『ダブリンの時計職人』

上映終了

main
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 
会場
X(2F)
作品分数
94分 
リンク

3/29(土)初日来場者プレゼント

先着30名様にアイルランド紅茶「ビューリーズ」をプレゼント! 

3/30(日)2日目来場者プレゼント

先着50名様にアイルランドリキュール「ベイリーズ」をプレゼント!

3/26(水)『アイルランドナイト第2夜』

『ダブリンの時計職人』先行上映ライブ&トークショー!!

3/17(月)『アイルランドナイト第1夜』 の詳細はこちら>>


19:00~アイルランド音楽ライブ:
安井マリ(Linsul(リンスール))、畑内浩、吉井裕美


19:30~『ダブリンの時計職人』上映


21:00~ゲスト:
栩木伸明(早稲田大学文学学術院教授)、中村千晶(映画ジャーナリスト、ライター)


※ジェムソンアンバサダーによるジェムソンウィスキーサンプリングも行います!

『ONCE ダブリンの街角で』に続く、ダブリンを舞台にした心温まる感動作


ヨーロッパの小さな国『アイルランド』から届いた、
ウィスキーのように、心をポッと温めてくれる大人のハートフル・ストーリー


止まった時間をもう一度戻せたなら―。冬のアイルランドを舞台に不器用な大人たちの人生の再生を描く、ほろ苦いけれど心をポッと温めてくれるウィスキーのような物語。それは、時計職人フレッドがロンドンで失業し故郷ダブリンに戻ってくるところから始まる。職と家を失いホームレスとなったフレッドは、悲しい現実を受け止めきれず、落ち込んだ日々を送っていた。しかし “隣人”としてあらわれた青年カハルとの出会いで次第に新しい自分を発見していく。前向きに新生活を送っていたフレッドだが、ある日、小さな事件が起こる。偶然行ったスイミングプールで未亡人ピアノ教師ジュールスに一目ぼれしてしまったのだ。寂しげな雰囲気を持つ美しい彼女と何も持たないホームレスの自分、彼女との距離が縮まるにつれて自分の身の上を知られたくないと思い・・・。人生に立ち止り、戸惑いながらも、あきらめないフレッドが、カハルとジュールスの動かなくなった思い出の時計を直した時、3人の止まった心の秒針もゆっくりと動き出していく。

ベテラン俳優コルム・ミーニイ『ザ・コミットメンツ』と
『魔術師マーリン』で注目のコリン・モーガン出演で描くアイルランドの“今”


主人公フレッド役のコルム・ミーニイは『ザ・コミットメンツ』(91)、『スナッパー/私のパパはだれ』(93)からTVシリーズ『スタートレック』のマイルズ・オブライエン役まで演じるアイルランド国民から愛されるベテランの演技派。帰る場所を失い車上で生活する不器用な中年男性を、悲しさを含ませながらもユーモラスに演じている。TVドラマ『魔術師マーリン』のマーリン役で日本でも人気のコリン・モーガンが、明るく振舞いながらも心に傷を持つ青年カハル役を熱演している。ドキュメンタリー出身のダラ・バーン監督が描く、アイルランドの“今”。主人公フレッドは多くのホームレスの声から作り上げたキャラクター、彼の心の詩はまさにダブリンの片隅に住む人たちの声なき声を代弁している。


『ダブリンの時計職人』(2010年/アイルランド、フィンランド/94分) 
監督:ダラ・バーン
プロデューサー:ドミニク・ライト、ジャクリーン・ケリン
脚本:キーラン・クレイ
撮影:ジョン・コンロイ
美術:オーウェン・パワー
出演:コルム・ミーニー、コリン・モーガン、ミルカ・アフロス
製作:Ripple World Pictures Limited, Ireland 
後援:駐日アイルランド大使館



Back to Top