This is チェコアニメ! 2018

2018年3月3日(土)①16:00~②19:30~/5月19日(土)①16:00~②19:30~/8月18日(土)①16:00~②19:30~/11月17日(土)①16:00~②19:30~

TICA2017秋特別版_B2ポスター_ol_re
日時
2018年3月3日(土)①16:00~②19:30~/5月19日(土)①16:00~②19:30~/8月18日(土)①16:00~②19:30~/11月17日(土)①16:00~②19:30~
料金
¥1800(ドリンク付)
会場
FACTORY(1F)
リンク
日程
時間
3月3日(土)

16:00~18:30

購入する

19:30~22:00

購入する

5月19日(土)

16:00~18:30

購入する

19:30~22:00

購入する

8月18日(土)

16:00~18:30

購入する

19:30~22:00

購入する

11月17日(土)

16:00~18:30

購入する

19:30~22:00

購入する

アップリンク&チェコチェコランド presents
This is チェコアニメ!スーパーセレクション
~チェコアニメ大晩餐会~


5年目を迎えましたチェコアニメの上映とトークのイベント、
アップリンク渋谷の「This is チェコアニメ!」。
“東のディズニー”と呼ばれるチェコアニメは詩的でファンタジックで「チェコアニメは芸術だ!」と世界中から高い評価を受け、カンヌやベネツィアなどの国際映画祭での受賞歴も豊富で数々の名作が誕生しました。
そんなチェコアニメの中でも特選したものを上映いたします!
そして上映後は、少し休憩をはさみ、おそらく世界で唯一、チェコアニメだけのビジネスを行っている人物、“チェコアニメに命を捧げた男”アットアームズの眞部(まなべ)の出番です。
日ごろ、チェコの権利元や作家、作家の遺族と壮絶な交渉を行っている眞部だけが知っているチェコアニメの舞台裏を激しく、そして大爆笑の内容でお届けします。
初めてチェコアニメをご覧いただく皆様も眞部のトークで、チェコアニメの深い理解と面白さを楽しんでいただけます!
2018年は、約3か月に一度の4日開催!そして1日2回のダブルヘッダーです!
チェコアニメと言えば、セル画による”絵のアニメ“と人形のコマ撮りアニメが有名です。さらに優しく心温まる作品、芸術性の高い作品、シュールでブラックなユーモアが楽しい作品など様々な魅力がございます。
今回【可愛くて心温まる絵のアニメ】と【シュールで楽しい絵のアニメ】と【可愛くて楽しい人形アニメ】、【芸術性が高く見応えのある人形アニメ】の4つのプログラムを作りました!どの作品もそれぞれのジャンルを代表する作品ばかりです!
まさにチェコアニメの大晩餐会です!是非、ご堪能ください!


☆3月3日(土)①16:00~ ②19:30~
≪優しさあふれる心温まる絵のアニメ特選集≫(上映時間70分)
チェコを代表する作家の優しい絵のアニメを特選しました!
クルテクを始め、作者のズデニェック・ミレルの可愛い作品。
アマールカ、チャペック、パレチェク、さらには今回、
ヨゼフ・ラダのアニメまで登場します!
チェコの全ての”おとぎ話“がこのプログラムにあります!

1.もぐらくんとマッチばこ(1974年/6分)
監督・美術ズデニェック・ミレル

2.しりたがりワンちゃんと水(1960年/10分)
監督・美術ズデニェック・ミレル

3.コオロギくんとクモ(1978年/5分)
監督・美術ズデニェック・ミレル

4.森の妖精アマールカ~大男にプロポーズされた日~(1973年/7分)
監督・美術ヴァーツラフ・ベドジフ

5.けしのみ太郎~キノコとりの名人はだれ?(1982年/7分)
美術ヨゼフ・パレチェク

6.カシュパーレクとホンザ~やせっぽっちな悪魔の話~(1979年/7分)
美術ヨゼフ・パレチェク

7.わらべうた(1948年/8分)
画ヨゼフ・ラダ

8.宿無しフランチシェクの話(1972年/12分)
文カレル・チャペック 画ヨゼフ・チャペック

9.こいぬとこねこはいつも一緒~やぶけたズボンのお話~(8分)
作・画ヨゼフ・チャペック




5/19(土)①16:00~ ②19:30~
≪可愛くてたまらない人形アニメ特選集≫(上映時間70分)
チェコアニメと言えば“人形アニメ”!チェコアニメと言えば
“詩”と“ファンタジー”!そのチェコアニメを築いた
伝説の巨匠イジー・トルンカ、ブジェチスラフ・ポヤル、
ヘルミーナ・ティールロヴァーの芸術性が高く楽しいアニメを
特選しました!しかも、今回、クルテクのズデニェック・ミレルが
作った人形アニメも登場!こんな贅沢なプログラムはございません!

1.クチャ―セクとクティルカ(1954年/18分)
監督・美術イジー・トルンカ

2.ふしぎな庭~クジラのラジク~(1977/14分)
監督ブジェチスラフ・ポヤル 美術ミロスラフ・シュチェパーネク

3.ぼくらとあそぼう!~セイウチのはなし~(1970年/13分)
監督ブジェチスラフ・ポヤル 美術ミロスラフ・シュチェパーネク

4.あかずきん(1948年/7分)
監督・美術ズデニェック・ミレル

5.まいごのにんぎょう(1959年/18分)
監督ヘルミーナ・ティールロヴァー




☆8/18(土)①16:00~ ②19:30~
≪シュールで楽しい絵のアニメ特選集≫(上映時間74分)
日本では有り得ない”シュールでブラック“な作品集!
現代作家の重鎮、パヴェル・コウツキー、ミハエラ・パヴラートヴァーの作品に加え、
”ブラックユーモアの旗手“ヴァーツラフ・ベドジフ、ズデニェック・スメタナの
作品、さらにはチェコアニメの巨匠中の巨匠、イジー・トルンカのブラックユーモア、
そして、“子供向けアニメの父”クルテクのズデニェック・ミレルのシュール作品まで
収録されたプログラム!チェコの千年以上の歴史に受け継がれる“シュール”の
集大成がこのプログラム!そして全作品、巨匠たちの代表作です!

1.ばね男とSS(1946年/14分)※モノクロです。
監督・美術イジー・トルンカ

2.おじいさんは40人(1962年/8分)
監督ヴァーツラフ・ベドジフ 美術ミロスラフ・シュチェパーネク

3.タフなビリーとジャイアントモスキート(1971年/10分)
監督ヴァーツラフ・ベドジフ 美術ミロスラフ・シュチェパーネク

4.履歴書(1986年/10分)
監督・美術パヴェル・コウツキー

5.カタストロフィー(1984年/7分)
監督・美術パヴェル・コウツキー

6.夫婦生活(1987年/4分)
監督・美術ミハエラ・パヴラートヴァー

7.クロスワード(1988年/5分)
監督・美術ミハエラ・パヴラートヴァー

8.エンド・オブ・ザ・キューブ(1979年/5分)
監督・美術ズデニェック・スメタナ

9.誰が一番強いのか?(1951年/11分)
監督ズデニェック・ミレル




☆11/17(土)①16:00~ ②19:30~
≪これぞ詩と芸術の人形アニメ特選集≫(上映時間75分)
ある意味このプログラムが“チェコアニメの代表するプログラム”と
言って過言ではございません。トルンカ、ポヤル、ティールロヴァーの代表作、
そして人形アニメではございませんが、イジー・バルタの21世紀の作品まで
チェコアニメ70年の代表作を揃えました。
トルンカの遺作「手」、ポヤル自ら代表作と言った「りんごのお姫さま」と「飲みすぎた一杯」、ティールロヴァーの劇場初公開の「さんごのおはなし」、
そしてバルタの「雪女」など、極上のプログラム!
まさに“This is チェコアニメ!”。

1.さんごのおはなし(1968年/9分)≪日本劇場初公開≫
監督ヘルミーナ・ティールロヴァー

2.飲みすぎた一杯(1953年/19分)
監督ジェチスラフ・ポヤル 美術イジー・トルンカ

3.りんごのお姫様(1973年/14分)
監督ブジェチスラフ・ポヤル 美術ミロスラフ・シュチェパーネク

4.雪女(字幕)(2012年/14分)
監督・美術イジー・バルタ

5.手(1965年/18分)
監督・美術イジー・トルンカ

【チェコアニメに命を捧げる男とは?】
365日24時間、常にチェコのアニメや絵本のビジネスに奔走する男、
アットアームズの眞部学(まなべがく)。
チェコアニメの配給や大人気キャラクター森の妖精アマールカを日本に持ってきた上、
数々の問題をクリアしチェコ人気No.1のモグラのクルテクの日本での商品化に成功した人物。チェコのアニメと絵本のビジネスだけをしている世界唯一の人物!彼の熱っぽい言葉と愉快な人柄に触れてください!あっという間にチェコアニメの虜です!

配給:アットアームズ
Ⓒ Krátký Film Praha, a.s.
Ⓒ Země pohádek,a.s. ,Zdeněk Miler, Little Mole a. s.
Ⓒ V.Bedrich, B.Siska, Licence by Czech TV
Ⓒ Animation People, s.r.o.

Back to Top