『暗闇の発酵食堂』 宮川隆×クラヤミノtones

2012/10/05(金) 19:30開始~22:30終了予定(受付は19:20までに済ませてください)

kurayami
*写真は実在する目黒にある発酵食堂ですが、今回はイメージとして使用させて頂いております。
日時
2012/10/05(金) 19:30開始~22:30終了予定(受付は19:20までに済ませてください)
料金
当日4000円 予約3500円(tastingスタイルの軽食付き) 定員:40名
会場
FACTORY(1F)
リンク

(暗闇+呼吸+発声)×ライブ&ワークショップ=クラヤミノtones
人目を気にせず声を出せるイベントワークショップ「クラヤミノtones」の暗闇で食べるシリーズ第2弾!


 ゲストに若き理学博士(東京大学)宮川さんを迎えて、暗闇の中で感覚を鋭敏にしながら発酵食品を食べる味覚体験の旅です。

 3・11以降、食べ物の重要性が問われる中、 ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発で大事故が起こったときにも、 日本の伝統食が放射能を取り除く効果があるとされ、ヨーロッパへの輸出量が急増し、それを使った家庭や発酵食堂(レストラン)増えているそうです。暗闇でtastingした後、発酵食品と放射線との関係を放射線の専門家、宮川隆さんに興味深くわかりやすく解説してもらいます。尚一方的な講義形式ではなく、みなさんの質問にお答えする形で進めていきます。
 食事はアップリンク内にある世界の多彩な料理を提供する「Tabela」が、また発酵食については、食べる事は暮らす事季刊誌「うかたま」の編集長 中田めぐみさんにもご協力頂きます。

■クラヤミノtones
倍音コンダクター:徳久ウィリアム
ファシリテーター:たむらひろし渡辺タケシ

■ゲスト:宮川隆 理学博士
名古屋市立大学薬学部薬学科卒業、その後、名古屋市立大学大学院博士前期課程修了、南カリフォルニア大学薬学部国際 臨床薬学研修修了、東京大学大学院博士課程修了。理学博士(東京大学)。現在は、文部科学省系列日本学術振興会特別研究員として東大に研究出向。専門は放射線生物学、がん治療学。薬剤師、第一種放射線取扱主任者、第一種作業環境測定士、甲種危険物取扱者などの資格を所有。放射線アドバイザー、サイエンスライター、薬膳プロデューサー、理系資格アドバイザー、某企業顧問薬剤師などでもほそぼそと活動中。(今回はボランティア講師として参加して頂きます)

■入場にあたっての注意点
・食物アレルギーのある方はご遠慮ください。
・暗闇に不安のある方はご遠慮ください。
・暗闇で試食しますので汚れても良い身軽な服装でご参加ください。
・15歳未満の方や聴覚に問題のある方は参加できません。
・記録の為に写真撮影や録音を行っています。
(写真は主にHPで使用する場合があります)
・都合により内容が変更になる場合があります。

主催:㈱BF.REC、 共催:UPLINK、協力:おかど めぐみこ、ときたま
Back to Top