飯村隆彦のNYガイセン・レトロスペクティブ#4〈光×時間〉

7/7(日) 開場14:30/ 開演15:00

Circle&MicroNY11Still
「Circle And Square /サークル・アンド・スクエア」at Microscope Gallery, NY, 2011
日時
7/7(日) 開場14:30/ 開演15:00
料金
一般¥1,800 / 学生¥1,500
会場
ROOM(2F)

これらの映画はかつてケージが時間は音楽の最も重要な問題と喝破したように、その映画版に限りなく近づいて、時間は映画の最も重要な問題という問題提起をしています。あなたの答えを最後のQ&Aで聞かせて下さい。—飯村隆彦


第1回から、読売、朝日、東京新聞、共同通信等に取り上げられ、大きな反響を呼んだ、飯村隆彦のレトロスペクティブも最終回。
その#4は、<光X時間>というテーマで、明滅するミクロの時間から億光年のマクロの時間にいたる,瞬間に永遠を見る映像世界を現出します。また、このシリーズの呼び物となったパフォーマンスは映像アートの再生を期して、「映像のライブ」からの再出発を叶えます。

★飯村隆彦NYガイセン・レトロスペクティブ#3 〈風景×言葉〉6/16(日)開催!詳細はこちら

飯村隆彦Blog&HP
Blog http://takaiimura.sblo.jp/
HP(English/Japanese):http://www.takaiimura.com/

ゲストトーク
※ゲスト決定!!

河合政之(ビデオ・アーティスト)×飯村隆彦

第1部

フィルム・パフォーマンス
「Circle And Square /サークル アンド スクエア」(1966/2013)(約15分) 16ミリフィルム
パフォーマンス:飯村隆彦


会場内に長大なループフィルムを、スクリーンから客席の最後尾まで巻き巡らして、パフォーマーは回転するフィルムにパンチャーで穴を空け続けるパフォーマンス。観客は眼前を通過するフィルムの穴から、スクリーン上の明滅する巨大な穴を見ます。
N.Y.のマイクロスコープ画廊でのパフォーマンスでは最後はフィルムが切れて終わり、観客席から歓声と喝采が上がりました。


第2部

 作品上映(DVD)
「Shutter/シャッター」(1971) 30分
音楽:佐藤敬次郎


映写機の光のみをスクリーンの裏側からスピードを変えて、何度もフェード・イン・アウトをくり返して撮影。「光の玉」となった映写機の光は目玉の開閉のようにまばたきをくり返して、その間に不思議な幻覚のイメージが現れる。

「2Minutes 46Seconds 16Frames(100Feet)/2分46秒16コマ(100フィート)」(1973-2010) 9分
デュシャンの「スリー・ストッパージュ(1913)とジョン・ケージの「4’33”」(1952)にオマージュを捧げ、そのフィルム・バージョンともいえる本作。


「24Frames Per Second/1秒間24コマ」(1975-2007) 11分
1秒24コマの24分の1から24分の24まで、白黒の画面がポジからネガに、ネガからポジに反転して、陰/陽が映像で逆転する陰陽道を実現する。

「One Frame Duration/1コマの長さ」(1977-2007) 11分
24分の1コマにフィルムの全ての要素が見え、聞こえて、それをまばたきの間に見る

 
Back to Top