEL PARISOT-ELEKTRA PEPPA POST PRODUCTION SUPERVISOR SHASHA NAKHAI POST PRODUCTION SOUND OLIVER DANDRÉ-DANIEL PELLERIN
LOCATION SOUND OLIVER DANDRÉ-JÉREMIE HALBERT-ARIS KAFENTZIS-ANITA KUSHWAHA MUSIC MATHIEU LAMBOLEY DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY STELIOS APOSTOLOPOULOS GSC EDITOR DAVID KAZALA CCE
EXECUTIVE PRODUCER REA APOSTOLIDES-YURI AVEROF-ED BARREVELD-ESTELLE ROBIN-YOU-SEIKO KATO-MARCO ALESSI-MARTA ZACCARON ARTE G.E.I.E. COMMISSIONING EDITOR MADELEINE AVRAMOUSSIS WOWOW EXECUTIVE PRODUCER ATUSHI UCHINO PROUCER REA APOSTOLIDES-YURI AVEROF-ED BARREVELD-ESTELLE ROBIN-YOU WRITER YURI AVEROF-LEFTERIS CHARITOS
PRODUCED IN CO-PRODUCTION WITH ARTE G.E.I.E.-WOWOW-ERT-GREEK FILM CENTRE IN ASSOCIATION WITH KNOWLEDGE-TVO-CANAL D-SVT -RTS-YES DOCU-CYBC WITH THE PARTICIPATION OF CANADA MEDIA FUND-ONTARIO MEDIA DEVELOPMENT CORPORATION-CANADIAN FILM OR VIDEO PRODUCTION TAX CREDIT-OMDC FILM AND TELEVISION TAX CREDITS WITH THE SUPPORT OF CENTRE NATIONAL DU CINEMA ET DEL’ IMAGE ANIMÉE AND THE GREEK FILM CENTRE/FRENCH GREEK CO-PRODUCTION FUND-CREATIVE EUROPE/MEDIA PROGRAMME OF THE EU-REGION PAYS DE LA LOIRE – SICILIAN FILM COMMISSION / PROGRAMME ‘SENSI CONTEMPORANEI CINEMA’-ANEK DEVELOPED AT CROSSING BORDERS-THESSALONKI GOES TO CANNES/WORKS IN PROGRESS-TOKYO DOCS-HOTDOCS FORUM SHOT WITH ANGENIEUX LENSES

  • Tweet
映画ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』オンライン購入

ジャック・マイヨールの人生に
深い影響を与えた日本との絆を解き明かす。
果てしなく深い青一色の世界に、
彼が求めたものとは

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』は“素潜り”の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の海洋アドベンチャー。この主人公のモデルこそジャック・マイヨールだった。彼は、上海在住の幼少期に、何度か佐賀・唐津を訪問。そこで海女の素潜りを見たことが将来へとつながる。成長した彼は世界を放浪、フロリダでイルカに出会い運命が決定付けられる。素潜りを極めるべく、インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、ついに1976年、49歳の時に人類史上初めて水深100mに達する偉業を達成。それは“人間を超越した感覚”を経験した瞬間だった。その後『グラン・ブルー』の公開で脚光を浴びるが、晩年うつ病になり自ら生涯を閉じる。

関係者のインタビューから紐解く
栄光と孤独、波瀾万丈の生涯。
ナレーションは『グラン・ブルー』で
主人公を演じたジャン=マルク・バール。

劇中ではマイヨール本人の映像が随所に登場。家族や写真家ら彼と交流のあった人たち、彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらが証言する。そこから見えてくる知られざる素顔や、人生に落とした影、日本との強い絆を通して、彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを“深く”探っていく。

CAST

ジャック・マイヨール

ジャック・マイヨール

1927年4月1日、上海生まれ。上海のフランス租界に赴任していた建築技師の父、ローラン・マイヨールと妻マルセルのもとに生まれた。少年期に、佐賀県唐津市の海で初めてイルカと出会い、その後の生活の原点となる。13歳まで上海で過ごし、父の故郷であるマルセイユに戻る。高校を卒業するとマルセイユを飛び出し、世界中を旅してまわった。デンマーク人のヴィブケ・ボージュ・ワズショルドと結婚し、長女ドッティと長男ジャン・ジャックが誕生した。1957年、30歳になったジャック・マイヨールは、マイアミ水族館でイルカの調教師として働きはじめる。その後、水族館を退職しタークス・カイコス諸島に移住、水族館での経験を生かし、素潜りによる伊勢エビ漁を広める。その頃になると周りの勧めでフリーダイビングに挑戦するようになり、1966年に深度60メートルを記録したのを皮切りにエンゾ・マイオルカと共に記録合戦を繰り広げた。1976年11月23日、エルバ島にて人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録をつくる。この時49歳であった。1983年、母親の看病のためマルセイユに行った折にリュック・ベッソンと出会う。1988年、自伝をもとにした映画『グラン・ブルー』が公開し、世界中の人にその存在を知られるようになった。親日家であり、フリーダイビングにヨガや禅を取り入れていた。晩年はうつ病を患い、2001年12月22日、74歳で自らの命を絶つ。

「地球上の生命の源“海”。そこには、調和が広がっている。そこで自由に生きるイルカ。その“自由さ”は、人の中にも眠っている。野生動物のように、日々命がけで生きる私は、水深100メートルという無謀な潜水に挑んだ。人はもっと深く潜れるはず」

   ジャック・マイヨール

  • ジャン=マルク・バール

    ジャン=マルク・バール

    1960年ドイツ生まれ。1985年『キング・ダビデ/愛と闘いの伝説』で映画デビュー。1988年、リュック・ベッソン監督の『グラン・ブルー 』の主人公ジャック・マイヨール役にオーディションで選ばれ、映画のヒットと共に注目を集める。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ニンフォマニアック』などラース・フォン・トリアー監督作品への出演も多い。

    「『グラン・ブルー』の根底にあるのはジャックが訴える普遍的な信念。それは“人間と海の結びつきは根源的なもの”ということ」

       ジャン=マルク・バール

  • 成田均

    成田均(なりた・ひとし)

    1947年秋田県生まれ。7才で初めて海に潜る。ダイビングスクール、シークロップ経営。 高校卒業後、潜水資格を取得。水中写真家の先駆者として活躍していた大崎映晋氏に弟子入りし、ブルーオリンピック(世界水中狩猟選手権)に日本代表として出場。フリーダイビングの世界チャンピオンであったジャック・マイヨールと30年にわたって信頼と友情を育み、ジャックが提唱した“ホモ・デルフィナス(イルカ人間) ”の理念を継承する。シーグラスや貝殻のランプシェード作りを通して、そのメッセージを後世に伝えるとともに、豊穣の海を再生し、自然と人間が共生する持続可能な社会の実現を目指し活動を展開している。

    「ジャックとの友情関係ですが、ジャックが僕のことを “僕たちは言葉でコミュケーションはなかなかうまくとれないけど、イルカたちのようにテレパシーで繋がっている”というんです」

       成田均

  • 高砂淳二

    高砂淳二(たかさご・じゅんじ)

    1962年宮城県石巻市生まれ。自然写真家。海中から、生き物、虹、風景、星空まで、地球全体をフィールドに撮影活動を行っている。『PLANET of WATER』、『night rainbow』、『Dear Earth』他、著書多数。ジャック・マイヨールとは、『クジラの見る夢 ~ジャック・マイヨールとの海の日々~』(池澤夏樹氏、垂見健吾氏、との共著)の撮影でひと月半カリブ海を旅し、その後親交を深めいろいろな海を共に旅し『ジャック・マイヨール~海の人々からの遺産~』などの著書を制作。

    「“人には2つ役目があって、ひとつは愛を学ぶこと。もうひとつは、植物や生きものなどの自然が、ちゃんとバランスをとって生きられるように見る役目がある”というジャックの発言にとても共感し、伝えていかなくてはと思いました」

       高砂淳二

  • ウィリアム・トゥルブリッジ

    ウィリアム・トゥルブリッジ

    1980年イギリス生まれ。フリーダイバー。イギリスとニュージーランドの国籍を持つ。生後18カ月から両親のヨットで世界を放浪する海上生活をスタート。カリブ海や太平洋を巡り、ニュージーランドへ定住する。大学を卒業した後、本格的にフリーダイビングに目覚める。2005年に世界最深といわれるバハマのディーンズ・ブルーホールにフリーダイバーとして初めて潜る。2007年4月にCNF(コンスタント・ウェイト、フィンなし)種目で81mを達成。世界記録を樹立して以降、さまざまな種目で自身の持つ記録を塗り替える。2016年5月のフリーイマージョン124m(4分34秒)と同年7月CNF102m(4分13秒)で、再び世界新記録を樹立。

    「潜水は 自己探求の旅。 その新たな境地を切り開いたのはジャックです。フリーダイビングの大きな魅力は完全な静寂に包まれること。呼吸を止め、漂っていると時間さえも止まります」

       ウィリアム・トゥルブリッジ

DIRECTOR

レフトリス・ハリートス

監督
レフトリス・ハリートス

1969年10月18日、ギリシャ生まれ。ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで映画を学ぶ。これまでに制作したギリシャのテレビ番組の中には、高い評価を受けた歴史ドキュメンタリー『1821』や『The Journey of Food』がある。またフィリッポス・ツィトスとの共同でフィクションのクライム・シリーズ『Zone Defence』を監督した。本作は、初の長編ドキュメンタリー作品である。監督業の傍ら、アテネのSAEクリエイティブ・メディア・カレッジでデジタル映画製作コーディネーターを務めている。

「この映画は人間の実存という根源的なテーマを描いている。死というもの、肉体の限界、母なる自然への回帰、個人的な野望や名声の落とし穴、瞑想を通しての体と魂のバランス…。こういったマイヨールが人生で一番に考えていたテーマを、映画を通して綴っている」

   レフトリス・ハリートス

COMMENT

敬称略・順不同

ジャック・マイヨールは西洋人には珍しく求道的な人物だった。
だからヨガと禅の力によって心身を律し、イルカとクジラを友人にし、何度も深海から帰ってきた。
しかしその彼でも最後には帰らなかった。

池澤夏樹

詩人・作家

ジャック・マイヨールの生き方は海の中でも陸の上でも「イルカ的」だった。それは、我々人間社会の常識から見ると桁外れに「わがまま」ということになる。ジャックは、自分のからだの内側から聞こえてくる「生命の声」に素直に従って自分の行動を決めていたに過ぎなかった。自死を美化する気持ちは毛頭ない。だが彼が我々に伝えてくれた内なる自己への目覚めは色褪せることはない。

龍村仁

映画監督/『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』

ジャック・マイヨールはフリーダイビングの神様として、ヨガの世界でも知る人が多い。
そんな彼の貴重な映像から、フリーダイビング=ヨガの切り離せない関係を感じる事が出来る貴重な作品です。全てのヨギー&ヨギー二達に観ていただきたいと思います。

ケン・ハラクマ

インターナショナルヨガセンター主宰/一般社団法人アスリートヨガ事務局 代表理事

ジャック・マイヨールと映画『グラン・ブルー』の影響でフリーダイビングを始めて20年になる。
「そこには青しかない」このジャックの言葉は今も胸に響く。フリーダイバーたちが海の深みに挑む理由がそこにあると思う。

篠宮龍三

フリーダイバー

溶けるように海の一部になってゆく彼の姿は、吸い込まれるような美しさだった。人間が、自然と共存する術をすっかり見失っている今、ただ「自然の一部になる」というシンプルな答えが、沈黙の蒼にあった。ジャック・マイヨールの人生の貴重な場面の映像と、彼を愛おしく思う人々のインタビュー映像は、かなり貴重!

クリス智子

ラジオパーソナリティ

人間はどれだけ深く海に潜れるのか、その可能性を切り開いてくれた伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨールの多彩で奔放な人生が、彼が語るようにそのまま描かれている。海を愛する者達のバイブルになるであろうドキュメンタリー映画。

福田朋夏

フリーダイバー

TRAILER

  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
  • 映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

監督:レフトリス・ハリートス
出演:ジャック・マイヨール、ジャン=マルク・バール、ドッティ・マイヨール、
ジャン=ジャック・マイヨール、成田均、高砂淳二、ウィリアム・トゥルブリッジほか ナレーション:ジャン=マルク・バール

(2017年/ギリシャ、フランス、日本、カナダ/78分/カラー、モノクロ)
©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW

製作・提供:WOWOW 配給・宣伝:アップリンク
写真:Mayol family archive/Daniele Padovan/Daan Verhoeven/Junji Takasago/Mehgan Heaney-Grier/Bruno Rizzato

Jacques Mayol Dottie Mayol Jean-Jacques Mayol
Directed by Lefteris Charitos Narrated by Jean-Marc Barr

ANEMON PRODUCTIONS,STORYLINE ENTERTAINMENT AND LES FILMS DU BALIBARI IN COLLABORATION WITH IMPLEO INC,DUGONG FILMS AND QUASAR MULTIMEDIA PRESENT
PRODUCTION MANAGER KYVELI SHORT-FABIANA BALSAMO-LEONIDAS LIAMBEYS-ARMEL PARISOT-ELEKTRA PEPPA POST PRODUCTION SUPERVISOR SHASHA NAKHAI POST PRODUCTION SOUND OLIVER DANDRÉ-DANIEL PELLERIN
LOCATION SOUND OLIVER DANDRÉ-JÉREMIE HALBERT-ARIS KAFENTZIS-ANITA KUSHWAHA MUSIC MATHIEU LAMBOLEY DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY STELIOS APOSTOLOPOULOS GSC EDITOR DAVID KAZALA CCE
EXECUTIVE PRODUCER REA APOSTOLIDES-YURI AVEROF-ED BARREVELD-ESTELLE ROBIN-YOU-SEIKO KATO-MARCO ALESSI-MARTA ZACCARON ARTE G.E.I.E. COMMISSIONING EDITOR MADELEINE AVRAMOUSSIS WOWOW EXECUTIVE PRODUCER ATUSHI UCHINO PROUCER REA APOSTOLIDES-YURI AVEROF-ED BARREVELD-ESTELLE ROBIN-YOU WRITER YURI AVEROF-LEFTERIS CHARITOS
PRODUCED IN CO-PRODUCTION WITH ARTE G.E.I.E.-WOWOW-ERT-GREEK FILM CENTRE IN ASSOCIATION WITH KNOWLEDGE-TVO-CANAL D-SVT -RTS-YES DOCU-CYBC WITH THE PARTICIPATION OF CANADA MEDIA FUND-ONTARIO MEDIA DEVELOPMENT CORPORATION-CANADIAN FILM OR VIDEO PRODUCTION TAX CREDIT-OMDC FILM AND TELEVISION TAX CREDITS WITH THE SUPPORT OF CENTRE NATIONAL DU CINEMA ET DEL’ IMAGE ANIMÉE AND THE GREEK FILM CENTRE/FRENCH GREEK CO-PRODUCTION FUND-CREATIVE EUROPE/MEDIA PROGRAMME OF THE EU-REGION PAYS DE LA LOIRE – SICILIAN FILM COMMISSION / PROGRAMME ‘SENSI CONTEMPORANEI CINEMA’-ANEK DEVELOPED AT CROSSING BORDERS-THESSALONKI GOES TO CANNES/WORKS IN PROGRESS-TOKYO DOCS-HOTDOCS FORUM SHOT WITH ANGENIEUX LENSES

Pagetop