『わたしたちの宣戦布告』

上映中 〜11月30日(金)

sensen
日時
上映中 〜11月30日(金)
料金
一般¥1,500 / 学生¥1,300 (平日学割¥1,000) / シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
100分
リンク

わずか10人のスタッフで100万人のフランスの観客を泣かせ、
そして勇気を与えたやみくもなまでの確信に満ちたパワフルな愛の物語!


出会った瞬間から恋に落ちたふたり、ロメオとジュリエット。息子アダムが誕生し、家族三人の幸せな生活が始まったが、アダムの様子がおかしいことに気づく。病院での診察の結果、アダムはラブドイド腫瘍という難病に侵されていることが発覚する。回復する可能性は10%…思いもよらぬ困難に打ちのめされるふたり。しかし、二人はお互いに励まし、助け合いながら、息子の病魔と闘って行く。

監督は本作が長編2作目となり、フランス本国ではファニーな個性派として活躍中の女優、ヴァレリー・ドンゼッリ。実際のカップルであったロメオ役のジェレミー・エルカイムとの実体験を、ユーモアをまじえ、たくましくポップに描いている。撮影は実際の病院で行われ、ジェレミーとヴァレリーの実子も成長したアダム役として登場している。




[関連記事]

病人だったら病人らしく、といった社会のレッテルに対しての反抗
『わたしたちの宣戦布告』主演・監督インタビュー(2012-09-01)


わずか10人のスタッフで奇跡の大ヒット、仏インディー映画『わたしたちの宣戦布告』(2012-09-08)

「トリュフォーの言うとおり映画とは過激なまでにパーソナルでなければならない」
『わたしたちの宣戦布告』ヴァレリー・ドンゼッリとジェレミー・エルカイムが制作の裏側を語る(2012-09-13)




『わたしたちの宣戦布告』(2011/フランス/100分/HD/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル)
監督 ヴァレリー・ドンゼッリ
出演:ヴァレリー・ドンゼッリ、ジェレミー・エルカイム
   セザール・デセックス、ガブリエル・エルカイム
配給:アップリンク
Back to Top