ジョージ・A・ロメロ・ナイト【第二夜】細菌兵器の感染により町の人々が次々と狂いだす!『ザ・クレイジーズ』

6/26(水) 18:45開場/19:00開演【上映後トークショー】

cr_stil_4
(c)1972 Pittsburg Films.
日時
6/26(水) 18:45開場/19:00開演【上映後トークショー】
料金
一律¥1,500/二日間通し券¥2,500
会場
FACTORY(1F)

ジョージ・A・ロメロ・ナイト!
第二夜は感染パニック・ホラー映画の原点『ザ・クレイジーズ』!
誰がまともで誰が狂っているのか。


★上映後トークショー開催!ゲストは、英米文学翻訳家・幻想小説研究家で『ウォーキング・デッド』やS・D・ペリー『バイオハザード』などの訳者でもおなじみ風間賢二さんに決定!


ロメロが『ゾンビ』以前に生み出した恐怖の正体!


細菌兵器の感染により町の人々が次々と狂いだし、それを鎮圧しようとする軍人たちの残虐行為が繰り広げられる。血まみれの戦いが繰り広げられる街の中で、共に脱出を図る仲間の狂人化……。狂気が連鎖し、はたして誰が“まとも”で、誰が“狂っている”のかも分からない極限状態の人間の心理をセミドキュメンタリータッチで描いた近未来SFサスペンス。絶望が伝染する町から無事に逃げ出すことが出来るのか……。ロメロが『ゾンビ』以前に生み出した恐怖の正体を見逃すな!



Story

誰がまともで、誰が狂っているのか。
妻を殺害し、二人の子どももろとも我が家に火を放つ男。それが事件の始まりだった。消防士のデヴィッドは同僚のクランクと共に火災現場に急行し、デヴィッドの恋人ジュディもまた勤務先の病院に向かう。そこには白装束の一団と軍人たちがいた。伝染病が発生したと知らされたジュディは、それが化学防護服に身を包んだ兵士たちであることを知る。身重のジュディを気遣った医師は一握りの注射を持たせジュディを逃がすが、その間にも病気に罹り理性を失ったと思われる人間たちの小競り合いが起きていた。デヴィッド、クランクと合流したジュディはボルマン父娘と共に、封鎖されようとしている街からの脱出を図るが、すでに軍隊は街中に進行し住民たちの鎮圧・隔離を行っている。はたしてこれは単なる伝染病なのか? 逃走を続けるデヴィッドたちの前では、明らかに“何か”によって狂っていく人々の血まみれの戦いが繰り広げられていた……。

『ザ・クレイジーズ』
1973年/ビスタ/103分/アメリカ
監督:ジョージ・A・ロメロ
製作:アルヴィン・C・クロフト
製作総指揮:リー・ハッセル
脚本:ジョージ・A・ロメロ/ポール・マッカロー
撮影:S・ウィリアム・ハインツマン
音楽:ブルーズ・ロバーツ
出演:W・G・マクミラン/レイン・キャロル/ハロルド・ウェイン・ジョーンズ/リン・ローリー
提供:スティングレイ


風間賢二(かざま・けんじ)
1953年、東京生まれ。英米文学翻訳家・幻想小説研究家。著書は『ホラー小説大全』(第51回日本推理作家協会賞評論その他の部門受賞)、『ジャンク・フィクション・ワールド』など。訳書には、スティーヴン・キング『ダーク・タワー』シリーズ(新潮社)、『憎鬼』(武田ランダムハウスジャパン)、ディーン・クーンツ『チックタック』(扶桑社)、S・D・ペリー『バイオハザード』(中央公論新社)とロバート・カークマン『ウォーキング・デッド』(飛鳥新社)ほか多数がある。


◆ジョージ・A・ロメロ・ナイト開催記念!DVD『ザ・クレイジーズ』『ナイトライダーズ』がアップリンクマーケットに入荷しました!
http://www.facebook.com/uplink.market
諸般の事情からソフト化が見送られて来た数々の伝説的作品を再リリースする映画ファンのにくいところをくすぐるStingrayが運営する専門レーベル「allcinema SELECTION」からリリースされた名作を手にするチャンス!


『ザ・クレイジーズ特別版』
デジタルリマスター版/本編103分+映像特典約135分/5040円(税込)
豪華DVD2枚組!激レアのTV放映版日本語吹替収録(フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」放映)も収録されたマニア垂涎の1本!

『ナイトライダーズ』
最新HDマスター/145分/5040円(税込)
中世の騎士よろしく鎧を身に付け、馬の代わりに跨ったバイクで立ち回りを演じる一座。金と名声より名誉と礼節を重んじるリーダーを中心に彼らの旅は続くが、彼らを商売にしようとするプロモーターの出現によって仲間の団結は少しずつ崩れ始める……。
日本劇場未公開、日本初ソフト化の知られざる傑作!

Back to Top