ドキュメンタリー映画『無名の人々 ── 回復者の顔と声』+パネルディスカッション

11月14日(月)18:00開場 / 18:30開演(21:30終了予定)

09222012_S001_S001_T045.MOV
毎年9月の回復月間に全米各地で行われるリカバリーウォーク(パレード)の様子。
日時
11月14日(月)18:00開場 / 18:30開演(21:30終了予定)
料金
一律¥2,000(1ドリンク付き)
会場
FACTORY(1F)

アメリカ社会におけるアルコール等の依存症の問題と、その回復擁護運動の歩みを追ったドキュメンタリー映画『無名の人々―― 回復者の顔と声』を本邦初上映。併せて、依存症問題の解決をテーマにパネルデスカッションを開催。



OPEN FACTORY企画


【第1部】ドキュメンタリー映画上映

▼上映作品

『無名の人々 ── 回復者の顔と声』(原題:The Anonymous People)




(2013年/88分/英語/日本語字幕)
監督:グレッグ・ウィリアムズ


【第2部】パネルディスカッション

テーマ:「依存症問題の解決――自分を変える、社会を変える」


▼登壇者

松本俊彦(精神科医、国立精神・神経医療研究センター部長)
今成知美(NPO法人アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)代表)
笹井健次(アルコール依存症長期回復者)
司会:田中紀子(一般社団法人ギャンブル依存症問題を考える会代表)




ドキュメンタリー映画『無名の人々――回復者の顔と声』について


 この映画は20年ほどに前にアメリカで始まった新しい回復擁護運動(New Recovery Advocacy Movement)のチャレンジとその成果を伝える長編ドキュメンタリーです。依存症によって深刻なダメージを受け続けてきたアメリカが、いま回復しやすい社会へと着実な変化を始めています。

 アメリカのアルコール/薬物依存症者の人数は5000万人、そのうちの2350万人が回復しているというのです。実に50%弱です。対して日本は、アルコール/薬物依存症者300~400万人中、回復者は10万人未満(推定)で、3%程度です。なんという違いでしょうか! アメリカで何が起きているのでしょうか? 

 この映画は新しい回復擁護運動はどのようにして始まり、何を目指し、何に取り組んでいるかを伝えています。日本の重要な健康問題の一つである依存症問題の解決に関心を持つ人々に勇気と希望を、そして貴重な示唆を与えてくれる映画です。


『無名の人々 ── 回復者の顔と声』上映実行委員会
(本上映会主催者)
Back to Top