『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』先行上映会

2015/1/14(水) 19:30開場/20:00上映開始/21:35トークイベント開始

マイノリティ・チラシ表
© Makoto Sasaki
日時
2015/1/14(水) 19:30開場/20:00上映開始/21:35トークイベント開始
料金
一律¥1,800(1ドリンク代込み)
会場
FACTORY(1F)
リンク

2/14(土)公開を前に先行上映会の開催決定!

『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』上映後、本作品に出演している特定非営利活動法人ノアール理事長・熊篠慶彦さんをゲストに迎え、佐々木誠監督と境界線を巡るトークショーも開催いたします!
※ご来場者全員に「TENGA エッグ」のプレゼント有!(提供:株式会社TENGA)


その「境界線」は誰が決めるのか!?
異才・佐々木誠監督が、満を持して現代・ニッポンに向けて放つ≪問題作≫




全てのあたりまえを「疑え!!」


9・11以降の世界を若き僧侶の魂の冒険と成長という側面から描き出した『Fragment』(06)、生まれついての視覚障害者はSFアクション映画を 作れるのか?という問いから始まる『INNERVISION』(13)など劇場公開作品から、フジテレビNONFIXで放送され大きな話題となった『バリアフリーコミュニケーション 僕たちはセックスしないの?できないの?』(14)まで、現代社会の固定観念を打ち砕く作品を作り続ける映画監督・佐々木誠が、新たに放つ問題作。


出演は、自身もARTHROGRYPOSIS (アルトログリポージス・先天性多発性関節拘縮症)を患っていながら、障害者の社会進出や表現活動の重要性を積極的に発信してきた門間健一。佐々木監督の友人にして本作の「共犯者」という関係を続けてきた門間さんだったが、昨年、この映画の上映を待たず急逝。映画には彼の「普通でいる事、当たり前に居られる事の難しさ。でもそうある為に、現状を突破していかなくてはならない」という思いも刻まれている。他にも鉄割アルバトロスケット主宰・作家の戌井昭人、映画作家・想田和弘、映画監督・竹馬靖具などが虚実入り混じった世界に出演する。



【ストーリー】

誰でもない「ワタシ」の虚実皮膜な6年間の個人的記録
ここから見えてくる、私たちの「NO BORDER」な未来。


◆Chapter1「中島兄弟」(2009年)
ある「事件」が起きた。だが容疑者である少年・ノリツグ(通称「弟」)は、証拠不十分のために釈放される。数年後、「事件」のことを知った映像作家志望の学生「ワタシ」は、その真相に迫ろうとカメラを手にし、現在の「弟」が所属するパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」に潜入する。

◆Chapter2「クリスティ」(2007年)
重度の身体障害者・モンマと知り合った「ワタシ」は、特殊改造された車椅子を操り、精力的に活動・発言する彼の姿に、いまの自分よりも充実した生活を送っているのではないか?と強く疑問を感じるようになる。そして偶然出会ったアメリカ人留学生のクリスティに対し、思い切ってアクションを起こすのだが……。

◆Chapter3「リリィ」(2010~2014年)
有名になりつつあるモンマにテレビのドキュメンタリー番組出演の依頼が来る。そんな中、東日本大震災が起こったことで、それぞれの日常は考えもしなかった方向へと変化していく。原発事故を抱えた日本で暮らす「ワタシ」が「行き着く先」の本当の意味とは?



『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』(2015年/英語・日本語(英語字幕)/85分/SD/4:3)
監督:佐々木誠 
出演:門間健一、中島教知、中島朋人、クリスティーナ・ロバーツ、MAMI、竹馬靖具、熊篠慶彦、山本修司、LILY、想田和弘、戌井昭人
英語字幕:Garro Heebae
イラスト:サイトウユウスケ
デザイン:高橋キンタロー、足利瑞枝 
予告編ナレーション:ロバート・ハリス
音楽:UNpro by hideki 
協力:鉄割アルバトロスケット、上田茂、小山巧、Terumi Hashimoto Myhrvold、松田高加子、蔭山周、裸Over8、TOOWAII、Takashi Sasaki and Converge+、斎木琢磨
配給・宣伝:WaterMethodMan
配給協力・宣伝:contrail 
© Makoto Sasaki



Back to Top