『バクシーシ山下の社会科見学』第三回 「ザ・ワールド・イズ・マイ・マインド(世界は僕の精神)」 ゲスト:新井英樹(漫画家、『ザ・ワールド・イズ・マイン』『SCATTER』作者)

2014/8/23(土) 18:00開場/18:30上映開始

bakuyamashakaika
日時
2014/8/23(土) 18:00開場/18:30上映開始
料金
¥1,800(+1ドリンク別¥500)※Peatixにて前売券発売中(以下の「予約する」ボタンをクリック)※本イベントは18歳未満の方はご覧いただけません。
会場
FACTORY(1F)

☆ゲストトーク付き上映は、予約開始2日でまさかの完売!!
多数のご要望にお応えして、一部で話題沸騰の発禁問題作『死ぬほどセックスしてみたかった。』追加上映決定!!


●日時:2014/8/23(土) 15:30開場/15:45上映開始
●上映作品:『死ぬほどセックスしてみたかった。』
●料金:¥1,500
●ゲスト:バクシーシ山下
※追加上映にはゲストトークはございません。
※上映後、バクシーシ山下監督による挨拶とQ&Aを行います。

AV界の鬼才、バクシーシ山下監督のレアドキュメントAV上映&トークイベント第三弾!!ゲストに漫画家・新井英樹がまさかの登場!バクシーシ山下との意外な共通性を語る。
上映は幻の発禁作品『死ぬほどセックスしてみたかった。』に決定!!


アダルトビデオを通して社会を見つめ捉えた観察記録
これまで“過激”“奇抜”“ヌケない”AVとして評価されてきたバクシーシ山下の特異なスタイルは、映像に限らず様々なジャンルの表現者に影響を与えてきた。

このイベントはバクシーシ山下のドキュメントAVを従来の枠組みを越え、その作品群に通底する“社会的”あるいは“人類学的”な映像記録としての側面にスポットを当てる。
冷めた目で、眺めるように対象をとらえるバクシーシ山下の眼を通して、私たちの身近にありながらも見ることのできない人々や世界を「社会科見学」する試み。

第三弾となる今回は、トークゲストに、代表作『ザ・ワールド・イズ・マイン』で、理由なき殺人、同時多発テロなど終末的世界を先駆的に描き出した漫画家・新井英樹氏を迎え、彼の表現に影響を与えたという、バクシーシ山下幻の発禁作品『死ぬほどセックスしてみたかった。』の上映と、その尋常ではいられない世界を語る。

【上映作品】

『死ぬほどセックスしてみたかった。』(未発表/1994年/V&Rプランニング)

1994年1月27日、ひとりのAVギャルが交通事故でこの世を去った。名前は大崎ひとみ(享年20歳)。この作品は、この不在のAVギャルを巡るドキュメンタリーである。
面識が無いにも関わらず、彼女の死が気になったバクシーシ山下は、彼女の死に至るまでの足跡を追って、関係者への取材をはじめる。様々な人物の証言から次第に彼女の輪郭がみえてくる。
前半の検証ドキュメントから一転し、後半から霊媒師、女王様などの魑魅魍魎によって、生/死、美/醜、正常/異常、快/不快の対立を無効化する黙示録的世界が展開される。

完成させるもビデ倫審査にひっかかり、やむなく発売中止となった本作。バクシーシ山下作品の中でも最もレア度が高く、HMJMのオールナイトイベントでも話題となった問題作が貴重な日中上映。

※18歳未満の方はご覧いただけません。


【ゲスト】

新井英樹(漫画家、『ザ・ワールド・イズ・マイン』『SCATTER』作者)

Back to Top