『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』

上映中~3/29(金)

SBS main
Copyright 2012 Company Films LLC all rights reserved.
日時
上映中~3/29(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
99分
リンク

今、映画業界全体で急速に進むデジタル革命を
大ヒット作を製作する巨匠たちが語るドキュメンタリー

キアヌ・リーブス製作によるデジタルシネマの未来




『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』(2012年/アメリカ/99分/英語)
およそ100年間の映画史において、唯一の記録フォーマットはフィルムだった。だが、過去20年間のデジタルシネマの台頭により、今やフィルムは消えつつある。本作は、デジタルとアナログが並存する現在を概観しながら、映画におけるデジタル革命を検証していく。

長年、俳優として表舞台に立つ一方、スクリーンの裏側でプロセスの変遷を見てきたキアヌ・リーブスが、自らホスト役となり、巨匠監督と映画関係者へのインタビューを通じて、映画史の過渡期である今を切り取る。マーティン・スコセッシ、ジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャー、デヴィッド・リンチ、クリストファー・ノーラン、スティーヴン・ソダーバーグほか当代きってのハリウッドの大物監督たちと、撮影監督、編集技師、カラーリスト、特殊効果技師をはじめとする映画制作者たちの貴重な証言から、映画制作の未来を探るドキュメンタリー。

                  Copyright 2012 Company Films LLC all rights reserved. 


Back to Top