マティアス・ピニェイロ映画祭2014 Retrospectiva de Matías Piñeiro 2014

2014/9/27(土)、9/28(日)

TODOS MIENTEN - Romina!
『みんな嘘つき』より
日時
2014/9/27(土)、9/28(日)
料金
一般¥1,400/4回券¥5,000/アテネ・フランセ文化センター、アップリンク会員¥1,200
会場
FACTORY(1F)
リンク
【お詫びと訂正】
一般的なスペイン語の日本語表記にならい、チラシにおきます下記の表記を改めてさせていただきます。皆様方にはご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
「ロザリンダ」→「ロサリンダ」
「ヴィオラ」→「ビオラ」
「マリア・ヴィジャール」→「マリア・ビジャール」

2013年9月3日 
主催者

マティアス・ピニェイロ監督来日決定!
世界が注目するアルゼンチン映画の若き才能が手がけた4作品を特集


マティアス・ピニェイロ Matías Piñeiro


1982年、ブエノスアイレス生まれ。 国立映画大学で映画を学び、後に同校で教鞭もとる。長編デビュー作の『盗まれた男』(2007)でチョンジュ国際映画祭グランプリを受賞し、その後の『みんな嘘つき』(2009)『ロサリンダ』(2010)『ビオラ』(2012)はベルリン、ロカルノ等の国際映画祭でも上映。ニューヨークのリンカーン・センターやトロント国際映画祭ではレトロスペクティヴ(特集上映)も行われた。日本では、今年2月の恵比寿映像祭で『盗まれた男』が上映。シェイクスピアの翻案シリーズ「The Shakespeariada」に取り組み、その最新作となる『フランスの王女』が今年のロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に選出された。

【スケジュール】


9月27日(土)
15:30-「ビオラ」(63分)
17:00-「盗まれた男」(91分)
19:00-「みんな嘘つき」(75分)
20:45-「ロサリンダ」(43分)
※「ロサリンダ」上映後、マティアス・ピニェイロ監督によるQ&Aを行います(約30分)

9月28日(日)
15:00-「盗まれた男」(91分)
17:00-「みんな嘘つき」(75分)
18:40-「ロサリンダ」(43分)
19:50-「ビオラ」(63分)
※「ビオラ」上映後、マティアス・ピニェイロ監督によるアルゼンチン映画についてのレクチャーを行います(約60分)

■各回入れ替え制
■各回15分前開場
■全作品日本語字幕付き(「みんな嘘つき」は日本語、英語字幕付き)

【上映作品】


『盗まれた男』(El hombre robado/2007/91分/ブルーレイ上映)


脚本:マティアス・ピニェイロ 
撮影:フェルナンド・ロケット
出演:マリア・ビジャール、フリア・マルティネス・ルビオ、ロミーナ・パウラ


作家でありアルゼンチンの大統領も務めたサルミエントの著作「ファクンド−文明と野蛮」などに着想を得たピニェイロの長編デビュー作。博物館のガイドとして働くメルセデスは、親友の婚約者の浮気を疑い、ある策略をめぐらす。ブエノスアイレスを舞台に、モノクロの16ミリフィルムで撮影された愛と不実をめぐる物語。チョンジュ国際映画祭でグランプリを受賞。


『みんな嘘つき』(Todos mienten/2009/75分/ブルーレイ上映)


脚本:マティアス・ピニェイロ 
撮影:フェルナンド・ロケット
出演:ロミーナ・パウラ、マリア・ビジャール、フリア・マルティネス・ルビオ


辺鄙な田舎の一軒家に、著名なアルゼンチンの歴史家の末裔と思われる若いアーティストのグループが集う。彼らは共に語らい、酒を飲み、愛し合い、音楽を楽しみ、芸術作品を偽造し、互いを監視し、陰謀を張りめぐらせる。複雑に交錯する予測不可能な物語を、巧みな映像表現で紡ぎだした長編第2作。『盗まれた男』に続き、サルミエントの著作から想を得ている。


『ロサリンダ』(Rosalinda/2010/43分/ブルーレイ上映)


脚本:マティアス・ピニェイロ 
撮影:フェルナンド・ロケット
出演:マリア・ビジャール、アルベルト・アハーカ、アグスティーナ・ムニョス


シェイクスピアの翻案シリーズ第一弾。「お気に召すまま」のリハーサルのために、俳優たちがティグレの島を訪れる。眩しい陽光と豊かな自然に恵まれた環境の中、役柄と自身との境を次第に曖昧にしていく若き俳優たち。チョンジュ・デジタル・プロジェクトからの委託で制作。フェルナンド・ロケットの流麗な撮影が美しい。


『ビオラ』(Viola/2012/63分/ブルーレイ上映)


脚本:マティアス・ピニェイロ 
撮影:フェルナンド・ロケット
出演:マリア・ビジャール、アグスティーナ・ムニョス


ピニェイロ作品の常連マリア・ビジャールが、主人公ビオラを演じる。ボーイフレンドとはじめたビジネスのためにブエノスアイレスの街を自転車で走り回るビオラと、シェイクスピア作「十二夜」の演劇にとりくむ女性たち。彼女たちとの出会いが、ビオラの生活にある変化をもたらす。その独自の映像スタイルが際立つピニェイロの長編第4作。

■主催
アテネ・フランセ文化センター、Happy Tent、アップリンク
■協力
在日アルゼンチン共和国大使館
Back to Top