韓国社会派映画監督 チョン・ジヨン特集

上映終了

Main_Namyeong-dong
『南営洞1985』より
日時
上映終了
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特集上映の為、パスポート使用不可
会場
X(2F)
作品分数
106分(『南営洞1985』)、157分(『南部軍』)
リンク

韓国きっての社会派監督・鄭智泳(チョン・ジヨン)の
日本未公開作品2本を一挙上映!


「韓国社会派映画監督 チョン・ジヨン特集」と題し、軍事政権下の韓国における警察の非人道的な取り調べを題材にした『南営洞1985』、朝鮮戦争時の山岳ゲリラをヒューマニティあふれるタッチで描いた『南部軍』の2作品を上映。共に、日本初公開となります。

★チョン・ジヨン監督来日記念イベント決定!

4月28日(月)18:30開場/19:00上映開始/上映後トークショー
上映作品:『南営洞1985~国家暴力、22日間の記録~』(2012/韓国/106分)
ゲスト:チョン・ジヨン監督

日本での劇場公開を祝して、鄭智泳(チョン・ジヨン)監督が来日。『南部軍』から『ホワイト・バッジ』、『折れた矢』、『南営洞1985』まで、30年に渡るフィルモグラフィーをレビューしつつ、民主化まもない韓国で体制批判的な映画を撮り続けてきた、不屈の人間像に迫ります。


<鄭智泳(チョン・ジヨン):プロフィール>
1946年、忠清北道清州生まれ。1988年、李泰の自伝的手記『南部軍』がベストセラーになり、これをチョン・ジヨンが映画化、異例のロングヒットとなり、1990年の国内興行成績2位を記録。92年、ベトナム戦争に参戦した韓国軍兵士の末路を描いた『白い戦争(邦題:ホワイトバッジ)』で、東京国際映画祭のグランプリおよび最優秀監督賞を受賞。94年の『ハリウッドキッズの生涯』では、映画業界を舞台にアメリカの文化的支配を批判した。2011年に、13年ぶりとなる監督作『折れた矢』を発表。実際の事件をモチーフに司法の腐敗を告発した作品は、観客動員300万人を超えるスマッシュヒットを記録する。そんな矢先、80年代民主化運動の闘士だった金槿泰が他界。チョン・ジヨンはその死を悼み、彼の自伝『南営洞』を映画化。折しも第12回大統領選挙とも重なり、民主化勢力の流れを汲む革新政党の候補者が鑑賞に訪れるなど、話題作となった。


【上映作品】

『南営洞1985~国家暴力、22日間の記録~』

(2012/韓国/106分)
民主化運動の中心人物であった金槿泰(キム・グンテ)の死去を受け、彼が残した自伝的手記を、韓国きっての社会派監督、鄭智泳が映画化したのが『南営洞1985』である。彼をモデルにした主人公、キム・ジョンテ役にパク・ウォンサン。冷血非道な拷問技師、イ・ドゥハンをイ・ギョンヨンが演じている。また、金槿泰と共に革新政権を支えた俳優のムン・ソングンも公安警察の上層部役で出演している。

本作が上映された2012年、韓国では第17代大統領選挙が行われ、60-70年代に軍事独裁を行った朴正煕の娘、朴槿恵と、革新陣営の文在寅が激戦を繰り広げた。本作からは、民主化の成果を水泡に帰してはならないという、韓国の人々の強い意志が伝わってくる。


<あらすじ>
1985 年、軍事政権下の韓国。民主化運動に身を投じていた金槿泰(キムグンテ)は、公安警察に不当逮捕され、22 日間の壮絶な拷問を受ける。この事実がアメリカの人権団体を通して国内にも知られるところとなり、軍事政権への不満が爆発。87 年の6・29 民主化宣言への呼び水となった。この事件を、韓国きっての社会派監督チョン・ジヨンが、故人への追悼と民主主義への希求の思いを込めて映画化した問題作。





『南部軍 愛と幻想のパルチザン』

(1990/韓国/157分)
李泰(イ・テ)の同名の手記の映画化。様々な経緯でパルチザンに加わる人々、そこで生まれる恋や人間模様。同胞同士の争いの虚しさに苛まれ、飢えや寒さ、伝染病に苦しみながら、極限状態で続けられる戦闘。そんな彼らの闘いは、南北間の休戦交渉でさえ顧みられることはなかった。

主人公のイ・テを演じるのは国民俳優、安聖基(アン・ソンギ)。彼と恋仲になる看護兵を、90年代韓国を代表する女優、崔真実(チェ・ジンシル)が演じている。また、イ・テを慕い、戦争の矛盾を吐露する文学青年を崔民秀(チェ・ミンス)が演じている。157分の大作にもかかわらず、韓国公開時にはその年の国内興行成績で2位に入るヒットとなった。同年の青龍映画賞で監督賞(チョン・ジヨン),男優主演賞(アン・ソンギ)、男優助演賞(チェ・ミンス)、新人女優賞(チェ・ジンシル)を受賞している。


<あらすじ>
朝鮮戦争の前後に、韓国南部の智異山を拠点に韓国軍に抵抗したパルチザン=南部軍を描く、ヒューマニズムあふれる戦争映画。大韓民国の建国に反対した彼らは「共匪」と呼ばれ、長らく歴史上のタブーとされてきた。そんなタブーに果敢に挑み、興行的にも成功した本作は、まさに歴史的大作と呼ぶにふさわしい。3年の製作期間を投じて映像に収められた、雄大かつ峻烈な智異山の景色も見どころである。



Back to Top