『イラン式料理本』

上映中 ~12/20(木)

『イラン式料理本』メイン
日時
上映中 ~12/20(木)
料金
一般¥1,600/学生¥1,300(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
72分
リンク

キッチンには、いつだって
笑いと涙というスパイスがあった。


新婚夫婦のキッチンから、ベテラン主婦の台所まで、さまざまなイラン人女性が披露する今晩の献立や、伝統的な家庭料理の作り方。
そこから浮かび上がるのは、男と女、嫁姑、家族というドラマ、
そしてイラン社会の‘‘今と昔‘‘。
さまざまな思い出とともに引き継がれる家庭料理は、
笑いや涙というスパイスによって、味わい深く熟成されていく。
イランを代表する鬼才モハマド・シニワール監督の最新作は、
誰もがとても魅力的で、家族がいとおしくなる、美味しい逸品。
2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭で「市民賞」「コミュニティシネマ賞」の2冠に輝いた秀作が、いよいよ日本で公開。


12月2日(日)13:00の回上映後、トーク&ライブ イベント開催!!

映画で取り扱われているイランの一般的な家庭の食文化についてや日本との共通性、違いをお話いただきます。また人形町OM CHAN TONEの協力のもと食材等もご用意いたします!

〜出演〜
Nahid Yoshinari
Persian Announcer, Narrator, singer

●Current Position
NHK Radio Japan, Persian section’s Announcer, 2001
●Activities
Persian singer, performing Persian, Japanese English songs
Writing poems
Attending in cultural activities
Member of MIFA (Megro-ku Friendship Association)



徳久ウィリアム
 ブラジル出身。声の拡張&新たな可能性を目指すボーカリスト。ホーメイやイランのタハリール唱法などの民族音楽的発声から、デス声、独自の「ノイズ声」まで、特殊な発声法のスペシャリスト。元「倍音S」。現在、TaikuhJikang、CharlieWilliams、P口琴ラボ、などのバンド活動をはじめ、即興演奏、前衛からポップスまで、年約120本のライブをこなす。また、「呼吸と声と身体」をテーマに、「クラヤミノtones」ほか、レクチャー、ワークショップ、個人レッスンやイベント企画も行なう。
twitter
http://william.air-nifty.com

〜協力〜
OM CHAN TONE(オムチャントーン)

 日本橋人形町CETエリアの端にあるでライブ、イベント、ワークショップ、パーティースペースをもちあわせたカフェ&バー。
ランチから夕食、終電近くまで、界隈のクリエイターや様々な人達が気軽に集まれるスペース自体をコミュニケーションツールとしてデザインすることを、かなりゆるくめざす。三階はカバン作家カガリユウスケの直営店としても機能中。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~omchantone


『イラン式料理本』(2010年/イラン/72 分/原題:Iranian Cookbook /英語・日本語)
監督・脚本・制作:モハマド・シルワー二 
撮影:フーマン・ベーマネシュ
編集:モハマド・セルワーニ、エスマイル・モンセフ
録音:ファルシード・ファラジ

日本語字幕:西村美須寿 /字幕監修:ショーレ・ゴルバリアン
配給:アニープラネット

▼『イラン式料理本』予告編


Back to Top