『二重生活』

上映終了

main1
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
98分
リンク

カンヌ国際映画祭ある視点部門のオープニング作品として上映され、そのミステリーな展開に会場を驚きの渦に巻き込んだ、ロウ・イエ監督史上、最もスキャンダラスなエンタテインメント作!


“愛と孤独に揺れる心”を描き続けてきた映画界の詩人ロウ・イエが、中国大手BBSサイトに投稿された夫の浮気に苦しむ女性の話をヒントに、盟友メイ・フォン(『スプリング・フィーバー』脚本)、チン・ハオ(『スプリング・フィーバー』主演)、ハオ・レイ(『天安門、恋人たち』主演)らと作り上げた本作は、第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門のオープニング作品として上映され、その複雑で予測できない人間模様と、時に笑いを誘うほどの大胆な展開で会場を驚きの渦に巻き込み、熱狂的に支持された。「中国では二重生活をしている人が多くいる」と監督が語るように、現代中国社会のダブルスタンダードや、一人っ子政策の弊害という問題をも浮き彫りにしつつも、激しい感情のぶつかり合いをロウ・イエ作品独特の漂うようなカメラワークで描き、一流のエンタテインメントに仕立て上げた。
(※2014年春、都市部より順次、「夫婦のどちらかが一人っ子の場合は二人目の出産を認める」として、一人っ子政策の緩和が開始された)

  
とある事件。被害者の女性と数時間前まで一緒にいた男は、二つの家庭を持っていた。
予測不能の<メロドラマ・ミステリー>!!!

優しい夫と可愛い娘。夫婦で共同経営する会社も好調で、なにも不自由のない満ち足りた生活を送る女ルージエ。愛人として息子と慎ましく生活しながらも、いつかは本妻に、と願う女サンチー。流されるまま二人の女性とそれぞれの家庭を作り、二つの家庭で生活する男ヨンチャオ。
いびつながらも平穏に見えたそれぞれの日常は、ほんの少しの出来事でいとも簡単に崩壊し、その事件は起きた。「二重生活」が原因で巻き起こる事件、さらにそれが新たな事件を生み、事態は複雑になっていく。3人の男女、事件を追う刑事、そして死んだ女。それぞれの思わくと事情が何層にも重なりあい、物語はスリリングに進んで行く。


2012年カンヌ国際映画祭“ある視点部門”オープニング作品
2012年シッチェス・カタロニア国際映画祭出品作品
2013年アジアン・フィルム・アワード 作品賞・脚本賞・新人賞受賞
2013年中国映画メディア大賞 新人賞受賞
2012年台湾・金馬奨 新人賞・音楽賞受賞


【STORY】
中国中部に位置する湖北省の省都、武漢市。
ある雨の日、若者たちの乗る車が、一人の女性をはね、死なせる事故が起きた。

可愛い娘と優しい夫。ルージエはなにひとつ不自由のない生活をしていた。現在は子育てで休業中だが、夫と共同で経営している会社もうまくいっている。

ある日、ルージエは、娘アンアンの幼稚園のクラスメイトの男児、ユイハンの母サンチーに「夫に愛人がいるみたいなの」とカフェで相談を持ちかけられる。
ルージエがカフェの窓の外に目をやると、そこには自分の夫ヨンチャオが若い女とホテルから出てきて、キスをしている姿があった。
  
ヨンチャオに愛人がいると知ったルージエは、ヨンチャオの追跡をはじめる。携帯メールには出会い系サイトの履歴。この間とは違う女とのデート。そしてある日ヨンチャオが向かった先、それは、さきほどの若い女の家ではなく、サンチーの家だった。





『二重生活』(2012年/中国、フランス/98分/1:1.85/DCP/現題:浮城謎事/英題:Mystery)
キャスト:ハオ・レイ(『天安門、恋人たち』)、チン・ハオ(『スプリング・フィーバー』)、チー・シー、ズー・フォン、ジョウ・イエワン、チャン・ファンユアン、チュー・イン

監督・脚本・プロデュース:ロウ・イエ
脚本:メイ・フォン(『天安門、恋人たち』『スプリング・フィーバー』)、ユ・ファン
プロデュース:チェン・シー
プロデューサー:ナイ・アン、クリスティナ・ラルサン
撮影:ツアン・チアン(『スプリング・フィーバー』)
美術:ポン・シャオイン(『スプリング・フィーバー』)、ドゥ・ルーシ
編集:シモン・ジャケ
音楽:ペイマン・ヤズダニアン(『天安門、恋人たち』『スプリング・フィーバー』『パリ、ただよう花』)
音響:フー・カン(『天安門、恋人たち』『スプリング・フィーバー』)
制作会社:ドリーム・オーサー・ピクチャーズ、レ・フィルム・デュ・ランドゥマン

配給・宣伝:アップリンク



Back to Top