映画『もしも建物が話せたら』先行上映イベント【第1回:建築と映画の関係について】ゲスト:小野弘人・西尾玲子(建築家・atelier nishikata共同主宰)、長島明夫(『建築と日常』編集者)

2/8(月)19:15開場/19:30上映 上映後トーク ※受付開始時刻は18:15から 

c_ヴィム・ヴェンダース_007_s
日時
2/8(月)19:15開場/19:30上映 上映後トーク ※受付開始時刻は18:15から 
料金
一般:1,500/学生:1,300/アップリンク会員:1,300(※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外、前売り券使用不可)
会場
FACTORY(1F)
リンク

第1回:建築と映画の関係について

ゲスト:小野弘人・西尾玲子(建築家・atelier nishikata共同主宰)、長島明夫(『建築と日常』編集者)

上映作品:ヴィム・ヴェンダース監督「ベルリン・フィルハーモニー」、ロバート・レッドフォード監督「ソーク研究所」(*上映は2作品のみ)


映画『もしも建物が話せたら』では、ふだん映画のなかで背景になっている建物が主役になってしゃべりだします。

建築を映画で描くということは一体どういうことなのか。
建築と映画の関係とは。

ゲストには建築家・atelier nishikata共同主宰の小野弘人さん西尾玲子さんと雑誌『建築と日常』を編集・発行する長島明夫さんをお招きいたします。
建築を専門としながら映画に対する造詣も深い3人が選んだ作品はヴィム・ヴェンダース監督『ベルリン・フィルハーモニー』、ロバート・レッドフォード監督『ソーク研究所』。ふたつの名作建築を​捉えた作品に焦点をあてお話いただきます。

【プロフィール】
■小野弘人|建築家
atelier nishikata共同主宰(代表作「淡路町の家」「4 episodes」)。西尾玲子とともに『映画空間400選』(INAX出版)にて執筆。好きな映画監督は、ハワード・ホークス、小津安二郎、ロベルト・ロッセリーニなど。建築的視点による映画分析「ロッセリーニ『無防備都市』──扉の運動」をホームページで公開中。公式HP

■西尾玲子|建築家
atelier nishikata共同主宰。好きな映画監督は、ロベルト・ロッセリーニ、アルフレッド・ヒッチコックなど。最近の好きな映画は『国道20号線』(富田克也監督)、『共喰い』(青山真治監督)。

■長島明夫|編集者
2009年より個人雑誌『建築と日常』を編集・発行する。2011年には雑誌『NOBODY』の結城秀勇との共編で『映画空間400選』(INAX出版)を刊行。好きな映画監督は、ホン・サンス、エリック・ロメール、ジョン・カサヴェテス、川島雄三など。公式HP


『もしも建物が話せたら』(2014年/ドイツ、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、フランス、アメリカ、日本/165分/英語/Color/16:9/DCP)
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース
監督:ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリ
ン、カリム・アイノズ
製作・提供:WOWOW
配給・宣伝:アップリンク



Back to Top