トークイベント「あの人の一部は映画でできている」

5/1(水) 19:30開場 20:00開演

logo-700x324
日時
5/1(水) 19:30開場 20:00開演
料金
予約¥1,600 / 当日¥2,000
会場
FACTORY(1F)

~映画を観る時間がないほど忙しいあの人が今まで観てきた映画をこっそり教えます。第3回目ゲストは青野賢一さん〜


動向が気になる人(クリエイター、作家、漫画家etc・・)というのがいませんか?
主演俳優より気になるプロデューサーだったり、コラムなどの挿絵でいい味出してるイラストレーター、次はどんな広告のアイディアがでるのか気になるクリエイターなど、プロフェッショナルの分野でとてもステキな活躍をしている人々。

そんな「あの人」の発想の一部は映画からきていることがある・・・らしい。その部分を詳しく聞いたら、あの人の発想のもとも垣間見えるかも?!ブログやツイッターやFBであの人の情報を追いかけるのも楽しいけれど、たまには直接あの人から話しを聞いてみよう!という企画。



ゲスト:青野賢一
〈BEAMS〉クリエイティブディレクター、〈BEAMS RECORDS〉ディレクター。
「ビームス創造研究所」という、個人のスキルを社外に活かして新たなビジネスに繋げる部署に所属し、執筆、編集、選曲、ウェブディレクション、展示やイベントの企画運営、大学、専門学校での講義などを行っている。
最近の主な仕事はPARCO「シブカル祭。」実行委員(2011年、2012年)、エスモードジャポン東京校卒業展審査員(2013年)、naomi & goro『CAFÉ BLEU SOLID BOND』アルバムリリース記念フリージャーナル編集(2013年)、コンピレーションCD『Music For Reading』(BIBLIOPHILIC/DISK UNION)選曲(2013年)など。
当日の内容
☆青野さんにとって映画への入り口となった本のはなし

☆怪奇、幻想とドイツ表現主義のはなし

☆NEW WAVE = NOUVELLE VAGUE(ヌーヴェル ヴァーグ)
YMO、MOON RIDERS、ゴダール、ルイ・マル、トリュフォーetc.のはなし

☆スクリーンから盗む ファッション、仕草、インテリア…
ルイ・マル監督の『鬼火』や『太陽がいっぱい』『甘い生活』、コッポラの『カンバセーション』のインテリアのはなしなど。

☆音楽からみる映画 サントラ名盤、サイレントフィルムと音楽

普段、映画に関する文章をあらゆるメディアで書かれている青野さんですが、極私的な視点からのお話しは貴重だと思いますので、この機会を逃さないよう!

ご来場の方全員に青野さんが様々なサウンドトラックから選曲してくださったミックスCDをプレゼントしていただけることになりました!


過去のイベントレポート
第1回 伊藤直樹さん(PARTY クリエイティブディレクター)
http://www.webdoku.jp/cinema/news/2012/11/03120350.html

第2回 川辺ヒロシさん(TOKYO NO1 SOUL SET) × 大根仁さん
http://www.webdoku.jp/cinema/news/2013/02/15205011.html
Back to Top