『ある優しき殺人者の記録』

上映終了

ある優しき_メイン軽
©NIKKATSU、ZOA FILMS
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
86分
リンク

トークショー開催決定!


日時:9/29(月)19:30の回上映後
ゲスト:大畑創(映画監督)、田口清隆(映画監督)、白石晃士監督

初日舞台挨拶決定!


9/20(土)18:50の回上映後
ゲスト:白石晃士監督

☆『殺人ワークショップ』&『ある優しき殺人者の記録』公開記念チケット半券割引実施!

『ある優しき殺人者の記録』のチケット半券のご提示もしくは『殺人ワークショップ』との2作品のハシゴ鑑賞で、『殺人ワークショップ』のチケットが一般当日料金¥1,600より200円引きで¥1,400になります!

ラストの衝撃は、感知不能。
オール韓国ロケ、残虐なサスペンス・スリラー


場所は韓国。障害者施設を脱走し、18人を殺害した疑いのある男から一本の電話を受け訪れた場所は廃屋マンション。映像には、その密室で起こった全てが記録されている・・・。

今やホラーの一大ジャンルを築いたP.O.V(Point of view:主観映像)方式で撮影された本作は、世界一POV作品を手がける第一人者であり、熱狂的なファンをもつ鬼才・白石晃士監督の最新作。『息もできない』のキムコッビ、葵つかさらが出演し、撮影はオール韓国ロケで行われた。韓国語と日本語が、怒号や悲鳴と共に飛び交う惨劇は、衝撃のクライマックスへと展開していく・・・。

恐怖に迫る圧倒的な暴力性や、生々しいエロスといった白石晃士監督の宝刀は高純度のまま、さらに、全く違う場所に着地させるといった異次元の衝撃を作り出し、まさに白石晃士の真骨頂作品が誕生した。


『ある優しき殺人者の記録』(2014/日本、韓国/カラー/86分/DCP/16:9)
出演:ヨン・ジェウク、キム・コッビ、葵つかさ、米村亮太朗
監督・脚本・撮影:白石晃士
配給:ティ・ジョイ、日活
提供:日活
©NIKKATSU、ZOA FILMS
Back to Top