「道行き」─ シタール×香り(出演:ヨシダダイキチ、ウエダマキ)

6月16日(火)19:00開場 / 19:30開演

FB_b
日時
6月16日(火)19:00開場 / 19:30開演
料金
予約¥2,500円 / 当日¥3,000(共に+1ドリンク¥500別)
会場
FACTORY(1F)

Yoshida Daikiti (シタール) × MAKI UEDA (嗅覚アーティスト)


マルチな活動を展開するシタール奏者ヨシダダイキチと“嗅覚アーティスト”のウエダマキの二人が、UPLINKの空間全体を使って行うスペシャルライブ! シタールの音色と匂いが織りなす宇宙を五感全開でご体験ください。


ヨシダダイキチ


200年近くに渡りシタールの可能性を探求しているイムダッド派の7代目ウスタッド・シュジャート・カーンの弟子。YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)、U-zhaanとのユニット「SAICOBABA」、様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」、シタール5~30台を使ったユニット「sitaar-tah」などで国内外のレーベルより多数のアルバムをリリース。また、「ファティマとセミラ」「テュリ」をUAに楽曲提供、プロデュース。インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジした、奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」をプロデュース。フジ・ロック・フェスティバル他、多数のフェスティバルやTV、ラジオ番組への出演。シタールやインド音楽に関する本「シタールのほん」執筆。他、民謡~ポップス~現代アートなどインド古典音楽に留まらずボーダレスに活躍。
http://www.yoshidadaikiti.net/


ウエダマキ


嗅覚とアートの融合を試みる「匂いのアーティスト」。
匂いを素材として作品を制作・発表する。現在は石垣島を拠点とし、ヨーロッパを中心に世界各地で展示やワークショップを行う。約10年のオランダ生活経験があり、オランダ王立美術大学でも定期的に嗅覚アートを教えている。欧米で流行の兆しを見せ始める嗅覚アートのリーディング・アーティストのひとり。
http://www.ueda.nl/
Back to Top