『マダム・イン・ニューヨーク』

上映終了

MINY_main_tr
(C)Eros International Ltd.
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
134分
リンク

世界の幸せは
ちょっとのスパイスでできている



これまでのインド映画のイメージを新しく変え、洗練された語り口で、世界中の女性にエールを送る珠玉作『マダム・イン・ニューヨーク』(英題: English Vinglish)。
主演を務めるのはインドの国民的大女優、シュリデヴィ。監督のガウリ・シンデーは、本作が長編デビュー作。インドのアカデミー賞と称されるフィルム・フェア賞で、最優秀新人監督賞に選ばれるなど、ハリウッドを凌駕する映画大国インドにおいて、今もっとも注目を集める女性監督である。世界各国で公開されると「まるでこれは私!」「コレってある、ある、ある!」の声が女性から続出し、世界中の女性たちの共感を呼び大ヒット。女性たちにエールを送る感動作がついに日本上陸!



【ストーリー】
シャシは、二人の子供と夫のために尽くす、ごく普通の主婦。彼女の悩みは、家族の中で自分だけ英語ができないこと。夫や子供たちにからかわれ、傷ついていた。姪の結婚式の手伝いで一人NYへ旅立ち、英語ができず打ちひしがれている彼女の目に飛び込んできたのは「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告。仲間とともに英語を学んでいくうちに、夫に頼るだけの主婦から、ひとりの人間として自信を取り戻し始めていたのだが、学校に行っている間に幼い息子がケガをしてしまい、彼女は母親としての自覚、責任の無さに愕然とし、卒業を目前に学校へ通うことを諦めてしまう…。




『マダム・イン・ニューヨーク』(2012年/インド/ヒンディー語・英語/スコープサイズ/134分/英題:English Vinglish)
監督・脚本:ガウリ・シンデー
出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、アミターブ・バッチャン、メーディ・ネブー、プリヤ・アーナンド
提供:ビオスコープ、アミューズソフトエンタテインメント、彩プロ
配給:彩プロ 
宣伝:村井卓実、アルゴ・ピクチャーズ 
後援:駐日インド大使館 
協力:エア インディア 
字幕:石田泰子
(C)Eros International Ltd.



Back to Top