『~放射線を浴びた~X年後』

上映中~4/12(金)

000メイン
日時
上映中~4/12(金)
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
ROOM(2F)
作品分数
83分
リンク

1954年、南の海で水爆実験が行われた。被ばくマグロは廃棄され、漁師たちは病に倒れた。
その後、200万ドルと引き換えに、すべての魚が日本の食卓にあがった!X年後の驚くべき実態・・・

3.11後の日本に投げかける衝撃の告発
地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー


1954年アメリカが行ったビキニ水爆実験。当時、多くの日本の漁船が同じ海で操業していた。にもかかわらず、第五福龍丸以外の「被ばく」は、人々の記憶、そして歴史からもなぜか消し去られていった。闇に葬られようとしていたその重大事件に光をあてたのは、高知県の港町で地道な調査を続けた教師や高校生たちだった。その足跡を丹念にたどったあるローカル局のTVマンの8年にわたる長期取材のなかで、次々に明らかになっていく船員たちの衝撃的なその後・・・。
そして、ついにたどり着いた、 “機密文書”・・・そこには、日本にも及んだ深刻な汚染の記録があった。

南海放送(愛媛県松山市)では約8年にわたり、これまであまり知られることのなかった「もうひとつのビキニ事件」の実態を描いてきた。地元の被災漁民に聞き取りをする高知県の調査団との出会いがきっかけだった。制作した番組は「地方の時代映像祭 グランプリ」「民間放送連盟賞 優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞 大賞」など、多数受賞。2012年1月に「NNNドキュメント」(日本テレビ系列)で全国放送され反響を呼んだ『放射線を浴びたX年後』に新たな映像を加えた映画化。


『~放射線を浴びた~X年後』(2012年/日本/カラー/83分)
ナレーション:鈴木省吾
朗読:保持卓一郎
撮影:三本靖二、向井真澄
録音:山内登美子
企画:口羽則夫、宮部選
プロデューサー:大西康司
監督:伊東英朗



『~放射線を浴びた~X年後』予告編


Back to Top