「She is」×「夜空と交差する森の映画祭」✕「アップリンク」短編上映&BOOK TALKイベント

8月3日(金) 19:50開場/20:00開演

sheis
日時
8月3日(金) 19:50開場/20:00開演
料金
一律¥ 2,000
会場
FACTORY(1F)
日程
時間
8月3日(金)

20:00~21:30

購入する

自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ”She is”と、開催場所のシチュエーションを活かして一夜限りの幻想を作り上げる野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」とのコラボイベント開催!


”She is” の8月の特集である「刹那」をテーマに、アップリンクがセレクトした短編2作の上映と、テーマをさらに深める本をゲストが選ぶ「BOOK TALK」を開催します。

上映作品は、グザヴィエ・ドラン監督が15歳の時に主演した『鏡』とルシール・アザリロヴィック監督の『ネクター』という一瞬の輝きをとらえた短編2作。「BOOK TALK」には、『少女邂逅』が話題の映画監督・枝優花さん、「夜空と交差する森の映画祭」実行委員会のちばひなこさんにご登場いただきます。

今年の「夜空と交差する森の映画祭2018」は、サーキットとキャンプ場を併設した”ツインリンクもてぎ”にて 10月6日(土)に開催。5周年を迎える本年はテーマを「交差」とし、グザヴィエ・ドラン監督の『わたしはロランス』も上映を予定しています。

She is「BOOK TALK」
夜空と交差する森の映画祭2018


<BOOK TALK ゲスト>


・枝優花

1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身。映画監督、写真家。映画のスタッフをしながら、監督を務めた映画『少女邂逅』が新宿武蔵野館を始め全国公開が決定している。第42回香港国際映画祭に招待される。またSTU48デビューシングル「暗闇」のMVを監督も務めた。そして今年の夏には山戸結希監督企画の映画『21世紀の女の子』で再びメガホンを取る。また雑誌「装苑」にてコラム「主人公になれない私たちへ」を連載中。
https://twitter.com/edmm32
https://www.instagram.com/edmm32

・ちばひなこ(『夜空と交差する森の映画祭』代表補佐)
1996年東京生まれ。2015年より森の映画祭に携わり、コンセプト周りのサポートなどをしながら楽しく過ごしています。服と映画と本に囲まれて生きていきたいです。あとは、そぼろごはんが好きです。森の映画祭2018ではグッズショップも担当しています。
https://twitter.com/sgrznhg

・【モデレーター】野村由芽(She is)


<上映作品>


『鏡』(カナダ/14分/2006)
監督:エティエンヌ・デロシアーズ




思春期のジュリアンが、家族と避暑地で夏休みを過ごしているいるが、何もかもががしっくりこない。そんなある日、一人の青年と出会い・・・。思春期の多感な心の悩みや、自身の性への目覚めを、15歳のグザヴィエ・ドランが熱演。


『ネクター』(2014年/フランス/18分/カラー/スコープサイズ/DCP/原題:NECTAR)
監督:ルシール・アザリロヴィック




とある森の、とある部屋。
七人の女たちは慣れた手つきで、
ある儀式に勤しんでいた。
女王は自らの蜜を彼女たちに惜しみなく与え、
新たなる生命の輪を回す。

Back to Top