柳下美恵のピアノdeシネマ2015

2015/7/17(金) 20:00開演(19:30開場)※18:30受付開始

PianoDeCinema_0129-01 (2)
日時
2015/7/17(金) 20:00開演(19:30開場)※18:30受付開始
料金
¥1,800(+ドリンク代¥500)
会場
FACTORY(1F)

映画は今年で120年になります。最初の約40年間は映画=映像+生伴奏でした。今ではサイレント映画と呼ばれる映画をピアノ伴奏とお楽しみいただきます。



上映作品
『風』The Wind
『翼の世界』Tsubasa no Sekai
『血涙の志士』Hangman’s House
『デブ君の給仕』The Bell Boy
『デブの自動車屋』The Garage
『チート』The Cheat
『義侠ラッフルズ』Raffles the Amateur Cracksman



サイレント映画を第三金曜日20:00-ピアノ伴奏付きで上映。フィルム上映や個性的なゲストトークもあります。グラス片手にお楽しみください。

全回サイレント映画『エリンの食卓』(5分/DVD) 樫原辰郎監督作品の上映あり*全作品日本語字幕付き


2月20日 スウェーデン出身の名監督=ヴェクトル・シェストレムが永遠の少女=リリアン・ギッシュと創り上げた傑作ドラマ。アメリカの荒野に吹き荒れる風に翻弄されるリリアンの表情と自然の造詣が素晴らしい。

『風』The Wind
監督:ヴィクトル・シェストレム 主演:リリアン・ギッシュ 
79分/アメリカ/1928年/DVD


3月20日 日本初の本格的航空映画。主演の島耕二は後に監督も務めたマルチな才能の持ち主。エアガールA、Bなどのキャスト名が当時のモダンな日本を象徴している。

『翼の世界』Tsubasa no Sekai
監督:田口哲 主演:島耕二 40分/日活多摩川/1937年/DVD
『島耕二監督』
監督:馬場良秀 10分/DVD

 
4月17日 アメリカの巨匠監督=ジョン・フォードが描くアイルランドの叙情と怪奇。
昨年、好評だったフォード監督のサイレント映画を今年も上映します。
『血涙の志士』Hangman’s House
監督:ジョン・フォード 主演:ヴィクター ・マクラグレン 
71分/アメリカ/1928年/DVD


5月15日 デブ君ことロスコー・アーバックル監督・主演のとっておきの2作品をお贈りします。ファッティが見いだした喜劇王バスター・キートンの演技もお見逃しなく。
『デブ君の給仕』The Bell Boy 25分56秒/アメリカ/1918年/DVD
『デブの自動車屋』The Garage 21分54秒/アメリカ/1920年/DVD  


6月19日 ハリウッドスター早川雪州主演の製作100周年作品。強烈な表現で人気の監督、セシル・B・デミルが放つ個性的なドラマ。昨年、好評だった弾き比べを今年はギタリストと行います。
『チート』The Cheat  
監督:セシル・B・デミル 主演:早川雪州 
40分/アメリカ/1915年/8mm ×2回上映


7月17日 義侠=男気がある泥棒、ラッフルズが繰り広げる痛快活劇。主演は元祖ナルシスト俳優のジョン・バリモア。ドリュー・バリモアは孫娘。
『義侠ラッフルズ』Raffles the Amateur Cracksman 
監督:ジョージ・アーヴィング 主演:ジョン・バリモア 70分/アメリカ/1917年/8mm


ゲスト
2月 宮下啓子Keiko Miyashita リリアン命の無声映画ファン。本人宛の直筆の手紙が宝物。

5月 新野敏也 Toshiya Arano 喜劇映画研究会代表。喜劇映画に関する著作も多数。

6月 小沢あきAki Ozawa ギタリスト、作曲家。各地でサイレント映画の伴奏を行う。

企画/ピアノ伴奏:柳下美恵 やなしたみえ (サイレント映画ピアニスト)
武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。1995年に映画生誕100年記念上映会でデビュー以来、国内・海外で活躍。欧米スタイルのサイレント映画伴奏者は日本初。洋画・邦画を問わず全ジャンルの伴奏をこなす。2006年度日本映画ペンクラブ奨励賞受賞。 シリーズ企画“聖なる夜の上映会”“サイレント映画事始め”“モボ・モガ計画”

http://geinou-ourai.com/yanashita_mie_20101110.jpg

Back to Top