映画『野生のなまはげ』イベント上映

2015/9/23(水・祝)15:45開場/16:15上映※上映後イベントあり(15分程度)  11/5(木)17:45開場/18:15上映開始 19:45開場/20:15上映開始 ※上映時間86分

yaseino-namahage
日時
2015/9/23(水・祝)15:45開場/16:15上映※上映後イベントあり(15分程度)  11/5(木)17:45開場/18:15上映開始 19:45開場/20:15上映開始 ※上映時間86分
料金
前売り¥1,500/当日¥1,800/高校生以下¥1,000
会場
FACTORY(1F)
リンク


9/23トークイベント開催
以下ホームページのお問い合わせフォーム または以下のメールアドレスからご予約可能です。
公式HP
yaseinonamahage@gmail.com


【あらすじ】
現在、日本。
野生のなまはげ(300歳♂)は、ある日罠にかかり捕獲されてしまう が輸送中に逃走、東京近郊に迷い込む。いつもいたずらばかりしている少年、麻生守(11歳)と出会ったなまはげは、なりゆきで守の家に居座り一緒に暮らすことに。すぐ子供を脅かしてしまう制御不能な野生のなまはげ。動物嫌いな母。見つからないよう悪戦苦闘する守。そんなとき、ニュースに取り上げられたことがきっかけでなまはげが悪徳ペットショップにさらわれてしまう…。




【監督新井健市、作品について】
私は秋田県出身ではないですが、かねてから「なまはげ」という存在に興味がありました。
包丁を片手に、鬼のような恐ろしい形相で「悪い子いねがー」と脅かしてくる神様は、誰もが興味をそそられる魅力的な存在なのではないでしょうか。
話は変わりますが、日本では古来よりオオカミが信仰の対象となって来ました。
私の地元の近くにもオオカミ信仰で有名な神社があります。
そのような経緯から、なんとなくオオカミと少年との交流を描いた話を考えていた時、ふと、日本人にとってオオカミとなまはげが似たような存在なのではないだろうかということに気づきました。
そして、是非それを映像にしてみたくなり「野生のなまはげ」を製作した次第です。
この作品は、ファンタジックコメディ映画です。
笑いやファンタジー要素を詰め込み、誰もが楽しめる作品を目指しました。たくさんの人に観て頂けたら幸いです。


【新井健市】
1972年埼玉県生まれ。16年前から映画製作を始め、シナリオセンター、ニューシネマワークショップ等で学ぶ。サラリーマンをしながら、コメディー映画を中心に10本の映画を制作。
【キャストスタッフ】
麻生守:中島蓮
山田幸一(教授):今谷フトシ
麻生みつ子:長宗我部陽子/佐藤サトシ:網川凛/佐藤マサシ:金子宏貴/藤原金蔵:筧十蔵/金子(守の実父):真田幹也
なまはげ:ほりかわひろき
アイハラミホ、ロバート・ザッカーマン、細井学、大島わくり、岡本裕輝、辻野正樹、村田啓治、市原叶晤、六串しずか、矢島康美、島崎裕気


『野生のなまはげ』
上映時間:86 分/ジャンル:ファンタジックコメディー/形式:実写(カラー・デジタルシネマ)
脚本・監督:新井健市
プロデューサー:篠原雄介、鈴木慎太郎
撮影・編集:篠原雄介
特殊撮影:楊 珂
音楽:松野恭平
録音:奥山竜輝、内田達也 
助監督:森克行
小道具:佐藤美百季
大道具:並木陽介
なまはげ造形:土肥良成
ヘアメイク:須見由樹子
スチール:大石ちひろ
宣伝美術:林裕也
制作:青木康至、石澤舞、吉田真由香
エグゼクティブプロデューサー:有馬浩司、江尻真奈美、渡辺正和
制作:フリーライディング
製作「野生のなまはげ」製作委員会
Back to Top