連続講座『映画以内、映画以後、映画辺境』第三期

2015/9/21(月・祝) 18:00開場/18:15上映開始

クリスマルケルチラシ修正版
日時
2015/9/21(月・祝) 18:00開場/18:15上映開始
料金
一律¥2,000
会場
FACTORY(1F)
リンク

■第3期初回
「静止したイメージは映画になるのか?あるいはクリス・マルケルはなぜ猫好きか?」
金子遊(批評家・映像作家)×三野新(写真家・演出家)×七里圭(映画監督)


日時:2015/9/21(月・祝) 18:00開場/18:15上映開始
料金:一律¥2,000



~「写真(イメージ)+言葉/文字=シネマ」の定式とは?~

「写真(イメージ)+言葉/文字=シネマ」の定式とは?猫のギョームの真相に迫るロング・トーク。
マルケルのレア作品(なんと、「ラジュテ」の続編までも!?)を参考上映。
講座内で、七里監督の新作ドキュメンタリーの初上映もあります。


【特別上映】

『ドキュメント・音から作る映画』(2015年/50分)
監督:七里圭



昨年から進行中のプロジェクト「音から作る映画」。謎のプロジェクトの全容を、監督自ら分りやすく紹介します(余計分かりにくくなるかも…)。貴重なライブの記録映像、メイキングやトークも満載!
見逃した方もこれを観れば完璧。『サロメの娘』アクースモニウム上映に至るまで二年分のパフォーマンスを網羅します。

※収録ライブ上映
『眠り姫』アクースモニウム上映(2014年2月@川崎市アートセンター)
ライブ版『映画としての音楽』(2014年4月@アップリンク・ファクトリー)
『To the light2.2』ライブ上映(2014年11月@多摩美術大学)
『サロメの娘』アクースモニウム上映(2015年3月@両国門天ホール)


【登壇者プロフィール】


金子遊(批評家・映像作家)
「クリス・マルケル・セレクション」をアテネフランセと共同で企画。著書に『辺境のフォークロア』(河出書房新社)、編著に『フィルムメーカーズ個人映画のつくり方』『吉本隆明論集』(アーツアンドクラフツ)、『クリス・マルケル遊動と闘争のシネアスト』(森話社)。劇場公開作に『ベオグラード1999』『ムネオイズム』。ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員。



三野新(写真家・演出家)
1987年福岡県生まれ。2010年より「写真と身体の関係性を追求するカンパニー」であるヒッピー部を主宰し、以降全作品の写真・構成・演出を手がける。2013年『Z/G』にて初個展以降、三野個人名義での展示/パフォーマンス作品を発表。主な作品に『Prepared for film』(SNAC&G/P gallery、2014)、『Z/G』(G/P gallery、2013)等。主な出版物に『Z/G』(artbeat publishers、2014)。www.aratamino.com



七里圭(映画監督)
早大在学中から約10年の助監督を経て2004年『のんきな姉さん』で監督デビュー。主要作に『ホッテントットエプロン-スケッチ』(06)『眠り姫』(07)『映画としての音楽』(14)。短編『DUBHOUSE』(12)が、2013年の25FPS国際映画祭でグランプリ。近年はアクースモニウムを用いた上映パフォーマンスや「音から作る映画」プロジェクトなどにも取り組んでいる。
Back to Top