戸田博レトロスペクティブ

上映終了

トンネル
日時
上映終了
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
リンク

『戸田監督の映画作りの情熱と上質な作風は私たちを魅了する!』

-リヨン映画祭(フランス)ディレクター:ジャンピエール・ジメネイズ

異能の映画監督 5作品厳選 世界23ヶ国35の映画祭で公式上映 18のアワードを獲得(全20作品)

人は苦しみ、そして必ず死を迎える…しかし、この限りある命にカメラを向けるときわたしの世界はひかり輝く


【上映作品】

『春雪 Snow in Spring』(2003年/77分/英語字幕付)

脚本/撮影/監督:戸田 博
音楽:長谷川美喜子
出演:山田昭二、山村克博


認知症の父親を引き取り4人暮らしを始めた家族。しかし彼のエスカレートしていく行動により一家の生活は徐々に崩壊していく。我慢の限界に達した時、家族はそれぞれの決断をする…。避けられない現実と家族の葛藤を描いた戸田監督の長編デビュー作。

マンハイム・ハイデルベルグ国際映画祭(ドイツ) 
リヨン映画祭 観客賞(フランス)
パピエミュール国際映画祭 グランプリ(フランス)


『九月の記憶 Memory of September』(2007年/83分/英語字幕付)

脚本/撮影/監督:戸田 博
音楽:長谷川美喜子
出演:目黒ゆかこ、山田昭二、山本弥生


人生に迷い疲れた者が導かれるように入って行く山。そこには、その者たちの望みを手助けし、山奥でひっそりと暮らす老夫婦がいた。果たしてその行いは優しさか?狂気か…?そしてまた、一人の女性が山へと向かう…。

サンパウロ国際映画祭(ブラジル)
リヨン映画祭(フランス)
ウルグアイ国際映画祭(ウルグアイ)
マーベッラ国際映画祭(スペイン)


『魚たちの夜 Night of Fish』(2010年/55分/英語字幕付)

脚本/撮影/監督:戸田 博
音楽:柏木美保
出演:岡山進一、山田昭二、山本弥生


革細工職人のお人好しの夫と心配性の妻。ある日夫は行き倒れの老人を連れ帰り世話をする。夫婦へのお礼に、仕事の手伝いを申し出て出掛けた老人だったが、なかなか戻ってこない。不安な夫婦をよそに彼が向かった先とは…。

モスクワ国際映画祭(ロシア)
フェスティバル・ネイションズ ブロンズ賞(オーストリア)
グリーンベイ国際映画祭 最優秀脚本賞(アメリカ)
アリゾナ国際映画祭(アメリカ)
リヨン映画祭 観客賞(フランス)  


『山の炎 Flame of Mountain』(2011年/62分/フランス語ナレーション/日本語字幕付)

脚本/撮影/監督:戸田 博
音楽:柏木美保
出演:山田昭二、山本弥生


社会の喧騒を逃れ山奥で暮らす一人の老人。彼は時折町に下りては自作の土笛を売り、食糧など必要な物を手に入れては再び山へ籠る生活を繰り返していた。そんなある日彼は町で奇妙な老女と出会う…。

モスクワ国際映画祭(ロシア)
フェスティバル・ネイションズ ブロンズ賞(オーストリア)
国際カルチャー映画祭(フランス)


『夏の叫び Shout of Summer』(2012年/75分/英語字幕付)

脚本/撮影/監督:戸田 博
音楽:柏木美保
出演:岡山進一、山本弥生、山田昭二


認知症の妻を介護しながら内職でつつましく生きてきた老人。しかし不景気で内職も失い、介護にも疲れが出てくる。この生活を終えようと二人は山奥に入って行くが、そこで一人の老人と出会う。現代社会が抱える重いテーマに迫った長編作品。

リヨン映画祭(フランス)
ジャイプール国際映画祭(インド)
デリー国際映画祭(インド)
【監督紹介:戸田 博】

1951年生まれ福井県出身。現在京都市在住。精神科の看護師の傍ら映画を撮り続けている。映画作りは全て独学と我流。カメラワークはフィックスを原則とし、独特の画面構成を配した映像は高い評価を受け、2003年の初めての長編作品『春雪』がドイツ、フランスの映画祭に同時に特別招待を受ける。
その後20の作品を制作、その全てが何れかの世界の映画祭(23カ国)に招待上映され、18のアワードを獲得。
Back to Top