『特集 ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独』 ― 映画『パリ、ただよう花』公開記念上映

上映終了

1045764_5792_LJ-LH-JCBATEAU1
『スプリング・フィーバー』より
日時
上映終了
料金
1作品一律¥800 /『パリ、ただよう花』の半券をご提示で¥600!(K's cinemaの半券も使用可能) ※パスポート使用不可
会場
ROOM(2F)
作品分数
『ふたりの人魚』(83分)、『天安門、恋人たち』(140分)、『スプリング・フィーバー』(115分)
リンク
映画『パリ、ただよう花』の公開を記念して、これまで一貫して「愛と孤独」という人間の本質を、雑多な都市の日常の中で描いてきたロウ・イエ監督の珠玉の3作品『ふたりの人魚』、『天安門、恋人たち』、『スプリング・フィーバー』を特別上映する、“特集 ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独” を開催致します。


『ふたりの人魚』(2000/中国・ドイツ・日本/83分)※DVD上映


第29回ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード受賞、TOKYO FILMex2000最優秀作品賞受賞

現代の上海を舞台に、ビデオ・カメラマンの男とナイト・クラブで人魚を演じるメイメイ、運び屋のマーダーと彼の前から姿を消した少女ムーダン。失いかけた愛を探してさまよう恋人たちの物語。

1/5(日)、1/9(木)





『天安門、恋人たち』(2006/中国・フランス/140分)※DVD上映


第59回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品

天安門事件を背景に、時代に翻弄されながらも愛し合う男女の姿を過激な性描写を交えて描いた衝撃作。本作を中国当局の許可なくカンヌ国際映画祭で上映したため5年間の映画製作・上映を禁じられた。
予告編:http://on-msn.com/J3Oxea

1/4(土)、1/10(金)


『スプリング・フィーバー』(2009年/中国・フランス/115分)


第62回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞

『天安門、恋人たち』(06)で受けた5年間の映画製作・上映禁止の令を無視し、家庭用デジタルカメラでゲリラ撮影された本作は、まるで“春の嵐”により掻き乱された一夜を彷徨うかのような5人の男女の、欲望と絶望を描く。

1/6(月)、1/7(火)、1/8(水)





ロウ・イエ profile

1965年劇団員の両親のもと、上海に生まれる。1985年北京電影学院映画学科監督科に入学。『ふたりの人魚』(00)は中国国内で上映を禁止されながらも、ロッテルダム映画祭、TOKYO FILMeX2000でグランプリを獲得。1989年の天安門事件にまつわる出来事を扱った『天安門、恋人たち』(06)は、2006年カンヌ国際映画祭で上映された結果、5年間の映画製作・上映禁止処分となる。禁止処分の最中に、中国では未だタブー視されている同性愛を描いた『スプリング・フィーバー』は、第62回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した。本作『パリ、ただよう花』は第68回ヴェツィア国際映画祭のヴェニス・デイズ、および第36回トロント国際映画祭ヴァンガード部門に正式出品された。2011年に電影局の禁令が解け、中国本土に戻って撮影された『Mystery/浮城謎事(原題)』は、第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に正式招待。中国本土での劇場公開にあたっては、電影局から暴力シーンの削除を求められ、最終的に「監督署名権」を放棄し自分の名前をクレジットから外した。現在、中国現代文学の代表的作家でありロウ・イエと親しい友人でもあるピー・フェイウー(畢飛宇)の『Massage/按摩(原題)』を原作にした新作を製作中。
Back to Top