【つながりシネマぱぶ第七回】『Nono~見つけた!僕のコトバ』トレンティーノ監督を招請しての試写会&交流会

2013/11/15 (金) 18:20開場/18:30開演【17:20受付開始】

nono_main
『Nono~見つけた!僕のコトバ』
日時
2013/11/15 (金) 18:20開場/18:30開演【17:20受付開始】
料金
¥3,000(軽食・ドリンク付き)

障害のある人たちをテーマとする上映イベント「つながり映画祭」連動企画、第七弾。試写会の後に、夕食懇親会!軽食もご用意しております。



ハンディを越えて、夢に向かって挑む少年の姿が大人たちの心を揺さぶり動かしていく……。
フィリピンの大地に生きるパワフルな人間像を描くコミカル・ヒューマン・ドラマ。
世界の映画祭で高い評価を集める気鋭の監督作品、遂に日本公開が実現!


『Nono~見つけた!僕のコトバ』12月7日~20日渋谷アップリンクにて公開!

雑然とする下町の片隅で暮らす8歳の少年トトは、上唇が裂ける先天性の障害で、うまく発音することができない。(自分の名前も“トト”とうまく発音できず、“ノノ”となってしまう)シングルマザーの母親グレンダは、知り合ったばかりの男を家に連れてきてしまう寂しがり屋だが、息子への愛情は人一倍。ニューハーフも居るユニークな友人達にも相談しながら、息子の幸せな将来を願って努力している。
トトは、学校で、書いた詩を朗読している同級生の姿に感動し、自分もやってみたいと思うようになる。厳しい先生の励ましも受け、友達や周囲の大人たちに支えられながら、懸命に詩を作り、覚えて、学校のスピーチ大会に参加しようと決心するのだが…。

30代後半の若い映像作家が、元気な子どもたちを見事に扱いながら、フィリピンの現在を描き出している。実際に、唇に障害を持つ主人公は、下町に住む子ども達からオーディションで選ばれたアクシルという名前の少年――撮影前に1度手術を受けて、赤ん坊時代よりは障害が小さくなっているのだが、まだ発音が不明瞭な状態である。その障害のために、悪ガキからいじめられたり、からかわれたりしても、これに負けず、やり返す元気な少年の役を、達者に演じて観客を共感させていく…。母親役もプロの俳優ではないが、テンポの早いおしゃべりで進める親子の会話が素晴らしい。

◆監督メッセージ◆
この作品で、周囲と違うということで、輝いて自信を持つことができる少年の話を描こうと考えました。上唇が裂けるという先天性の障害や言語障害というハードルを軸にした“予想通り”の展開ではなく、明るく楽しいながらも、抱える障害を精神的な強さやインスピレーションの根源に見据えるような物語を生み出したいと考えました。寛大で力強い精神を持つ少年の生活を、様々な形で支えてくれる家族とコミュニティを描こうと思いました。真心にあふれた、燦燦と輝く太陽の光による色彩豊かなタペストリーのような作品を楽しんでください。

◆上映成功のサポーターとなってください!◆
★上映協力金(1万円)拠出に参加してください!
【鑑賞券10枚(1000円×10枚)のご提供/11月15日(金)夜の試写イベント&監督交流会にご招待】
★11月15日当日のサポーター申込みもOK!その場で協力金をお支払頂ければメンバーになれます!!
(その場合は、合計1万円の会費で試写&交流会に参加できます/鑑賞券10枚も受取れます)


『Nono~見つけた!僕のコトバ』(2011年/フィリピン/115分)
監督・製作・脚本・撮影:ロメル・トレンティーノ
音楽:ディワ・デ・レオン
録音:クライディ・タマヨ
出演:アクシル・アエイオウ・サムソン、ルセル・アブラド、アレン・ディマウナハン
Back to Top