ドキュメンタリー映画『最後の吉原芸者 四代目みな子姐さん 吉原最後の証言記録』

上映終了

IMG_2714
日時
上映終了
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
59分
リンク

イベントの詳細はこちらをご覧ください!

350年にわたる吉原の歴史を一身に背負った最後の吉原芸者を追ったドキュメンタリー



本作は、2010年に90歳で亡くなる直前まで現役で活躍した「吉原芸者 みな子姐さん」を、2005年の夏から2010年の1月まで密着して撮った映像記録である。

吉原という廓の中の引手茶屋という、現代で言う「お座敷」が、みな子姐さんのホームグラウンドであった。昭和33年(1958年)の売春防止法により、吉原の遊廓としての歴史は完全に幕を閉じたが、みな子姐さんは僅かに残された引手茶屋で芸を披露していた。さらに、それらの茶屋も平成10年(1998年)に全滅するが、お姐さんは「遠出」と言って吉原以外の花街のお座敷で活躍し続けた。

みな子姐さんの心と体にのみ息づいていた「吉原の記憶」を、カメラを通して記録したのがこの映像である。お手軽でバーチャルな文化がもてはやされる昨今、吉原芸者として80年を芸一筋に生きた彼女の姿は、我々にホンモノとは何かを問いかけてくる。



ドキュメンタリー映画『最後の吉原芸者 四代目みな子姐さん —吉原最後の証言記録—』(2013年/日本/59分)
撮影・編集・制作:安原眞琴
出演:四代目みな子(吉原芸者)、二三松(元吉原芸者)、聖子(浅草芸者)、七好(浅草芸者)、渡辺憲司ほか
協力:佐藤一彦、中野三敏ほか




Back to Top