最近日本でも話題になった、企業買収の際に問われる「株式会社は誰の物か?」という議論、法令を破り連続する企業の不祥事の「原因」、そして郵便事業の「民営化の是非」といった問題の答えを導いてくれるのがこの『ザ・コーポレーション』です。


『ザ・コーポレーション』はカナダのマーク・アクバー、ジェニファー・アボットの共同監督により、ジョエル・ベイカンの「ザ・コーポレーション:わたしたちの社会は「企業」に支配されている」(早川書房)を原作として製作された長篇ドキュメンタリーです。
sub1.jpg
本作は、2004年サンダンス映画祭で上映され観客賞を受賞したのを始め、2005年カナダ・アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリーを含め全世界の映画祭で25個の賞を受賞、そのうち10個が観客賞を受賞しています。またニューヨークでロングラン上映されたのを始め、世界各国で草の根的に上映され、多くの観客の支持を集めてきました。
株式会社の誕生から、政治システムを超えてグローバル化している企業の正体を描き、現在の企業を一人の人格として精神分析を行うと完璧な“サイコパス(人格障害)”であるという診断結果のもと、すべては利益のために働く機関としての企業の、様々な症例を分析します。

マイケル・ムーア監督、ノーム・チョムスキーMIT教授を始めとする総勢40人の証言や発言を基に構成された『ザ・コーポレーション』は、グローバル化された資本主義社会を生き抜くために必見の“サバイバル・シネマ”です。


精神病質者の意。
現在サイコパスという言葉は無く、反社会性人格障害(APD)と変更されている。
サイコパスの特徴は極端に自己中心的で、慢性的な嘘つきで後悔や罪悪感が無く、冷淡で共感が無い。
加えて自分の行動に責任が取れない。

他人への思いやりがない
人間関係を維持できない
他人への配慮に無関心
利益のために嘘を続ける
罪の意識がない
社会規範や法に従えない

ボリビア、コチャバンバ紛争〜水道民営化を阻止した民衆運動〜

ホンジュラスにおける労働搾取工場の実態

インターフェイス社の環境への取組み

ロイヤル・ダッチ・シェルの公害問題

フォックス・テレビ内部告発のてん末

ギャップ社の不当労働疑惑

遺伝子組み換え食品に反対するインドの環境保護活動家


ボリビア、コチャバンバ紛争〜水道民営化を阻止した民衆運動〜

1990年末に世界銀行は、ボリビア第三の都市コチャバンバの公営水道の民営化を、債務軽減や開発援助と引き替えに迫った。1999年、水供給会社はロンドン国際水供給会社に売却された。この会社は米ベクテル社の完全子会社である。

ホンジュラスにおける労働搾取工場の実態

全米労働者委員会チャールズ・カーナガンは、あまりにもひどい労働環境に耐えかねたホンジュラスの労働者達からの連絡により、潜入取材を試みるが会社からのスパイに阻止される。しかし、何人かの女性労働者がテーブルの下で、カーナガンに手渡した給与明細はキャシー・リ−・ギフォードの工場のものだった。製品のタグには「収益の一部を子供達に」とあった。

インターフェイス社の環境への取組み

世界最大のカーペット製造販売会社、インターフェイス社のCEOレイ・アンダーソンは、自社製品が資源を搾取し、地球を痛めていたとは気づかないまま21年間やってきた。しかし1994年、環境保護主義が市民権を得てからは、対策委員会を設け、世界中の拠点から委員を呼び寄せた。

ロイヤル・ダッチ・シェルの公害問題

ナイジェリアはアフリカ最大の産油国で、南東部ニジェール川河口デルタ地帯ではロイヤル・ダッチ・シェル、エクソン・モービル、シェブロン、アジップといった国際石油メジャー社がナイジェリア石油公社と合弁事業を行っている。そして、他の産油国・地域の例に漏れず、環境汚染や劣悪な労働環境問題が発生している。経済的還元が著しく少ないために、地元には「搾取」の被害意識が強い。

フォックス・テレビ内部告発のてん末

アメリカ、モンサント社が1993年から販売を始めた、遺伝子組み換え牛成長ホルモン薬品rBGH(商品名:ポジラック)。代謝作用が高まり、搾乳量が増えるが、乳腺炎のリスクを高めるため、牛乳への膿汁混入が問題となる。また、抗生物質が食物連鎖で人体に及ぼす影響、乳ガンや大腸ガンの発生を危惧する声もある。

ギャップ社の不当労働疑惑

世界に4千以上の店鋪をもち、サンフランシスコに本社を置く人気ブランド、ギャップ社は不当労働を強いたとして人権団体から避難された。これは、映画本編に登場するエル・サルバドルをはじめ、カンボジア、インドネシア、バングラディシュ、レソト、メキシコにある40の工場で働く200名の労働者によるインタビューによってその事実が明らかにされた。彼らは健康を害する環境の中で過酷な労働条件のもと、低賃金で長時間の労働を強いられているという。労働組合は「組織的に低賃金労働を強いている」としてギャップを告訴した。また2000年には、同社のエル・サルバドル工場での不当な労働条件を非難した不買運動が学生を中心に起こった。

遺伝子組み換え食品に反対するインドの環境保護活動家

「科学技術生態学研究財団」の主宰者、ヴァンダナ・シヴァをはじめとする環境保護運動家たちは、遺伝子組み換え食品に対し強い抵抗を示している。


  • 東京:まちだ市民フォーラム (2007年1月公開予定)

お問い合せ
UPLINK FACTORY
03-6825-5502
UPLINK X
03-6825-5503
info@uplink.co.jp

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F/2F

this is title

blogname | 07.17 1:50

this is title

blogname | 07.14 7:41

痳髀諤鴉

痳髀諤鴉 | 09.25 20:17

痳髀諤鴉

痳髀諤鴉 | 09.25 20:17