『陸軍登戸研究所』

上映終了

満球テスト
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,400(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
FACTORY(1F),X(2F)
作品分数
180分
リンク

今、真実が明かされる!戦中の秘密・謀略戦の全貌!!


2012年キネマ旬報文化映画第三位

誰のために続けられた戦争だったのか?
戦前、極秘に進められていた防諜、謀略、秘密兵器の開発の拠点だった陸軍登戸研究所は、敗戦を迎え「証拠湮滅」の命令が下されて歴史から消えました。しかし、今日、当時の関係者が、そこで何が行われ作られていたかをようやく語り始め、殺人光線、生体実験への道、毒物・爆薬の研究、風船爆弾、生物・化学兵器、ニセ札製造と多岐にわたる研究の実態が明らかになりました。その成果は、陸軍中野学校を通じて果たされたものも多くありました。それぞれに携わった研究員、作業員、風船爆弾の製造の一翼を担った当時の女学生たち、陸軍中野学校OB、その他今聞いておかなければ抹殺されてしまう歴史を、勇気ある証言者たちがカメラの前に立ち、語った映像を6年以上の歳月をかけて追い続けた渾身のドキュメンタリーがこの「陸軍登戸研究所」です。


『陸軍登戸研究所』(2012年/日本/ドキュメンタリー/デジタルSD/カラー/180分)
プロデューサー・監督・編集:楠山忠之
撮影:新井愁一、長倉徳生、鈴木麻耶、楠山忠之
録音:渡辺蕗子
編集技術:長倉徳生
朗読:石原たみ
聞き手:石原たみ、渡辺蕗子、宮永和子、楠山忠之
ナレーション:楠山忠之
ムックリ演奏:宇佐照代



Back to Top