【見逃した映画特集2014】『FRANK -フランク-』

上映終了

sub1_large
(C)2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為、パスポート使用不可。サービスデー適応外。
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
95分
リンク

見逃した映画特集2014
今年の名作。選りすぐりの39本。

気鋭若手監督の意欲作から世界的巨匠の名作まで国内外、メジャー・インディー問わず2014年話題になった作品の中から選りすぐりを一挙上映!
上映作品一覧はこちら
上映カレンダーPDFはこちらからDLできます








世界で最もハンサムな男、マイケル・ファスベンダーがまさかの被り物!?

とある理由からマスクを被ったまま生活するバンドのフロントマン、フランクを演じるのは、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞®助演男優賞にノミネート、『X-MEN』など大ヒット・シリーズにも出演し、名実ともにトップスターの座にいるマイケル・ファスベンダー。米映画サイトが発表した「世界で最もハンサムな顔100人」の第1位に見事輝きながら、本作ではそのセクシーな表情を被り物で封印し、型破りな天才ミュージシャンを熱演する。バンドを混乱に導く野心的な青年、ジョンに扮するのは『スター・ウォーズ』最新作に抜擢され、今後の活躍に期待がかかる注目の若手俳優、ドーナル・グリーソン。変わり者ぞろいのバンド・メンバーのひとりで、フランクをサポートするテルミン奏者、クララには、『クレイジー・ハート』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、『ダークナイト』などの大作にも出演するマギー・ギレンホールが扮している。

監督は『アダムとポール』、『ジョジーの修理工場』などの作品が高い評価を得ているアイルランド人、レニー・アブラハムソン。『ヤギと男と男と壁と』のジョン・ロンスン、同じく『ヤギと男と男と壁と』や『裏切りのサーカス』のピーター・ストローハンが脚本を手掛け、イギリスでカルト的な人気を誇ったキャラクター、フランク・サイドボトムや実在のアウトサイダー・ミュージシャン、ダニエル・ジョンストンなどをもとに、音楽を通じて誰かとのつながりを求める人々の物語を作り上げた。それは可笑しくて、ほろ苦く、感動的な物語でもある。


音楽を通じて誰かとのつながりを求める人々の、可笑しくてほろ苦い物語。

巨大な張りぼてのマスクを被り、人前では絶対に素顔を見せない、正体不明のカリスマ・ミュージシャン、フランク。彼が率いるアヴァンギャルドでイカれたインディー・バンド「ソロンフォルブス」に加入した、ロックスターに憧れる田舎青年ジョンは、とんでもなくエキセントリックで、でも驚くほどクリエイティヴなフランクの才能に心酔していく。「あのマスクの中にいったいどんな秘密が?」。やがてインターネットにアップした動画がセンセーションを巻き起こし、アメリカで開催される音楽祭からオファーを受ける彼ら。だが、バンドを意のままに操り、みんなに認めさせたいジョンと、大勢の前で演奏することを拒むクララたちメンバーの亀裂は深まり、遂に情緒不安定になったフランクは暴走して―。風変りなバンドをめぐる痛快なコメディは、やがて彼らの心の内側に迫り、気付けば居場所をなくした人々の再生劇として観る人の胸を静かに打つ。



【STORY】
青年・ジョンが、ひょんなことから加入したバンドのリーダー“フランク”は、奇妙な被り物を四六時中つけた謎めいた男。バンドメンバーからの信頼も厚く、時に明るく、時に暗い。その破天荒な“フランク”の不思議な魅力にジョンも次第に惹かれていく。だが、徐々にバンドが注目を集めてきたころ、突如様子がおかしくなるフランク。バンドは解散の危機に追い込まれる!なぜ、彼は被り物をしているのか、ジョンはフランクの過去を探り始めるのだが・・・。




『FRANK -フランク-』(2014年/イギリス・アイルランド合作/英語/95分/カラー/スコープサイズ/原題:FRANK)
監督:レニー・アブラハムソン
出演:マイケル・ファスベンダー、ドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホール、スクート・マクネイリー、カーラ・アザール、フランソワ・シビル



Back to Top