ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品『サヴァイヴィング ライフ - 夢は第二の人生-』DVD&ブルーレイ発売記念上映会 トーク出演:黒坂圭太(アニメーション作家/『緑子/MIDORI-KO』監督)

5月30日(水) 18:30開場/19:00開演

yan
(C)ATHANOR
日時
5月30日(水) 18:30開場/19:00開演
料金
一般1500円/学生1300円(ともに1ドリンク付/予約できます)
昨年8月から全国で上映されてきたシュヴァンクマイエル「サヴァイヴィング ライフ」のDVD&ブルーレイ発売を記念して、上映会を開催します。
上映後のトークショーには、『緑子/MIDORI-KO』の監督であり、「ユーロ・アニメーション / 光と影のディープ・ファンタジー」(フィルムアート社)でもシュヴァンクマイエルについて寄稿している黒坂圭太氏が登場。『サヴァイヴィング ライフ』をはじめ、シュヴァンクマイエル作品の魅力について語っていただきます。見逃していた方、スクリーンでもう一度!という方、ぜひこの機会にご来場ください。

上映作品:『サヴァイヴィング ライフ - 夢は第二の人生-』(2010年/チェコ/108分)
トーク出演:黒坂圭太(アニメーション作家/『緑子/MIDORI-KO』監督)




『サヴァイヴィング ライフ - 夢は第二の人生-』作品情報
世紀を超えて、今なおシュルレアリスム魂を頑なに守るシュヴァンクマイエル5年ぶりの長編作品が、昨年ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された本作「サヴァイヴィング ライフ」。憂うつな日常を脱出して夢の中をさまよう男のラブ・サスペンスである。夢の中で出会った美しい女は何者なのか?夢に登場する若い頃の自分にそっくりな男の正体は?夢と現実の二重生活を送る主人公が、フロイト、ユングばりの夢分析で解き明かす物語は、サスペンスにあふれ、衝撃のラストへと見るものを引きずり込む。

2010 年/チェコ/カラー/35mm/108 分/ヨーロピアン・ヴィスタ/ドルビーデジタルサラウンド EX
英題:Surviving Life 字幕翻訳:阿部賢一
後援:駐日チェコ共和国大使館、CZECH CENTRE TOKYO
製作:Athanor, C-GA Film
提供:レン コーポレーション、ディーライツ、アウラ、ユーリアンドデザイン
配給:ディーライツ
http://www.survivinglife.jp/





◆黒坂圭太(くろさか けいた)/プロフィール
1956年生まれ。アニメーション作家。『みみず物語』(1989) 『個人都市』(1990) などの短編アニメーション映画を発表、国内外の映画祭で多数上映される。MTVステーションID『パパが飛んだ朝』(1997) は全世界で放映される。Dir en grey のPV『Agitated Screams of Maggots』はあまりの背徳的過激さから話題となる。10年以上の歳月をかけた初の長編アニメーション映画『緑子/MIDORI-KO』(2010) は全国各地での劇場公開と世界各国の映画祭で上映が続いている。2012年、著書『画力デッサン人体と女の子』(グラフィック社)を刊行。近年は即興アニメやドローイングなどのライブ活動も精力的に行う。武蔵野美術大学映像学科教授。
Back to Top