私と黒鳥展【関連イベント】MARK作成本「自分史Ⅰ」記念祭「鏡の中の落とし穴」

2012/11/23(金) 18:30開場 19:00開演

mark
日時
2012/11/23(金) 18:30開場 19:00開演
料金
予約2000円/当日2500円(ともに別途ドリンク代)
会場
FACTORY(1F)
出演者:小笠原鳥類、嶺川貴子、MARK

MARK「私と黒鳥」展 @UPLINK GALLERY 11月21日(水)〜12月3日(月) 12:00〜22:00


なによりも美を愛す。なによりも美を。
私が探していた黒鳥をやっと見つけた。
見つけたはいいけれど、すぐ消えた。
絶対不屈の私(MARK)の表現を、闘いを見に来てください。
毎日描いたり、つくった作品を飾ります。
買ってください!

小笠原鳥類(おがさわら・ちょうるい)


 1977年生まれ。詩人。動物の名前が多い詩を書く。詩集『素晴らしい海岸生物の観察』『テレビ』(どちらも思潮社)がある。


嶺川貴子(みねかわ・たかこ)

 アルバム『Roomic Cube ~ a tiny room exhibition』『Maxi On』など8枚のアルバムを国内と海外でリリース。近年は、坂本龍一氏との『風の谷のナウシカ』カヴァーや、昨年夏に急逝されたレイ・ハラカミ氏との『ペチカ』の歌唱を担当。音楽のほか、布、毛糸、文章などいろいろなかたちで表現をつづけています。

※当日はスーパーギタリストDustin Wongさんが嶺川貴子さんと一緒に演奏します。


MARK(マーク)


 2001年ころから、多重録音で音源制作を開始。今までに8枚の音源を発表。ライブは、主に月1回くらいで行っている。メロディがよい普遍的で美しいPOPSをつくっている。音源制作をはじめた頃から、ジャケットの絵等、必要にかられて描きはじめる。2011年、自身が、監督・主演・脚本・音楽担当を務めた映画「THE Magician」も各地で上映される。最近は、絵と文章が融合したCD付雑誌「自分史Ⅰ」を8発表。嶺川貴子さん、小笠原鳥類さん、飴屋法水さん、に参加して頂いている。
「マー日誌」「mark 私と鳩」で検索願います。
Back to Top