『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』公開記念トーク付き上映​VOL.3​「​ジェームス・ブラウン徹底解説! ~ソウルサーチャーとメロウな夜~​」​ゲスト:吉岡正晴(音楽評論家/DJ)×松尾潔(音楽プロデューサー)​

7月1日(金)18:45開場/19:00上映(上映終了後トークイベントスタート)※受付開始時刻は17:45からとなります

【告知画像】0701_1
©2014 Mr. Dynamite L.L.C.
日時
7月1日(金)18:45開場/19:00上映(上映終了後トークイベントスタート)※受付開始時刻は17:45からとなります
料金
一律¥1,800 (※特別興行の為、パスポート会員使用不可、サービスデー適応外。前売り券ご利用の方は差額300円で参加いただけます)
会場
FACTORY(1F)
リンク

トークゲスト:吉岡正晴(音楽評論家/DJ)×松尾潔(音楽プロデューサー)


ジェームズ・ブラウンの没後10周年となる2016年。日本におけるブラックミュージック分野のオーソリティーであり、20年来のご友人でもある音楽評論家・吉岡正晴さんと音楽プロデューサー・松尾潔さんのお二方をお招きし、映画とともにあらためてJBを振り返っていただきます!かつてJBに面会したこともあるお二方による、どこまでもディープで親密なJBトークをお届けします!!!



吉岡正晴(音楽評論家/DJ)

東京生まれ。ソウル、R&B、ブラック、ダンス・ミュージックを得意とする音楽ジャーナリスト、評論家、翻訳家DJ。執筆したブラック・ミュージック系ライナーノーツは1300枚を超える。ソウル・ミュージックの楽しさを広めるために「ソウル・サーチン」をキーワードにイヴェント「ソウル・サーチン:ザ・セッション」、ウェッブ(「ソウル・サーチン」)などを展開、情報発信中。ジェームス・ブラウンは1974年に初面会以来、面会多数、インタヴュー複数回、サウス・キャロライナの自宅にも訪問している。電子書籍で『ソウル・サーチン』(アルスロンガ)を2012年7月末からリリース開始。『マイケル・ジャクソン全記録1958-2009』(ユーメイド)、『マーヴィン・ゲイ物語~引き裂かれたソウル』(ブルース・インターアクション)、『モータウンわが愛と夢~ベリー・ゴーディー物語』(東京FM出版)などがある。

ライヴ・レヴューやソウル・ミュージックの最新情報について詳しい毎日更新ブログ
http://ameblo.jp/soulsearchin/
HP「ソウル・サーチン」
http://www.soulsearchin.com/


松尾潔(音楽プロデューサー)

音楽プロデューサー / 作詞家 / 作曲家。1968年生まれ。福岡県出身。早稲田大学在学中よりR&B/HIP HOPを主な対象としてライター活動を展開。ジェイムズ・ブラウン、クインシー・ジョーンズ、ルーサー・ヴァンドロス等の大物アーティストの現地インタビューを数多く経験。久保田利伸との交流をきっかけに90年代半ばから音楽制作に携わり、平井堅、CHEMISTRY、JUJU、東方神起などを手がけ成功に導いた。2008年にEXILE「Ti Amo」(作詞/作曲/プロデュース)で第50回日本レコード大賞、2011年にJUJU「この夜を止めてよ」(作詞/プロデュース)で第53回同賞優秀作品賞を受賞するなど、ヒット曲、受賞歴多数。プロデューサー、ソングライターとして提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。2014年、初めての音楽エッセイ集『松尾潔のメロウな日々』を上梓。翌2015年には続編となる『松尾潔のメロウな季節』を出版した。NHK-FMの人気番組『松尾潔のメロウな夜』は放送7年目を迎える。

松尾潔公式ツイッター
https://twitter.com/kiyoshimatsuo


▼上映作品
『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』



(2014年/アメリカ/115分/カラー/16:9/DCP)

脚本・監督︓アレックス・ギブニー
プロデューサー:ミック・ジャガー
出演:ジェームス・ブラウン、ミック・ジャガー、アル・シャープトン、メイシオ・パーカー、メルビン・パーカー、クライド・スタブルフィールド、アルフレッド“ピーウィー”エリス、マーサ・ハイ、ダニー・レイ、ブーツィー・コリンズ、フレッド・ウェズリー、チャックD、アーミア“ クエストラブ” トンプソン
配給:アップリンク
原題︓MR. DYNAMITE:THE RISE OF JAMES BROWN
Back to Top