東京PAOS!「TAIYO33シアター祭」

2012/11/6(火) 開場17:45  開演18:00

33j
日時
2012/11/6(火) 開場17:45  開演18:00
料金
各プログラム1800円 2プログラム通し券3000円
会場
FACTORY(1F),ROOM(2F)
リンク

東京PAOS!の一日目は『TAIYO33シアター』祭り!


 今の日本に必要な鍵になるエネルギッシュなドキュメンタリーを上映!
 今まで流してきたネイティブアメリカン平和の民「ホピ族」の村でおこる、ウラン採掘の現状を追った話題の「ホピの予言」に今回は制作者の辰巳玲子さん、ホピの村にも縁深い遠藤ミチロウさんを招いての濃密トーク!
 脱原発の一歩へ、市民が自ら電力会社をつくってしまったシェーナウの人たちの市民運動を追ったドキュメンタリー「シェーナウの想い」に、高橋久美子の詩の朗読に、PIKA☆、トンチを招いての演奏。
そして、街頭でおきるおもしろアクションやハプニングの映像「バンクシーの世界お騒がせ人間図鑑」の配信をみながら、高円寺の1万人デモを引き起こしたおなじみ素人の乱の松本哉、最近出版された「踊ってはいけない国 日本」の著者 磯部涼のトーク。!!!とにかく盛りだくさん!!!☆


1階<FACTORY>

Aプログラム 18:00〜『ホピの予言』(100min)

上映後トーク:「今の日本とホピ・スピリット」辰巳玲子(Land and Life) × 遠藤ミチロウ × PIKA☆ (60min)

「フクシマ」の今は、まさに「ホピの予言」の中に生きている。
僕達の未来は僕達自身の手に委ねられているんだ、とこの映画は強く訴えかけている。 ー 遠藤ミチロウ ー

僕らが使っている電気の大元を辿ると、本当にいろいろな問題が山積しています。ホピ族に代表されるアメリカ原住民の人たちの被爆労働については、感想が言葉になりません。この映画を観て、自分たちが享受している便利の、その源泉のひとつを知ることができました。そして、考えなければならない、行動しなければならないと、決意を新たにしました。

この映画を僕に紹介してくれたPIKAに感謝します。
皆さんも是非。  ー 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION) ー


 アメリカ南西部、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、コロラドの四つの州がひとつに交差しているフォー・コーナーズ。コロラド高原といわれる荒涼たる砂漠と、グランド・キャニオンなどの巨大な渓谷に囲まれたここは、長い間、いわゆる西洋近代から隔絶した空間であり、そこに住むホピやナバホ・インディアンたちによって、聖地として守られてきた土地であった。
 ここはアメリカ大陸の背骨であり、心臓部ともいわれ、またヒマラヤなどと同様に地球の自然エネルギーの震源地であり、もしここが破壊されたら、それはナバホやホピのみならず、全地球的な規模の自然の変動が起きてしまうと、彼らによって信じられてきた。だからこそ、とりわけホピは、ここを彼らの言葉でマーサウという偉大なる精霊(グレートスピリッツ)から与えられた土地であり、また地球上のすべての生命のための聖地であるとして、遙かなる歴史の曙から、この大地の番人としてここを管理してきたのだ。これまで、アメリカ・インディアンと呼ばれるほとんどの部族が、いずれも祖先伝来の土地を追われることを余儀なくされてきたなかで、ホピだけは、少なくとも二000年以上の長きに渡って、この聖地に住み続け、あらゆる差別と迫害に耐えて、その伝統的な生きかたと、偉大なる精霊から与えられたという予言の石板を守りつづけてきたのである。 石板は、宇宙の計画(ユニバーサル・プラン)としてホピに与えられたものであり、彼らの言葉で第三の世界と呼ばれるこの世界の始まりから、浄化の日を経て、第四の世界と呼ばれる新しい世界が始まっていくまでのことが、印されたものであるという。そして、彼らは、常にホピ一族自身に起こる変化と、この地球の上に起こる出来事の変化を、その石板と照らし合わせながら見つめつづけてきたのだ。
 では、なぜ、この予言が、ホピの伝統社会から外の世界に伝えられることになったのだろうか?ホピの八つの村には、キクモングイと呼ばれる独特の精神的指導者がいる。一九四八年に、ションゴパビ村の太古から伝わる儀式を行う、「キバ」という地中の集会所に、そのキクモングイたちが集まり、緊急の会議が開かれた。なぜならば、予言のなかに、第一次と第二次のふたつの世界大戦と、ヒロシマ、ナガサキへの原爆の投下が、シンボルとして刻まれていたことが分かったからだ。原爆は、ホピの言葉で「灰のびっしりつまったクッション」と表現されていた。世界がこのまま進めば、地球を破壊しかねない危険な時代に入ってしまうことを、警告として一刻も早く世界に伝えるため、その予言を世界に公開するべきかどうかを討議するために、その会議は開かれたのだ。そして、さらに四日間の会議で予言が検討されたのち、キクモングイたちは、その解読された重大いな教えと予言を外の世界に伝えるために、特に三人のメッセンジャーを選んだ。だが現在、二人のメッセンジャーはすでに他界し、ただ一人、トーマス・バンヤッケが残された(1999年2月没 90歳)。そして、それ以後、彼はキクモングイたちの目となり、口となり耳となって、ホピの予言を世界に伝えることを自らの仕事としてきた。
 この映画は、そのトーマス・バンヤッケ自身によって語られるホピの予言を通して、全ての生命の聖地であるフォー・コーナーズ地域が現在、どのような危機に直面しているのかを、地球のすべての人々に伝えるために作られたスピリチュアルなドキュメントである。また、フォー・コーナーズ地域は現在、膨大な量の石炭、石油、そして地球最大のウラニウムのベルト地帯といわれ、とくにアメリカのウラン資源のほとんどがその大地の下にあり、世界のウラニウム・キャピタル、グランツやアメリカの原子力司令部ともいわれるロスアラモスを配した、いわばアメリカ合衆国の核開発の心臓部に変貌してしまっているのである。
核兵器であれ、原子力発電であれ、核開発の原点は、ウラン鉱石の採掘から始まり、その原点の採掘からすでに被爆者が生み出されている。そして聖地はそのための巨大な核廃棄物の処理場に変わり果ててしまい、国家的犠牲地区という名称で、ホピやナバホを被爆させながら、多国籍企業によって開発が押し進められてきた。日本の原子力発電の燃料のウランの何パーセントかも、この聖地から採られたものが使われている。 つまり私たちは、全ての生命の根源とされるホピの聖地を破壊し、平和利用という名でそれらを消費しているのだ。
 古代からの予言を保ち続けてきた伝統派のホピの人々は、このような文明が、母なる地球を被爆させ、その呼吸を困難に追い込んでいるのだ、という認識にいま立っている。そしてウランの採掘から核兵器、原発のすべてに象徴されるテクノロジーを否定し、ホピの生きかたこそがこの地球の病いを癒す唯一の道だと、荒涼たる砂漠のなかで、世界の全ての大地と生命あるものの平和と浄化のための祈りを続けている。
 ホピ―――、それは「平和で満ち足りた人々」という意味であり、グレート・スピリットの教えに従ってその道を行く人々という意味でもある。

「ホピの予言」(1986年/カラー/75分)
監督:宮田 雪
製作:木雅子、宮田 雪、飯岡順一
プロデューサー:田畑祐已
音楽:伊藤 詳
ナレーター:佐藤 慶

同時上映
『浄化の時代を迎えて―ホピの伝統に生きるマーチン・ゲスリスウマ氏に聞く―』
(2004年/25分)

Bプログラム 21:00〜『シェーナウの想い』(60min)

上映後LIVE:高橋久美子〜詩の朗読〜(ex.チャットモンチー)× トンチ × PIKA☆ (30min)

今、日本の勇気に繋がる映画だと思った。これは感動物語じゃない。
私達と同じ人の手が作った本当の話! ー 高橋久美子 ー

闘いは一度ではなく、未来へ続く道を踏み固めていく根強さ、わたしも頑張ろうって泣ける。
市民運動の可能性を具現化してくれたシェーナウと共に生きたい。 ー PIKA☆ ー

 この映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。

2階<ROOM>

18:00〜20:45『TAIYO33OSAKA特集』TAIYO33OSAKA実行委員会
※今までの活動アーカイブやHPを紹介
※入場無料

Cプログラム 21:00〜「アクションしてはイケない街、東京、渋谷、21時」

TALK:松本哉(素人の乱)× 磯部涼(音楽ライター)
+~「バンクシーの世界お騒がせ人間図鑑」配信映像を見ながら~


「バンクシーの世界お騒がせ人間図鑑」(2011年/イギリス/47分)
監督:バンクシー、ジェイミー・デスクル
出演:レミ・ガイヤール、ヴォイナ、イエスメンほか
<PIKA☆による「東京PAOS!」に向けたコメント>
 3月11日の震災をキッカケに大阪からもポジティブエネルギーを世界に発信させるべく、発足した都会祭り興しプロジェクト『TAIYO33OSAKA』プレイベント『PAOS!』が遂に!東京・渋谷にて2DAYSにわたり、本格上陸!!
 お昼には渋谷センター街を練り歩く?!何デモぱれ~ども!2013年3月3日太陽大感謝祭開催を目標に全国を巻き込み爆進。エネルギーを対立して奪い合う世界から、どんどん創って与え合う世の中へ!音楽だけでなく、アート、トーク、上映、その他、マッサージやFOOD、エネルギーを考え・感じる2日間!!TAIYO33OSAKAってな~に?大阪から一挙大報告!今回は水がエネルギーになる?R水素のお話もあるよ!!東京のみなさんも一緒に新しい祭り創りませんか?!
☆YES!!! WE THINK ABOUT NEW FUTURE!!! エネルギーはここにある!アンタが太陽!!! ありがとー!!!(PIKA☆)


【PIKA☆】
 2002年脳ミソすぽんぽん最強ロックバンド「あふりらんぽ」結成。ドラム、ヴォーカル担当。瞬く間に噂の日本人バンドとなりソニックユースのイギリス、オランダ公演前座を努める。2004年にはアフリカ・カメルーンで約2ヶ月、世界三大音楽で有名な「ピグミー/バカ族」と森の中で歌って踊る生活をおくる。2005年ソニーキューンレコードからでメジャーデビュー。奇抜なメイクに全身全霊の絶叫パフォーマンスで旋風を巻き起こす。FUJIROCKFESTIVAL 、RISING SUN ROCKFESTIVAL、タイコクラブ等、多数のフェスに出演。「関西ゼロ世代」の台風の目とも威名をのこし、関西の音楽シーンを巻き込んでいった。2006年UK「All Tomorrows Party」でオノ・ヨーコとの共演も果たす等、大阪を拠点に世界10ヶ国以上を飛び回り、海外のフェスにも多数出演。2010年「あふりらんぽ」解散。本格的にソロ活動開始。ギター弾き語り「ム-ン♀ママ」、AcidMothersTemple~cosmicinfelno~の紅一点ドラマー、共演者は多岐にのぼる。幅広い視野でハプニングかつ実験的でプリミティブな音楽を追求する。
 2011年3月11日の東日本大震災をキッカケに、大阪からもポジティブエネルギーを発信、新しい未来を考えた、都会祭興しプロジェクト「TAIYO33OSAKA」を発足。
エネルギーはここにある!アンタが太陽!をモットーに2013年3月3日開催の「太陽大感謝祭」に向けて全国爆進中!



【遠藤ミチロウ】
 音楽家。日本のロックシーンに衝撃を与えた伝説のパンクバンド、ザ・スターリンの中心人物として1982年にアルバム『STOP JAP』にてメジャーデビュー。その強烈な存在感とカリスマ性で圧倒的な支持を集め、一世を風靡する。1985年にバンドを解散してからは、ソロアーティストとしてのキャリアをスタート。アコースティックギターを抱え、毎年全国150ヶ所以上をツアーしている。並行して3つのアンプラグド・パンクバンド、M.J.Q、TOUCH-ME、NOTALIN’Sでも活動中。



【高橋久美子】
 チャットモンチーの元ドラム・作詞家。2009年より詩と絵と建築のインスタレーションチーム「ヒトノユメ」を発足。各地での展覧会が話題となっている。2013年夏、長野上田市で開催予定。
主な著書:詩画集『太陽は宇宙を飛び出した』写真詩集『家と砂漠』『セブンティー行進曲』など。12月に初のエッセイ集を出版予定。
HP:takahashikumiko.com



【トンチ】
 小さい頃からピアノを習う。1998年からスティールパンを始め、2ヶ月後に訳も分からず発祥国トリニダードへ。 「上手くなったらチームに入れたるわ」と言われ日本でがんばる。2003年再びトリニダードへ。 約1年間、インベイダーズというチームに入り活動。 エクソダスのメンバーとカリブの国々でカーニバルの演奏ツアーetcをし、、、
 帰国後、ソロ活動・作詞作曲・セッションや、 OOIOOや朝崎郁恵さんのレコーディングの手伝いやUAの演奏、クラムボン原田郁子ちゃんとセッションなど。



【松本哉】
 「素人の乱」5号店店主。1974年東京生まれ。1994年に法政大学入学後、「法政の貧乏くささを守る会」を結成し、学費値上げやキャンパス再開発への反対運動として、キャンパスの一角にコタツを出しての「鍋集会」などのパフォーマンスを展開。2005年、東京・高円寺にリサイクルショップ「素人の乱」をオープン。「おれの自転車を返せデモ」「PSE法反対デモ」「家賃をタダにしろデモ」などの運動を展開してきた。2007年には杉並区議選に出馬した。著書に『貧乏人の逆襲!タダで生きる方法』(筑摩書房)、『貧乏人大反乱』(アスペクト)、編著

東京PAOS!の二日目 11月7日(水) WWWにて開催!

〈LIVE〉PIKA☆(ex.あふりらんぽ)×七尾旅人/奇妙礼太郎/
Bing a.k.a Toshio Kajiwara + 煙巻ヨーコ(BABY-Q)/and more!
〈TALK〉「TAIYO33OSAKAってナニナニナ〜ニ?」/「No Nukes Yes RockなR水素!」
〈FOOD〉33パン(PARADISE ALLEY)
〈BODY〉宇宙マッサージ
and MORE!!!

協力:OTOTOY


※ 料金の内訳は『シェーナウの想い』無料上映+有料ライブ扱いになります。
Back to Top