タナカカツキの「アニメの時間」第一回

2014年7月29日(火)19:00開場/19:30開演

AnimeJIkanLogoUL
日時
2014年7月29日(火)19:00開場/19:30開演
料金
入場料1,500円(1ドリンク付)
会場
FACTORY(1F)
『タナカカツキの「アニメの時間」』は、マンガ家として、近年は「コップのフチ子」の生みの親としても活躍し、アニメーションへの造詣も深いタナカカツキ氏がホストを務めるイベント。記念すべき第一回は、水尻自子、ひらのりょう、最後の手段、平岡政展という気鋭のアニメーション作家4組を招いて、アニメーション作品の上映とトークを行います。

また、イベント終了後には懇親会も予定しており、タナカカツキ氏や各作家と直接お話し出来る貴重な機会をご用意致します。

タナカカツキ氏と共にアニメーションの魅力にうっとりと浸る夏の夜。映像やアニメーションが好きな方をはじめ、放課後や仕事帰りにクリエイティブな和みのひとときを過ごしたい皆様に、ぜひご来場いただければと思います。



■ホスト
タナカカツキ
公式サイト
マンガ家。1966年大阪生まれ。1985年、マンガ家デビュー。著書に「オッス!トン子ちゃん」「サ道」、天久聖一との共著「バカドリル」など。玩具メーカーの奇譚クラブから発売されているカプセルトイ「コップのフチ子」の生みの親としても知られる。


■出演アニメーション作家
水尻自子(みずしりよりこ)
公式サイト
1984年青森生まれ。アニメーションを中心に制作し、身体の一部などをモチーフにした柔らかな表現を得意とする。「布団」で第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞。


ひらのりょう
公式サイト
1988年埼玉県春日部市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。産み出す作品はポップでディープでビザール。文化人類学やフォークロアからサブカルチャーまで、自らの貪欲な触覚の導くままにモチーフを定め作品化を続ける。その発表形態もアニメーション、イラスト、マンガ、紙芝居、VJ、音楽、と多岐に渡り周囲を混乱させるが、その視点は常に身近な生活に根ざしており、ロマンスや人外のものが好物。


最後の手段
公式サイト
有坂亜由夢、おいたまい、木幡連の3人による映像作家チーム。東京藝術大学出身。主な仕事はMVやショートフィルムなどの映像作り。ミュージシャンのCDジャケットなど、グラフィックデザインも手掛け、たまに音楽を演奏したり、ごく稀に踊ることもある。クラブでのVJ活動も行っており、その原始的で奇妙な映像を使ったVJのプレイはフロアを盛り上げる。


平岡政展(ひらおかまさのぶ)
映像作家。京都出身。2010年大学卒業。その後フリーランスで、CMやMVなどのアニメーションを中心に活動する。代表作に、Vimeo Staff Pickに選出された「Land」「Uneasiness and triangle」、阿部義晴のMV「ONE AND THREE FOUR」などがある。

■開催情報
タナカカツキの「アニメの時間」第一回
ホスト:タナカカツキ
出演アニメーション作家:水尻自子、ひらのりょう、最後の手段、平岡政展
日程:2014年7月29日(火)19:00開場/19:30開演
時間:19:30~21:10(~21:40まで懇親会を実施)
予約:事前Web申し込み制
料金:入場料1,500円(1ドリンク付)
場所:アップリンク 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
主催:white-screen.jp|UPLINK
協賛:ViibarShutterstock
Back to Top