RETRO今泉浩一×佐藤寿保~『すべすべの秘法』日本初公開特別凱旋上映~

2014/2/5(水)~2/8(土)

retoro imaizumi‚̃Rƒs[
日時
2014/2/5(水)~2/8(土)
料金
『すけべ妻 夫の留守に』『痴漢電車 いやらしい行為』『盗撮リポート 陰写!』¥1,200 『すべすべの秘法』『家族コンプリート』¥1,800 ※各作品ごとの入れ替え制(予約、当日同一料金)
会場
FACTORY(1F),ROOM(2F)
リンク

第8回ベルリンポルノ映画祭2013より特集プログラム、凱旋上映。


今泉浩一は1990年に佐藤寿保監督作品「激射・なぶる!」で映画俳優デビューして以降、ピンク映画他に多数出演してきた。それと並行して1999年より映画製作を開始し、海外の映画祭を中心に作品を発表し続けている。最新作「すべすべの秘法」の2013年10月のベルリンポルノ映画祭での世界初公開に際し「今泉が過去に出演したピンク映画も上映したい」との要請を映画祭から受け、自身の100本を超える出演作の中から佐藤寿保監督作品3本を自ら選んだ。「すべすべの秘法」を含む4作品は第8回ベルリンポルノ映画祭2013で「RETRO KOICHI IMAIZUMI」と題して特集上映され、今回はそのプログラムに2012年にUPLINKでも好評を博した「家族コンプリート」を加えた特別凱旋上映である。

佐藤寿保は1985年「激愛!ロリータ密猟」で監督デビュー。以後、日常にひそむ狂気と倒錯のエロチシズムをハードな映像で描き続ける作品群はピンク映画という枠を超えた注目を集め、サトウトシキ、佐野和宏、瀬々敬久とともにピンク四天王と称され、その筆頭として人気が高まっていった。1996年、芥川龍之介の短編集を原作にした「藪の中」で一般映画に進出。最新作は「華魂」(2014年1月18日より新宿K’s cinemaにて公開)。
※All movies are with English subtitles.(全作品英語字幕付、DVでの上映)

※18歳未満の方はご覧いただけません

■上映スケジュール


●2月5日(水)
19:30~『すけべ妻 夫の留守に』(上映後トークショー:伊藤清美、切通理作、佐藤寿保、今泉浩一)
21:15~『すべすべの秘法』(上映前に主演俳優+監督による舞台挨拶)

●2月6日(木)
19:30~『痴漢電車 いやらしい行為』(上映後トークショー:いまおかしんじ、林田義行、佐藤寿保、今泉浩一)
21:15~『すべすべの秘法』(上映前に主演俳優+監督による舞台挨拶)

●2月7日(金)
19:30~『盗撮リポート 陰写!』(上映後トークショー:福間健二、佐藤寿保、今泉浩一)
21:15~『すべすべの秘法』(上映前に主演俳優+監督による舞台挨拶)

●2月8日(土)
15:00~『すべすべの秘法』(上映後トークショー:田亀源五郎、たかさきけいいいち、今泉浩一)
18:00~『家族コンプリート』(ROOMでの上映)
20:30~『すべすべの秘法』(ROOMでの上映)

■作品紹介


『すけべ妻 夫の留守に』Rafflesia
(1995年/カラー/63分/国映=新東宝映画/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません

監督:佐藤寿保 脚本:渡剛敏 出演:貴奈子、吉行由実、伊藤清美、今泉浩一、大沢涼、川崎浩幸


人里離れた豪邸で父一人に育てられたアリサは、海の向こうの世界を知りたいと東京へ。郊外に住む人妻のハルミは夜になると男を漁りに出歩く。彼女の義母は大物相手の秘密クラブを開いている。三人の女を中心に一夜にして繰り広げられる騒動を描いたブラックユーモア。秘密クラブでチェーンソーを振り回す少女、包丁片手に戦う嫁と姑といった奇抜なアイデアが笑いを誘い、登場人物がそれぞれの新たな出発を迎えるラストには爽快感すら感じられる。


『痴漢電車 いやらしい行為』Birthday
(1993年/カラー/54分/国映=新東宝映画/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません

監督:佐藤寿保 脚本:五代響子 出演:林由美香、今泉浩一、石原ゆり、川崎浩幸、伊藤清美


死んだと思われる恋人が残したダイナマイトで、二十歳の誕生日に死ぬと決めている少女。アル中、宗教狂いといった家族たちに取り残された離人症の青年。そんな二人が電車の中で出会い、心を通わせる。“死”というファクターを通して、愛情や生きることの尊さが素直な愛情で表現されている。レイプ、血、殺人といった代名詞のもとに語られてきたこれまでの荒々しい表現を取り払い、どこまでも純粋に感情を追求して新たな側面を見せた意欲作。(幡寿一名義作品)


『盗撮リポート 陰写!』Hidden Video Report: Dark Shot!
(1991年/カラー/59分/新東宝映画/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません

監督:佐藤寿保 脚本:渡剛敏 出演:高樹麗、伊藤清美、今泉浩一、杉下なおみ、渡剛敏


盗撮ビデオの撮影を請け負う主人公がファインダーの中に見つけた一人の少女。彼女は夜の裏道で男に抱かれると、その眼をカッターで切り裂く。レイプされた過去をもつ姉の精神的外傷を伝染され、妹が殺人を繰り返していたのだった。両眼を切り裂くセーラー服の殺人鬼という存在が恐怖感を盛り上げ、さらにそうしたサスペンスが主人公と姉の過去の関係へとたどられ、究極の愛が結実するラストへと昇華していく。

※佐藤寿保監督作品解説は全て「ピンク・ヌーヴェルヴァーグ」(ワイズ出版刊)福間健二編著、林田義行作成から転載



『すべすべの秘法』The Secret to My Silky Skin
(2013年/カラー/77分/HDV/ステレオ/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません

出演:馬嶋亮太、本名一成、きたがわひろ、藤丸ジン太、ほたる、村上なほ、伊藤清美、赤岩保元
原作:たかさきけいいち(「ウラゲキ vol.4/古川書房」 2005掲載)
監督/脚本/編集:今泉浩一
撮影/スチール写真:田口弘樹
音楽/音響:PEixe-elétrico
英語字幕:川口隆夫 字幕協力:Jeremy Harley
タイトル題字:赤岩保元
制作:岩佐浩樹
製作:habakari-cinema+records


両親と京都に暮らすリョータは東京での短期研修が決まり、「東京のヤリ友」であるイッセイの家に泊めてもらう事になった。朝はそれぞれが仕事に出かけて夜は一緒に過ごして寝る、ただそれだけになるはずの5日間。家に到着した最初の夜、イッセイはごく自然にリョータとセックスしようとするのだが、リョータは素直に応じることができない。実は彼には東京に来る前から一つ、気がかりな事があったのだった…。今泉浩一の新作長編「すべすべの秘法」はゲイ漫画家、たかさきけいいちによる短編漫画を原作とした、6本目にして自身初となる原作もの。取り立てて派手な事件も事故も起こらない「きわめてありふれた」ゲイの日常を描く、これまでにない味わいを持った作品となっている。またメインキャストに職業俳優ではないノンプロを起用する特徴的なスタイルは健在で、本作でも随所で彼らの瑞々しい姿を捉えている。本作は2013年10月に開催されたベルリンポルノ映画祭での上映を前提に、同映画祭ディレクターのユルゲン・ブリューニンクからの提案を受け制作された。※日本初公開





『家族コンプリート』The Family Complete
(2010年/カラー/106分/DV/ステレオ/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません

出演:神羽亮祐、ほたる、藤丸ジン太、村上ひろし、川合亮、松之木天辺、大木裕之、伊藤清美、今泉浩一
監督/脚本/編集:今泉浩一
撮影/スチール写真:田口弘樹
音楽/音響:PEixe-elétrico
英語字幕:川口隆夫 字幕協力:Jonathan M Hall
タイトル題字/灯り制作:赤岩保元
制作:岩佐浩樹
製作:habakari-cinema+records


一軒の古い日本家屋を舞台に繰り広げられる、謎の新型ウイルスに冒されたある三世代家族を巡る悲喜劇。ミスコミュニケーションをテーマに、ゲイの恋愛とセックスを描く日本製激愛男色家族映画、R18指定ジャパネスクハードコアホモセクシュアルホームドラマ。海外映画祭での上映を重ねて2012年のUPLINKにおける国内初上映の後は封印されて来た怪作、一回限りのアンコール上映。※第6回ベルリンポルノ映画祭上映作品
Back to Top