『史上最恐の劇場版』公開記念 “コワすぎ!祭”

上映終了

kowasugi_logo_nosub
(C)2012ニューセレクト
日時
上映終了
料金
一律¥1,000 ☆「コワすぎ!」スタンプラリーカードをお持ちの方は、2作目以降¥800 ※サービスデー、パスポート会員適応外
会場
X(2F)
リンク

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版』の公開を記念して、シリーズ全作品を一挙上映!!


★劇場でしか観れない「コワすぎ!」スピンオフ特別上映!!
「コワすぎ!」の謎を解く鍵がここに!!

※各回時系列順での上映となります。

『FILE-01 口裂け女捕獲作戦』+『FILE-01 Kudo’s Secret』
『FILE-02 震える幽霊』+『FILE-02 To the Other Side』
『FILE-03 人喰い河童伝説』+『FILE-03 GOOD-BYE』
『FILE-04 真相!トイレの花子さん』+『FILE-04 Mystery Man』
『劇場版・序章 【真説・四谷怪談 お岩の呪い】』+『劇場版・序章 Her Brother』

★コワすぎ!スタンプラリー実施!!

「コワすぎ!」シリーズ5作品+劇場版のうち、1作品ご鑑賞ごとにスタンプを1個押印致します。
☆スタンプ3個で工藤・市川・田代のサイン入り生写真セットをプレゼント(先着100名)
☆スタンプ6個で白石晃士監督・出演者サイン入り「史上最恐の劇場版」台本をプレゼント(先着50名)

★『コワすぎ!劇場版』イベント決定!!

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版』、怒涛のイベントが決定しました!

■4月26日(土)トークショー(18:10の回上映後/20:30の回上映前)
ゲスト:白石晃士監督×山下敦弘監督(『もらとりあむタマ子』『めちゃ怖』シリーズ)

■4月30日(水)トークショー(18:10の回上映後/20:30の回上映前)
ゲスト:白石晃士監督×松江哲明監督(『フラッシュバックメモリーズ3D』『あんにょん由美香』)

■5月3日(土)初日舞台挨拶
ゲスト:白石晃士監督、大迫茂生、久保山智夏、小明


■5月5日(月)トークショー
ゲスト:白石晃士監督×金子修介監督(『DEATH NOTE デスノート』『ガメラ 大怪獣空中決戦』)


※日程、ゲストは変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。


【上映作品】


「FILE-01 口裂け女捕獲作戦」(2012年/71分)

【STORY】ある映像制作会社に送られてきた1本のテープ。ディレクターの工藤は、アシスタントの市川と共にそのテープを再生してみた。そこには、トレンチコートを着た長髪の女が映っていた。そして口にはマスクをして何かブツブツとつぶやいている。そしてその女は突然ものすごい速さで走り出し、投稿者が逃げ出した所でテープは切れた。「マスク・コート・長身・足が速い…」全てのキーワードを当てはめると、それは日本で最も有名な都市伝説“口裂け女”の容貌そのものであった。工藤と市川は、この女の正体を確かめるべく、投稿者の元へと向かうが…。



「FILE-02 震える幽霊」(2012年/72分)

【STORY】制作会社のディレクター工藤とアシスタント市川が、今回取材に選んだ場所は「廃墟」。もちろんただの廃墟ではない。工藤は、投稿者から送られてきたテープを再生してみた。男女4人が廃墟で肝試しをしている映像が映る。彼らが持つ懐中電灯の明かりが廃墟の不気味な内部を照らし出す。突如チーン、チーンとリンを鳴らす音が聞こえ、さらにヒタヒタと何者かが近づいてくる音が聞こえる。その方向に明かりを照らすと、暗闇の中から異様に震える女の姿が現れる…。工藤は逃げ帰ってきた投稿者と共に、この“震える幽霊”の正体を確かめるべく、件の廃墟に向かうが…。



「FILE-03 人喰い河童伝説」(2012年/73分)

【STORY】前回の取材で昏睡状態となり、病院で療養中のディレクター工藤。そんな中、アシスタント市川の元に新たな投稿映像が届けられた。池で釣りをするカップルが映像に収めたのは、水面から現れた異形の生物。池のほとりには、猫の死体とキュウリの食べカスが残されていた。市川は、状況証拠から日本古来の妖怪“河童”と推測する。河童は空想上の生物と捉えられがちだが、実際には日本各地で多数の目撃情報が寄せられているのである。工藤不在の中、その真相を確かめるべく、市川はカメラマン田代、投稿者と共に件の池へと向かうが…。



「FILE-04 真相!トイレの花子さん」(2012年/74分)

【STORY】今回ディレクターの工藤が選んだ取材テーマは、都市伝説、あるいは学校の怪談としても有名な「トイレの花子さん」。投稿者から寄せられた映像には、廃校のトイレから飛び出してくる“何か”が映っていた。廃校となる以前、その学校では「トイレの花子さん」の噂が囁かれていたという。だが工藤は、カメラが捕えたある一部の映像を観て、単に“学校の怪談”として噂されるような生易しいものではない何かを感じていた。そして工藤たち取材班と投稿者たちは、その真相を確かめるべく件の廃校へと向かう。だがその場所で、思いも寄らない現象が、一行を待ち受けていた…。



「劇場版・序章 【真説・四谷怪談 お岩の呪い】」(2013年/71分)

【STORY】前回の「真相!トイレの花子さん」の取材にて、異世界の存在を確信したディレクターの工藤。そんな工藤の元に、新たな投稿映像が送られてくる。それは、ある映画のワンシーンに、顔が腫れたような女性の姿が映り込んでいるというものだった。投稿者である映画監督の話によると、その映画は「四谷怪談」を扱ったものだという。映像業界では、「四谷怪談」を扱う時はお祓いをしなければ、必ず現場に災厄が降りかかると言われている。しかし、その監督はお祓いをせず、さらに主演女優が音信不通となっているらしい。工藤と市川は、真相を確かめるべくその女優の家へと向かうが…。



出演:大迫茂生、久保山智夏、白石晃士

監督・脚本・撮影:白石晃士
製作総指揮:原啓二郎
プロデューサー:三上真弘、田坂公章
制作:ビデオプランニング
製作:ニューセレクト
配給:「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」上映委員会
(C)2012ニューセレクト



工藤Dの等身大フィギュアをロビーに設置!!!
Back to Top