緊急開催!『吾妻橋ダンスクロッシング』後夜祭

2013/9/28(土)16:45開場 17:00開演

20130705_azumabashidx_v
日時
2013/9/28(土)16:45開場 17:00開演
料金
一般¥1,500/学生・シニア・UPLINK会員¥1,200 ※定員50名
会場
FACTORY(1F)
リンク

緊急開催!『吾妻橋ダンスクロッシング』とは何だったのか!?


2004年にスタートして今年で10周年を迎えた異種格闘ダンスの饗宴、まさにジャンルレスなお祭り「吾妻橋ダンスクロッシング」!ファーストシーズン最後となった「吾妻橋ダンスクロッシングファイナル!」が8月17日(土)に開催され、大盛況、大反響のまま幕を閉じた。キュレーターの桜井圭介はそのとき、何を思ったのか!? これから未来、次の10年のために、より先鋭的で刺激的な場を提案するためなぜ、一度、終わらせなくてはならなかったのか。これまで、「吾妻橋ダンスクロッシング」で桜井が求め続けていた表現とは!? 貴重な公演の記録の上映とともに、10年間の軌跡を振り返る。トークではキュレーターの桜井と後期吾妻橋DXで常連だった大谷能生を迎え「新しい表現とは何か」ガチトーク!? 表現とは何か、語ることが次の世代につなげる唯一の手段。未来を想像し、過去を記憶する、新しい一歩を踏む出すために必要な儀式。それが今回の後夜祭の目的だったのだ!

あるジャンルからのズレが新しい別の可能性を呼び寄せるような表現。そして、それによってジャンルそのものの可能性も更新される(そのような事態は「ジャンルへの無根拠な信頼」に安住・依存した表現からは決して起こらないでしょう)桜井圭介

「吾妻橋ダンスクロッシング」の記録の上映&トークイベント。聞き手は吉田アミ。他出演者は決まり次第、このページにてお知らせいたします。大谷能生の出演が決定しました!(9/6更新)



桜井圭介(音楽家・ダンス批評)
1960年生まれ。批評活動、そして吾妻橋ダンスクロッシング、清澄白河SNACのキュレーションを始め、さまざまな方法でダンスにかかわり続ける。音楽家としても、遊園地再生事業団、ミクニヤナイハラ、ほうほう堂、地点、砂連尾理+寺田みさこ等、舞台作品での協働も多い。著書に『西麻布ダンス教室』『ダンシング・オールナイト』。


大谷能生(音楽家・批評家)
批評家、音楽家として、インディペンデントな音楽シーンに深く関わる。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』など、著書多数。近年は、『スコラ 坂本龍一音楽の学校』(NHK Eテレ)への出演や、相対性理論への楽曲提供、ラッパーとしての活躍など、メジャーな領域からアンダーグラウンドな現場までを横断する。音楽、美術など、幅広い守備範囲と切れ味ある語り口には定評がある。また、ダンスや演劇といった舞台芸術へも積極的に参加しており、大橋可也、チェルフィッチュ、神村恵カンパニーなどの舞台では音楽を担当しているほか、吉田アミとの『朗読デュオ』では、実験的な舞台空間を作り上げている。
http://www.ootany.com/

これまでの軌跡:


2004年7月24日@アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング2004 ザッツ・コンポラダンス・ショー!

企画・構成:桜井圭介、紫牟田伸子
舞台監督:杉浦裕樹 照明:森規幸 宣伝美術:岡本健+ 製作:中村茜
提携:アサヒ・アート・フェスティバル
主催:桜井圭介
振付・出演者・カンパニー:APE、KATHY、風間るり子、身体表現サークル、たかぎまゆ、ボクデス、康本雅子、ニブロール(矢内原美邦、佐川智香)
VJ:高橋啓祐(ニブロール)
DJ:加藤由紀(ニブロール)


2005年9月23日、24日@アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング2005 “ザッツ・コンポラダンス・ショー!”

企画・構成:桜井圭介 企画協力:紫牟田伸子
舞台監督:中原和彦 照明:森規幸(balance.DESIGN,inc.) 音響:木下真紀
イラスト:五月女ケイ子 デザイン:則武弥 製作:中村茜
提携:アサヒ・アート・フェスティバル
主催:桜井圭介


2005年12月22日、23日@アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング「Holy Night Special」

企画・構成:桜井圭介 企画協力:紫牟田伸子
舞台監督:寅川英司 照明:森規幸(balance.DESIGN,inc.) 音響:木下真紀
イラスト:五月女ケイ子 デザイン:則武弥 製作:中村茜
提携:アサヒ・アート・フェスティバル
主催:桜井圭介


2006年10月13日、14日@アサヒ・アートスクエア

 吾妻橋ダンスクロッシング「2006 つまらないダンスより面白い○△◇ ツマラナイ□▽○より面白いダンス」

企画・構成:桜井圭介 企画協力:紫牟田伸子 デザイン:東泉一郎
舞台監督:原口佳子[office モリブデン] 照明:森規幸[balance, Inc.DESIGN]
音響:木下真紀 制作:奥野将徳、中西茜 制作協力:プリコグ
製作:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会 助成:アサヒビール芸術文化財団、
財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金
DJ / VJ:
DJ RYU KONNO(Super Deluxe/Come on people) VJ 稲葉まり
出演:岩渕貞太「mint(+)」、鉄割アルバトロスケット、休もうと雅子、小浜正寛(ボクデス)、yummy dance、シベリア少女鉄道、地点


2009年9月9日、10日、11日@アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング「The Very Best of AZMABASHI」

キュレーション:桜井圭介 照明:森規幸[balance,inc.DESIGN] 照明操作:小沢葉月
音響:牛川紀政 音響アシスタント:林あきの 舞台監督:腕口佳子[Officeモリブテン]
演出部:北村泰助 フライヤーイラスト:泉太郎 写真撮影:聡明堂
映像撮影:西村秋也、富田了平 制作:ブリコグ(中村茜、奥野将徳、山崎奈玲子、
黄木多美子、中島友紀子) 主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アサヒビール芸術文化財団、東京都、財団法人セゾン文化財団
協賛:アサヒビール株式会社 協力:舞台美術研究工房六尺堂
出演:ハイテク・ボクデス、con tact Gonzo、チェルフィッチュ、ほうほう堂、快快、Chim↑Pom、鉄割アルパトロスケット、Line京急、いとうせいこう feat.康本雅子


2010年7月16日、17日、18日@日の出桟橋-隅田川-浅草吾妻橋 リバータウン号

吾妻橋ダンスクロッシング2010「水上アートバス/橋上パフォーマンス」

キュレーション:桜井圭介 照明:森規幸[balance,inc.DESIGN] 照明操作:小沢葉月
音響:牛川紀政 音響アシスタント:林あきの 舞台監督:腕口佳子[Officeモリブテン]
演出部:北村泰助 フライヤーイラスト:泉太郎 写真撮影:聡明堂
映像撮影:西村秋也、富田了平 制作:ブリコグ(中村茜、奥野将徳、山崎奈玲子、
黄木多美子、中島友紀子) 主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アサヒビール芸術文化財団、東京都、財団法人セゾン文化財団
協賛:アサヒビール株式会社 協力:舞台美術研究工房六尺堂
出演:KENTARO!![東京ELECTROCK STAIRS]、新鋪美佳、山賀ざくろ


2010年7月16日、17日、18日@浅草 アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング2010

キュレーター:桜井圭介  舞台監督:鈴木康郎、田中翼
照明:森規幸(balance,inc.DESIGN) 照明操作:小沢葉月
音響:原崎紘平(SONICWAVE) 宣伝美術:Loggla(おかざき乾じろ+中山雄一郎)
制作:ブリコグ(中村茜、奥野将徳、山崎奈玲子、黄木多美子、門田美和)
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アサヒビール芸術文化財団、財団法人セゾン文化財団
協賛:アサヒビール株式会社 提携:すみだ川アートプロジェクト実行委員会
出演:宇治野宗輝、車AB(三浦康嗣×篠田千明[快快])、東京ELECTROCK STAIRS、チェルフィッチュ、Line京急、off-Nibroll、飴屋法水、遠藤一郎、場内インスタレーション 泉太郎、スプツニ子


2011年8月19日、20日、21日@浅草 アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング2011

キューレーション:桜井圭介
舞台監督:原口佳子[officeモリブデン] 演出部:藤田有紀彦
照明:森規幸[balance,inc.DESIGN] 照明操作:小沢菜月 音響:牛川紀政
音響アシスタント:林あきの 宣伝美術:加藤賢策[東京ピストル]
写真撮影:聡明堂 映像撮影:須藤崇規 制作:プリコグ[中村茜ほか]
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団 公益財団法人セゾン文化財団
提携:すみだ川アートプロジェクト実行委員会
会場内インスタレーション:毛利悠子
出演:康本雅子、Line京急、ボクデス&家族、三浦康嗣(□□□)、悪魔のしるし、Core of bells、大谷能生×吉田アミ朗読Duo、地点、遠藤一郎


2013年3月29日、30日、31日@浅草 アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング2013 春

キューレーション:桜井圭介
舞台監督:原口佳子[モリブデン] 演出部:小野哲史
照明:森規幸[balance,inc.DESIGN] 照明操作:三浦詩織 音響:牛川紀政
音響アシスタント:林あきの イラストレーション:二艘木洋行
宣伝美術:天野史朗[FAIFAI] 写真撮影:前澤秀登 映像撮影:須藤崇規
制作:プリコグ[中村茜ほか]
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団、ARTS COUNCIL TOKYO
出演:21世紀ゲバゲバ舞踊団、危ロ統之(悪魔のしるし)、東葛スポーツ、青柳いづみ×飴屋法水xSam Fuller、core of bells、室伏鴻×大谷能生、遠藤一郎、マームとジプシー、【フードアート】ボクデスの青いカレーパン部


2013年8月17日@浅草 アサヒ・アートスクエア

吾妻橋ダンスクロッシング ファイナル! DISC 1、2

キューレーション:桜井圭介
舞台監督:佐藤恵 演出部:伊藤智史、篠原絵美、伊瀬谷早紀
照明:森規幸[balance,inc.DESIGN] 照明操作:三浦詩織 音響:牛川紀政
音響アシスタント:林あきの、青谷保之、滝口健
映像:須藤崇規 写真撮影:前澤秀登 映像撮影:橋本麦、千葉岳
宣伝美術:小林剛(某) 制作:プリコグ[中村茜ほか]
インスタレーション:Chim↑Pom ケータリング:アマラブ(ジャークチキン)
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団、アサヒビール株式会社
出演:安野太郎、ライン京急(山縣太一×大谷能生)、ダンシーズ(皆木正純+山田歩+唐鎌将仁)、ロロ、KATHY×水野健一郎、捩子ぴじん、快快、Abe”M”ARIA、鉄割アルバトロスケット、毛利悠子と山崎阿弥、飴屋法水×黒田育世、身体表現サークル、ボクデス、メガネ、ヒグマリオン効果、hyslom(ヒスロム)、KENTARO!!、悪魔のしるし


関連企画:


2009年3月19日(木)、20日(金・祝)@SuperDeluxe(六本木)

吾妻橋ダンスクロッシングpresents

ボクデス・ソロパフォーマンス・ベスト・ライブ
『スプリングマン、ピョイ!』
構成・演出・出演:小浜正寛(ボクデス)


2008年10月25日、26日@金沢21世紀美術館 シアター21

金沢ダンスクロッシング

出演:泉太郎、contact Gonzo、ボクデス(小浜正寛)、五月女ケイ子、康本雅子、山賀ざくろ


2008年8月2日@SuperDeluxe(六本木)

せいこうナイト with ADX

出演:パフォーマンス ボクデス×五月女ケイ子/コンタクト・ゴンゾー/康本雅子
DJ 高木完/いとうせいこう/森雅樹(EGO-WRAPPIN’)/MOBY(Scoobie Do)/桜井圭介
コント 鬼ケ島
ライブ JUST A ROBBER(會田茂一、いとうせいこう、金澤義)
ビデオ・パフォーマンス 泉太郎


2008年3月22日@えずこホール(宮城県)

えずこダンスクロッシング

出演:康本雅子、ボクデス(小浜正寛)、Off Nibroll、KATHY


2008年3月22日 @ラフォーレミュージアム原宿

HARAJUKU PERFORMANCE +(PLUS)

出演:泉太郎×山賀ざくろ、Off Nibroll、contact Gonzo、五月女ケイ子、KEL feat.伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)、ストロングマシン2号、男子はだまってなさいよ!、ボクデス(小浜正寛)、康本雅子、ドラびでお(22日のみ)、宇治野宗輝×ASA-CHANG(23日のみ)
展示:Chim↑Pom
キュレーター:桜井圭介
協力:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
Back to Top