『モンサントの不自然な食べもの』DVD発売記念イベント

2013/11/16(土)12:30開場 13:00上映 ・11/17(日)12:30開場 13:00上映

monsanto
日時
2013/11/16(土)12:30開場 13:00上映 ・11/17(日)12:30開場 13:00上映
料金
一律¥1,000
会場
FACTORY(1F)
リンク

食べれる。知れる。おいしい!
遺伝子組み換え食品を使っていない”食べもの”と出会える

non-GMマルシェと、『モンサントの不自然な食べもの』上映付きトークショー開催!

食品表示にある”遺伝子組み換えでない”、本当にその食品を選んでいれば、遺伝子組み換え食品は避けられるのでしょうか?実は、種や野菜よりも、複雑な食品表示によってが分かりづらい加工食品たち。この期間、アップリンクでは、お肉や油、醤油をはじめ、ハムやウィンナー、乳製品などの加工食品で遺伝子組み換え食品を使用しないで、奮闘してくれている業者さんを紹介します。そして、いよいよDVD発売となる『モンサントの不自然な食べもの』の上映付きトークショーには、専門家の手島奈緒さん、白井和宏さんをお招きして、”遺伝子組み換え食品の今”について、理解を深めましょう。

★DVD『モンサントの不自然な食べもの』2013年11月15日発売!!
Amazon予約受付中!




16日トークゲスト

手島奈緒さん

(「いでんしくみかえさくもつのないせいかつ」著者)

17日トークゲスト

白井和宏さん

(『遺伝子組み換え食品の真実』 『それでも遺伝子組み換え食品を食べますか?』著者、生活クラブ・スピリッツ代表)
【NON-GM マルシェとは???】
遺伝子組み換え食品を使用していない、業者さんが出展してくれます。
食品:肉、油、醤油、ハム、ウィンナー、乳製品などなど
(内容は変動する可能性があります。ご了承ください)



未来(これから)を生きるために知っておきたい多国籍企業のこと
農業大国フランスで150万人が観た、「食」ひいては「いのち」をめぐる
グローバル企業の実態を描いたドキュメンタリー

私たちに身近な食品、豆腐や納豆、ポテトチップなどのラベルにかならずある「遺伝子組み換えでない」という表記。当たり前のように食卓にのぼる遺伝子組み換え作物、「不自然な食べもの」。果たしてそれはどこから来るのだろうか?
アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿をカメラは追う。
遺伝仕組み換え作物から、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモン。1世紀にわたるモンサント社のヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書によって検証していく。
自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。
「世界の食料支配、それはどんな爆弾より脅威である・・・」と作中で語られる、世界の食物市場を独占しようとするモンサントの本当の狙いとは?




『モンサントの不自然な食べもの』(2008年/フランス、カナダ、ドイツ/108分)
監督:マリー=モニク・ロバン 
カナダ国立映画制作庁・アルテフランス共同製作
協力:作品社、大地を守る会、食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク、生活クラブ生協
Back to Top