映画『リアリティのダンス』上映&トーク:【ゲスト】青木健史(ラテンアメリカ文学研究者) – ホドロフスキーが綴る魂の自伝『リアリティのダンス』を読む

2014年8月1日(金) 19:00上映スタート / 21:10トークスタート

61wnCX2GqGL._SL1000_
日時
2014年8月1日(金) 19:00上映スタート / 21:10トークスタート
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
FACTORY(1F)
リンク
☆渋谷アップリンクでのイベント以外の上映スケジュールはこちら
☆渋谷アップリンクのホドロフスキー関連イベントはこちら
☆座席指定のオンライン予約チケットは、このページにて7/17(木)発売開始!

ホドロフスキーが綴る魂の自伝『リアリティのダンス』を読む


ゲスト:青木健史(ラテンアメリカ文学研究者)


青木健史
1967年、山口県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。日本大学経済学部非常勤講師。専攻はラテンアメリカ文学。訳書:A・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)、N・ホーソーン、E・ベルティ『ウェイクフィールド/ウェイクフィールドの妻』柴田元幸・青木健史訳(新潮社)。
≫原作本「リアリティのダンス」Amazonで購入する






『リアリティのダンス』

世界を熱狂させた巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー、85歳。
23年ぶりの新作は、ホドロフスキーが原点に立ち戻り生み出す癒しの物語。



1920年代、幼少のアレハンドロ・ホドロフスキーは、ウクライナから移民してきた両親と軍事政権下のチリ、トコピージャで暮らしていた。権威的で暴力的な共産主義者の父と、アレハンドロを自身の父の生まれ変わりと信じる母に愛されたいと願いつつも 大きなプレッシャーを感じ、また、ロシア系ユダヤ人であるアレハンドロは肌が白く鼻が高かったため、学校でも「ピノキオ」といじめられ、世界と自分のはざまで苦しんでいた…。

青い空と黒い砂浜、サーカスに空から降ってくる魚の群れ、青い服に赤い靴。映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、チリの鮮やかな景色の中で、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

『リアリティのダンス』(2013年/チリ・フランス/130分/スペイン語/カラー/1:1.85)
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
プロデューサー:ミシェル・セドゥー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、イェレミアス・ハースコヴィッツ、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー
衣装デザイン:パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
配給:アップリンク/パルコ

【EO18】※Enjoy Over 18. 18歳以上の方に楽しんでいただけるアップリンク独自のレイティングです。17歳以下の方はご入場いただけません。


Back to Top