『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』

上映終了

EAMES_main_s
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
FACTORY(1F),X(2F)
作品分数
84分
リンク

1940~1960年代、アメリカの近代主義から生まれた新しいデザインの潮流“ミッドセンチュリー・モダン”の旗手、イームズ夫妻の素顔に迫ったドキュメンタリー。


建築事務所を構えていたチャールズ・イームズと、画家を目指していたレイ・カイザーは、運命的な出会いによって結婚し、以後、約40 年にわたって、20 世紀のデザイン界に数々の金字塔を二人で築き上げていく。世界的に知られるイームズ夫妻であるが、生前、彼らの私生活はほとんど明かされてこなかった。本作は、チャールズとレイの死後、初めて公にされる二人の往復書簡や写真、膨大な量の作品群、当時“イームズオフィス”にいたスタッフたちや家族へのインタビューと、二人の過去の映像を通じて、知られざるイームズ夫妻の側面を辿るドキュメンタリー映画である。ナレーションは俳優のジェームズ・フランコが務める。



『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』
(アメリカ/2011/英語/カラー&モノクロ/HDCAM/84分)
監督:ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー
編集:ダン・バーニール
ナレーター:ジェームズ・フランコ
原作:ジェイソン・コーン
共同プロデューサー: カミール・セバン・シュレイバー
音楽:ミカエル・ベーコン
製作:クエスト・プロダクション、ブレッドアンドバターフィルムズ
出演:ルシア(チャールズ・イームズの娘)、イームズ・デミトリオス(イームズの孫)、ポール・シュレイダー、リチャード・ソウル・ワーマン(TED 設立者)、ケヴィン・ロシェ(建築家)、ジェニーン・オッベウォール(イームズオフィス・デザイナー)、デボラ・サスマン(イームズオフィス・デザイナー)



Back to Top