『月刊 平野勝之』(第四回)『HOW TOドキュメント わくわく痴漢講座 痴漢の達人、指責めの極意』

1/18(土) 19:00開場/19:30上映開始

ひらのちかんメイン
日時
1/18(土) 19:00開場/19:30上映開始
料金
一律¥1,500
会場
ROOM(2F)

映画監督・平野勝之がAV作品を中心にセレクトし、なかなかお目にかかれない作品を上映するまさかの月例企画第四弾!


今年出版された映画監督・平野勝之のフィルモグラフィー&解説集『「監督失格」まで 映画監督・平野勝之の軌跡』(ポット出版刊)。本の中で取り上げられた作品を中心に、平野監督自らナビゲーターとなり「ぜひ劇場で観てほしい!」と選りすぐったAVから8mm、他レア映像など何が飛び出すか分からない月例上映会。

■上映作品

HOW TO ドキュメント「わくわく痴漢講座 」シリーズ
痴漢の達人(53分)
指責めの極意(52分)


【解説】ベストセラー「痴漢日記」を下敷きに、著者山本さむ(痴漢歴30年)と、本物の痴漢軍団たちのエピソードを映像化したドキュメンタリー作品。次々と登場する笑える痴漢たちの生態を細かく描いたキャラクター映画。おじさん大好きギャル必見!!

『HOW TOドキュメント わくわく痴漢講座 痴漢の達人』(1995年/53分/V&R PLANNING)

「このシリーズは、ずいぶんたくさん作りました。映像的にはペキンパーの手法を導入しています。これを作るにあたって「ワイルドバンチ」を分解してカット割りを研究したんですよ。なぜそう思ったか?というと、痴漢軍団の顔が良すぎるから(笑)彼らを描くにはペキンパだろ!と。いい顔軍団。話がどうのってより、この顔そのものが映画ですね。彼らの存在感にはそこらの俳優なんて、とても太刀打ちできないと思うよ。」(平野)


『HOW TOドキュメント わくわく痴漢講座 指責めの極意』(1995年/52分/V&R PLANNING)

「山本さむ、バイブのゴンちゃん、スーちゃん、押上、スマタのエイちゃんなど、前回の強烈なキャラクターに続き、今回は、のぞき歴35年のふくろうの父っつあんが登場。みんな濃いです。赤外線カメラによる暗闇のモノクロ映像で、痴漢+のぞきの世界の実態に迫ります。わくわくしますね。タッチは変わらずペキンパー。痴漢ハードボイルドです。オヤジ好きの女の子はシビレちゃうんじゃないかしらん?(笑)」(平野)

■ゲスト

小坂井徹(本シリーズのメインスタッフ、最下層AV監督、パンチラ好き)

「月刊 平野勝之」について。
これからしばらく毎月1本か2本、定期的に自分の過去作品を上映する事になりました。何せ「監督失格まで」なる本を出版したものの、8㎜含め200本以上の作品が、もろもろの事情で見る事ができない、という状況です。セレクトしてみたら、劇場にかけても見劣りしない作品が50本ぐらい存在する。見れば確実に面白いと思えるものを、少しでも見る機会を与えるべく、整理してお届けしたく思います。やはりAVが多くなりますが、自分の作り方はAVのそれとはまったく違う方法で成立しています。ドキュメンタリーが多いけど、定番のドキュメンタリーの方法ともまるで違います。テレビでもメジャー映画でもないし、実験映画ではもちろんなく、よく自分の映画に言われる「私小説映画」の類いが目的でもありません。

自分的には「ただの映画」だと思ってます。

映画って、笑えて泣けて、ハラハラして面白くて、時には怖かったりグロだったり、憧れたり、美しかったり、考えさせられたり・・…。
自分にとっての「映画」とはそういうものです。

ただひたすら、そういうものを目指した「映画」がここにはあります。

みなさん、どうぞご賞味ください。

平野勝之
★今後のスケジュールも決定次第アップ致します。ご期待ください!


「監督失格」まで──映画監督・平野勝之の軌跡


著:平野勝之、柳下毅一郎
発行:ポット出版
希望小売価格:2,800円 + 税
四六判 / 432ページ /並製
ISBN978-4-7808-0198-9 C0074
★劇場でも販売します!
Back to Top