渋さ知らズ アップリンク特別企画【映像と音楽の1週間】

3/30(土)〜4/5(金) 開場18:30 開演19:00

shibusa0313
日時
3/30(土)〜4/5(金) 開場18:30 開演19:00
料金
前売・予約 2,500円 / 当日3,000円 (ともにドリンク別) 
会場
FACTORY(1F)

アングラ芝居好き、渋さ知らズ好きは必見!!


3月30日[土]
■演奏 渋さ知らズ川下直広を演る
川下直広ts・不破大輔b・岡村太ds・山口コーイチp・斉藤良一g・鬼頭哲bs

■映像 曲馬館「風ッ喰らい時逆しま」

88分/16mm/カラー/1979 布川プロダクション

監督 : 布川徹郎
制作 : 平岡正明 ・ 杉浦冨美子
編集・撮影 : 長田勇市
構成・音響 : 菊池進平
録音 : 深尾昌司
宣伝美術 : 及部克人
役者群 : 曲馬舘

<解説>
伝説の芝居集団である曲馬舘の旅芝居興行に併走して撮影された記録。『昭和群盗伝 地獄の天使』の演目において、沖縄戦のひめゆり部隊の少女と暴走族が昭和天皇の首を切り落とし帝都を襲撃する一幕や、部隊にバイクが突進し炎で赤々と燃えていく様子など、熱気あふれる部隊を映す。そして旅の道中にとらえた日本の原像としての富士山のイメージに切り込んでいくかのように、山谷、釜ヶ崎、コザ、網走、寿町の風景を芝居と交差させながら描いていく。—- 以上、『伝説の映画集団NDUと布川徹郎』より
3月31日[日]
■映像
「木更津 天幕渋さ」

 
2008天幕渋さ「木更津大作戦」

2008年9月13日(土)、14日(日) 木更津市 中の島公園内 特設テント 
出演:玄米コージ/AAS/ザ・モーレツアタック40′s/テント/パイのパイコンバート/Light Headz/風煉ダンスと海猫クラブ/DJ HI-GO/Spaced Out!!/DJ HASEBE/I.M.O/The Electric Rainbow Band/上総舞来人/ハルヤトレイン/ハワイアン永塚バンド/渋さ知らズオーケストラ

渋さ知らズ:不破大輔、片山広明、佐藤帆、川口義之、立花秀輝、小森慶子、広沢リマ哲、鈴木新、鬼頭哲、吉田隆一、北陽一郎、辰巳光英、タムタム、高橋保行、ギデオン・ジュークス、磯部潤、藤掛正隆、倉持整、関根真理、ラッキー、斎藤“社長”良一、大塚寛之、ファン・テイル、ヒゴヒロシ、オノアキ、坂本弘道、室舘彩、山口コーイチ、佐々木彩子、中島さちこ、渡部真一、さやか、ペロ、東洋、ちえ、しも、たかこ、ふる、若林淳、南加絵、すがこ、南波トモコ、安部田保彦、田中篤史、青山健一、横沢紅太郎、上木文代、池本充宣、渡辺宏昌、小路英康、和田康、深川信也、加納亮平、井上考、山田亜矢子、にいぜき、やまきち、山下恭弘、ボス(ハルヤ食堂)、アキ(ハルヤ食堂)、トリックアイ、沼田康弘。
風煉ダンス:飯田孝男、寺門文人、清水奈々絵、田中晶、秦京極、原京子、荒井クルミ、笹森幸、向井千枝、リアルマッスル泉、長島美穂、笠原真志、上木文代、青山健一、みうらゆかり、後藤淳一、ひなた、白山。
AAS:立花秀輝、山口コーイチ、海道雄高、磯部潤。
テント:斎藤“社長”良一、清水良憲、河本隆弘。
Light Headz:安田直哉、増岡裕之、サカモ、吉岡勇三。
Spaced Out!!:辰巳光英、不破大輔、青山健一、古谷充康、XX。
I.M.O:泉邦宏、室舘彩、小野章、熊谷太輔。
海猫クラブ:佐々木彩子、室舘彩、平田玲子。
The Erectric Rainbow:大塚寛之、茶谷雅之、鈴木一奈美。
パイのパイコンバート:平馬、ケイト 他5名。
上総舞来人:黒川奈美恵 他多数。
ハルヤトレイン:モンキーけん、マル、ギャバン、木村昌信、河野孝昭、おかだ、サチ、トシエ、いずみん、ナオ。
ハワイアン永塚バンド:永塚忠弘、アパカ南塚、アースニック・フラプロジェクト。

協力:木更津市、木更津商工会議所、(有)永塚建設、かずさプロモーション、ハルヤ食堂、Andy’s Treding Japan(アンディ)、niwa-koya、京大西部講堂、たくみ建築工房、ねねむ、goksound、中島材木店、あきる野自然人村、木更津GRAPH、(株)鹿島商店、OH! KIMONOこもの☆晴レとケ、川村博行、翠羅臼、カルチャーショック、しずく、colourt. V、サンライズゴルフクラブ、afresca、お好み焼き寿々、ダイナマイトどんどん、ベースカフェ、喫茶ポエム、CoLLaBo、アムネジア、木更津FM83.4、ハルヤボスと岩切たかしのニュージャンボリー、高橋旅館、木更津カプリチョーザ、avex io、O-EAST、地底レコード、JUN、千曳自動車、鳥飼、モンキー、カコ&ユウコ、ボビー、田舎暮らし じゅんちゃん、みか、わさび兄、東京ベイプラザホテル、(株)コア 川名社長、あわあわマーケット青木、海猫堂 山口マオ、JR木更津駅、木更津高専、清和大学、シモアール酒店、あさこ、イエスマ2、尾上由野、太田誠一、廣崎千里、須永朝子、鶴岡達悦、陽茂弥、田村元、村岡ユキ、ケンジル・ビエン、ユカ妃、花上直人、上村豪、萩原誠、井上のぞみ、ジェローム・ベプロンク、アニ・ベプロンク、マヌ・ハウル、杉浦直明、ながしま、茨城リース、なってるハウス、馬淵仁彦

  
「ルナパーク ミラージュ」(青山タカ・ダイジェスト版)
1995年10月23日~28日
(25日は「トコジョーズ」「サルヴァニラ」を交えた「渋さ知らズ」による天幕ライヴ)
法政大学市ヶ谷キャンパス特設野外劇場

作 : 翠羅臼
音楽 : 不破大輔 丸山涼子
舞台 : 池本充宣
照明 : 岩城正次
音響 : 吉田光利
撮影 : 青山貴明 菊島信也 ヤマキチ 畑野貞夫
宣伝美術 : 古川万里
制作 : 黒いスポットライト

出演 : 池田さと 池田豊 宇井寛 小倉零 桐田和朗 翠羅臼 小路英康 西村仁 飯田孝男 ひろ新子 古川万里 松屋テレ 美帆 ワダ
演奏 : 不破大輔 大沼志朗 渋谷毅 泉邦宏 北陽一郎 丸山涼子 川崎落威

協力:本多工務店 発見の会 渋さ知らズ 地底レコード 新日本防水(株) ジャムプリント 魚人帝国 烈児 関根浩 泡屋玉乃助 ラボ・フェノミナ・ファクトリー
4月1日[月]
■演奏 山本シンvo g・萩原信義g

■映像 沼田康弘「サハラの星」Come down Star child in the Sahara

テント劇場公演、演劇とジャズの一回性、劇的なフィクションを映像化する試み。リテイクなし、ジャズミュージシャンと役者、音楽と演技のリアルなノンフィクション。
「サハラの星」は、劇場(江古田ストアハウス)、廃屋の映画館(中野光座)、ライヴハウス(江古田バデイ、吉祥寺マンダラⅡなど)、野外(常盤橋公園)、演劇フェスティバル(仙台マージナルシアターfes.)、特設テント劇場(島田市、松本市で渋さ知らズオーケストラとコラボレーション)など、様々な空間で5年にわたって公演。

時間:本編1時間49分22秒 予告篇1分28秒
撮影:DV-CAM/miniDV 撮影日/2000年11月
撮影地:京都大学西部講堂前広場
美術・大道具:丸太と鉄パイプの特設テント劇場
出演:沼田康弘 反町鬼郎 渡辺宏昌
演奏:不破大輔bassほか 高岡大祐tubaほか 粕谷茂一electronics
音楽:不破大輔・渋さ知らズオーケストラ
監督・脚本・美術/沼田康弘
編集:長友照隼 松浦日出男 制作:visual product graffiti

<解説>
「かんじんなことは目に見えない」サン・テグジュペリ『星の王子さま』
登場人物は、男三人。男たちはホームレス。
山崎恵三 家も家族もないリヤカーハウス暮らし。炭鉱で働いていたが事故で閉山。
金村広太 家も家族もあるが、絆がない。自分が暮らす街や土地と地図の町がずれていて、いつも目的地へ辿り着けない。在日韓国人三世の不動産屋。
守屋俊一 家があっても、家族がいない。親戚血縁もいない。分譲住宅を設計する建築士。孤独なホームレスを「星へ帰す」連続殺人犯。
 冬の昼下がり。東京駅近くの忘れられた小さな公園で、そんな男たちが出会う。そして男たち三人は、成り行きで銀行強盗をすることに。
出会いとは、孤独な人生の不時着であり旅立ちである。だからこそ友情は尊い。それは砂漠に不時着した飛行機乗りが、星の王子と出会ったように。
男たちにとって絆とは、終の棲家とは。
 「この世の中でいちばん美しくて、いちばん悲しい景色」

監督:沼田康弘の略歴
北海道夕張生まれ。松竹シナリオ研究所4期。
演劇:テント劇団風の旅団で日本各地を公演。解散後は演出家・劇作家・俳優。
演劇以外:愛知万博などイヴェント演出。
映像:よみうりTV「遠くへ行きたい」演出、BSフジ音楽ドキュメンタリー「世変い 沖縄rock will never die」を布川徹郎氏と共同演出、東京都文化発信プロジェクト「music & rhythms Tokyo kids」アーカイヴ映像企画制作など。
4月2日[火]
■演奏 山田あずさvib・小埜涼子as・中村江里花ts・不破大輔b・池澤龍作ds

■映像 発見の会「復興期の精神ー春と修羅場」

2011年10月19日〜23日 日暮里 d-倉庫

翻案:上杉清文
原作:鶴屋南北「金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)」/近松門左衛門「関八州繋馬(かんはっしゅうつなぎうま)」
出演:飯田孝男/ひろ新子/吉田佳世/吉田京子/リアルマッスル泉/鈴木祐弘/反町鬼郎/秦京極/長谷川達之/林周一/金子清文/河井克夫/後藤恭徳/輿石悦子/宍倉暁子/荒井くるみ/有馬則純/市村まゆ子/笠原真志
音楽:不破大輔
美術:深川信也/上木文代/新井加代
照明:辻井太郎
音響:吉田光利
振付:坂東冨起子
演出助手:牧口元美/川上和加乃/有馬則純
舞台監督:後藤恭徳
舞台協力:和田康
宣伝美術:深川信也
制作:発見の会
制作協力:伊郷俊行/ヲザキ浩実
協力:グラシャス坂井/後藤淳一/新小岩zaza/田中明/朴炳陽/細井博子
4月3日[水]
■演奏 泉邦宏as・高岡大祐tuba・池澤龍作ds

■映像 風煉ダンス「ゲシュタル島崩壊記」

<公演記録>
2012年9月6日(木)~9月10日(月)
調布市せんがわ劇場

CAST:荒井クルミ/荒牧大道/有馬則純/河内哲二郎/松尾容子/田中晶/南波トモコ/林周一/溝口明日美/本山三火/吉田佳世/吉成淳一/リアルマッスル泉

演出:笠原真志
台本:林周一
美術:本濃研太
音楽/演奏:辰巳光英
音楽/演奏:関根真理
振付:スズキ拓朗
衣装:陽茂弥、井上のぞみ

舞台監督:有馬則純
照明:辻井太郎
照明オペレーション:前田さやか
音響:吉田光利
舞台協力:後藤恭徳
美術協力:深川信也
美術協力:後藤淳一
美術協力:青山健一
写真/HP製作:上山陽介
制作:風煉ダンス
協力:にしすがも創造舎/新小岩zaza/niwa-coya/発見の会/ねねむ/横沢紅太郎


■映像 発見の会「味覚革命論序説」
PROLOGO AL TEORIO DE REVOLUCIO DE LA GUSTOSENSOJ
1975年 クリエイティヴ・アクションズ発見の会 企画・制作/共同演出/共同制作

出演:伊郷俊行/石井正男/瓜生良介/立川好治/豊田勇造/那倉幸一/長谷川健/藤田洋子/カピタン・リュウ/内山豊三郎/杉田一夫/田中哲/飯田孝男
音楽:豊田勇造/立川好治/長谷川健/杵家弥紫寿/杵屋七鳳
撮影:那倉幸一/石井正男
演出進行:瓜生良介
制作進行:伊郷俊行/藤田洋子
宣伝デザイン:仲佐佳郎
協力:原宿学校/アジア印刷
4月4日[木]
演奏■スペースバー(辰巳光英tp・不破大輔b・ジマニカds)

■映像 発見の会40周年記念公演・花田清輝没後30年記念公演
「花田・アングラ・清輝 もう一つの修羅」

2004年12月23日〜26日 劇場 ザ・ポケット

作:上杉清文
演出:瓜生良介
出演:牧口元美/飯田孝男/伊郷 俊行/長谷川健/西村仁/有馬則純/後藤恭徳/鈴木祐弘/秦京極/反町鬼郎/安田幸信/萩原収/林周一/金子清文/河井克夫/長谷川達之/坂上朋彦/輿石悦子/吉田京子/市村まゆ子/宍倉暁子/荒井くるみ
音楽:不破大輔/杉田一夫
音響:吉田光利
照明:明日英勝
美術・宣伝美術:深川信也
衣装:上木文代
振付:坂東冨起子
舞台:和田康/長谷川純子
制作:発見の会
4月5日[金]
■演奏 白崎映美vo・不破大輔b・立花秀輝as・中根信博tb・斉藤良一g

■映像 風煉ダンス「悪漢」

横濱JAZZ PROMENADE’99 横浜港開港140周年記念
「悪漢」
日本が誇る宇宙一のフリージャズオーケストラ「渋さ知らズ」と世界に誇れる怖いもの知らズの「風煉ダンス」が送る、全編生演奏爆裂戦国野外劇!

<公演記録>
日程:1999年10月1日(金)〜11日(月)
場所:みなとみらい21地区特設野外ステージ

作・演出:笠原真志/林周一
音楽:不破大輔
舞台監督:安部田保彦
音響:吉田光利
照明:加納亮平
宣伝写真:柏村さくら
宣伝美術:古川誠二/新藤岳史

悪漢:和田結美/室舘彩/笠原真志/林周一/若林淳(大駱駝艦)/向雲太郎(大駱駝艦)/村松卓矢(大駱駝艦)/戊井昭人(鉄割アルバトロスケット)/渡部真一(鉄割アルバトロスケット)/内倉憲二(鉄割アルバトロスケット)/中島朋人(鉄割アルバトロスケット)/星野建一郎/松原東洋(大豆鼓ファーム)/古谷充康/鈴蟲/青山健一/三宅順也/須藤正樹/くわナよしゆき/小野章/大矢紘史/三浦夕佳里/内山雅子/酒井野枝/加藤美江(時々自動))/阿部慎/尾池和徳/田畑則之
その他大勢

演奏:渋さ知らズ
不破大輔(b)/大沼志朗(ds)/北陽一郎(tp)/広沢リマ哲(ts)/泉邦宏(as)/吉田隆一(bs)/古池寿浩(tb)/佐々木彩子(key)/松(perc)/室舘彩(fl)/さやか(dance)/ペロ(dance)/片山広明(ts)/高岡大裕(tuba)/大島照之(g)/植村昌弘(ds)/その他大勢(日替わりゲスト有り)

主催:風煉ダンス
共催:横濱JAZZ PROMENADE’99実行委員会/横浜市文化振興財団/株式会社みなとみらい21
協力:大駱駝艦/大豆鼓ファーム/鉄割アルバトロスケット
Back to Top